はじめの一歩

【はじめの一歩1396話ネタバレ】リカルドに怒涛のラッシュを仕掛けるウォーリー

【はじめの一歩ネタバレ最新話1396話】ウォーリーが近づいて一撃を繰り出す
Pocket
LINEで送る

2022年9月28日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「はじめの一歩」本誌最新話1396話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

はじめの一歩1395話では、掠った程度とはいえ、ウォーリーに一撃を貰ってしまったリカルド。

リカルドはウォーリーが何処に行ったか分からなくなってしまいましたが、審判の背後からウォーリーが攻撃してきたのです。

しかし、届かなかったのでウォーリーは挑発を仕掛けていくが、リカルドはあくまで様子見に徹します。

対するウォーリーは両腕を後ろに持っていて、ノーガード状態で近づいてきたのです。

はじめの一歩1396話以降どうなっていくのか考察、ネタバレしていきます。

今回は「【はじめの一歩1396話ネタバレ】ウォーリーが近づいて一撃を繰り出す」と題してお届けします。

>>はじめの一歩最新話ネタバレはこちら<<

 

はじめの一歩1396話ネタバレ考察

今後のはじめの一歩はどうなっていくのでしょうか。

次回以降のはじめの一歩で考えられる展開を紹介していきます。

はじめの一歩1395話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

はじめの一歩1396話ネタバレ考察|ウォーリーが近づいて一撃を繰り出す

ウォーリーはリカルドに一撃を浴びせようとしているんじゃないでしょうか。

一見挑発しているように見えますが、ある意味狡猾な作戦です。

対戦相手に対してノーガード状態で近づくと言うのは基本しないですし、相手も困惑すると思います。

そこがウォーリーの狙いなのだと思いますね。

彼の身体能力ならすぐに腕を前にして殴るなんて造作もないので、相手が困惑している隙を逃さずに攻撃するんじゃないでしょうか。

 

はじめの一歩1396話ネタバレ考察|ウォーリーがカウンターを繰り出す

ウォーリーはノーガード状態で近づいていますが、それはカウンターを待っているのでしょう。

幾らリカルドでもノーガードの状態なら殴ってくれるだろうと踏んでいると思います。

そして殴って来たと同時に回避してカウンターを叩き込むと思いますね。

怯んだところを間髪入れずに攻撃を繰り返していくでしょう。

そうする事でウォーリーのペースに持ち込んでいくのだと思います。

 

はじめの一歩1396話ネタバレ考察|一歩がハラハラする

1395話では一歩がリカルドの様子を見て、非常にハラハラしていました。

理由はウォーリーの不意打ちに対しても動じることなく、分析に徹するリカルドの姿を見たからです。

そしてウォーリーもノーガードの状態で近づいているので、これにもハラハラしていると思います。

現状、お互いにどう出るか分からないので、更にハラハラすると思います。

それ故に次回は終始ハラハラしぱなっしになるでしょう。

 

はじめの一歩1396話ネタバレ考察|一歩はウォーリーとの試合を思い出す

ウォーリーは変幻自在な動きを見せます。

それを前に一度見ていた一歩ですが、今回の動きを見ても改めて驚くんじゃないでしょうか。

その動きを見て、過去に試合をした時の事を思い出すんじゃないかなと思います。

あの時の試合は一歩はウォーリーの動きにかなり苦労していましたからね。

あの時は相当驚いたし、苦労したなと思うんじゃないでしょうか。

 

はじめの一歩1396話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下がはじめの一歩1395話にまつわる感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

はじめの一歩1396話ネタバレ

はじめの一歩1396話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

はじめの一歩1396話ネタバレ|変幻自在な一撃

じっくり身構えるリカルドに対し、ウォーリーはノーガードの状態で接近し、何時でも来てもいいと言わんばかりに挑発します。

一歩がハラハラしてみていると、ウォーリーは右拳の上段の一撃を繰り出したのです。

しかし、これは罠で本当の一撃は左拳のアッパーでした。

リカルドはこれを読んでいましたが、ウォーリーは左腕の軌道を変えて横から殴りつけるも、リカルドは防ぎ切りました。

そしてすぐさま距離を取ったウォーリー。

観客は驚きを隠せないでいて、ヴォルグは今のウォーリーは自分の飛燕を参考にした一撃と読んでいました。

 

はじめの一歩1396話ネタバレ|怒涛のラッシュ

ここからウォーリーは怒涛のラッシュ攻撃を繰り出し始めます。

そして再び審判の背後に入るとすぐさま切り返して接近し、ラッシュ攻撃を繰り出すウォーリー。

対するリカルドはガードし続けたのです。

縦横無尽に移動しまくって攻撃をしていくウォーリーを見て、一歩は唖然としていました。

その間にコングが鳴ったので、一歩は団吉に言われて急いで椅子を用意したのです。

板垣や小川達はテレビを通じて試合を見ていたが、小川達は一歩の事しか興味が無く、試合には余り興味なさげでした。

 

はじめの一歩1396話ネタバレ|ラウンド2

ラウンド2が開始されようとしていたが、一歩はリカルドに何かしらの動きがあるかもしれないと感じていました。

ウォーリーとリカルドはリングの中央に向かう中、リカルドはウォーリーみたいな相手と戦った経験がないため、どうするか考え始めます。

そんな中、ラウンド2が開始されたのです。

 

はじめの一歩1396話ネタバレまとめ

最新話速報としてはじめの一歩1396話のネタバレを紹介してきました。

はじめの一歩1396話では、ウォーリーの凄さが観客全部に伝わったんじゃないでしょうか。

最初のうちはリカルドを舐めているとかブーイングを出していました。

しかし、試合になるとウォーリーは類まれな身体能力と常識にとらわれないような動きを見せ、リカルド相手に戦い始めます。

リカルドが様子見だったとはいえ、こうまで攻めまくっては観客達も彼の実力を認めざるを得なくなるんじゃないでしょうか。

今後のはじめの一歩の展開も気になりますね。

以上「【はじめの一歩1396話ネタバレ】リカルドに怒涛のラッシュを仕掛けるウォーリー」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る