はじめの一歩

【はじめの一歩ネタバレ最新話1380話】一歩という陽はまた昇る!

【はじめの一歩ネタバレ最新話1380話】数値化できないウォーリーの脅威!

2022年5月11日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「はじめの一歩」本誌最新話1380話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

はじめの一歩1379話では、ミゲルと団吉の会話から描かれていました。

ミゲルは、ウォーリーのことを「太陽」と表現し、リカルド・マルチネスと試合をすることで、より輝きを増すと確信しています。

ウォーリーもボクシングを教えてくれたミゲルに恩返しをするため世界王者になるのだと力強くヴォルグに語ります。

強い師弟を感じますね!

一方、場面は変わり釣りのシーンで、久美に宮田の存在を問われた一歩は、目標だと答えます。

未だに宮田を意識していているのが感じ取れます。

はじめの一歩1380話以降どうなっていくのか考察、ネタバレしていきます。

今回は「【はじめの一歩ネタバレ最新話1380話確定速報】陽はまた昇る!」と題してお届けします。

 

これからのはじめの一歩の展開も気になるところですが、これまでの戦いも見直したくなりますよね?

https://twitter.com/hajimenoippo100/status/1504327933376462848

違法サイトで読むのも一つの手ですが、Manga Rawのように違法サイトは次々閉鎖されたり更新されなくなります。

困っている人も多いと聞きます。

やはりManga Rawや漫画村のような違法ダウンロードサイトをいつまでも使うわけにはいきません。

利用しただけで逮捕されたり、個人情報が抜かれたり、スマホのウィルス感染など様々なリスクがあるからです。

それを考えると正規の電子書籍配信サイトでお得に安全に読んだ方がいいですよね。

そこで色々探してみたところ、安心安全にはじめの一歩の漫画全巻をお得に読めるサイトを発見。

それはAmebaマンガというサイトです!

アメブロでもお馴染みのサイバーエージェントが運営するサイト、聞いたことがある会社のサイトというのは安心ですよね。

このAmebaマンガでは、現在新規登録キャンペーンが実施中なんです!

なんと登録すればどの漫画でも100冊40%OFFのクーポンがもらえるキャンペーンなんです。

今はじめの一歩の既刊134巻まで全巻そろえようと思うと、60,300円もします。

でもAmebaマンガでこのキャンペーンを利用すると、42,300円で購入でき、18,000円もお得に読めてしまうんです。

40%OFFになるのは100冊までですが、全巻新品の状態で万単位もお得になるのはすごいことですよね。

この40%OFFクーポンがゲットできるキャンペーンがいつ終わるのかは未定です。

今だけの可能性もあるので、早めの登録をおすすめします!

\新規登録キャンペーン実施中/

 

はじめの一歩ネタバレ最新話1380話考察

今後のはじめの一歩はどうなっていくのでしょうか。

次回以降のはじめの一歩で考えられる展開を紹介していきます。

はじめの一歩1379話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

はじめの一歩ネタバレ最新話1380話考察|ミゲルの自信

ミゲルは団吉のリカルド・マルチネス戦への問いに、若く未来のある若者と老い先短い自身の胸の高鳴りを数値化することは、ナンセンスだと一蹴します。

その反応に理解は示しつつもどこか疑心暗鬼な表情を浮かべる団吉。

ミゲルの回答は自信の表れからくるものなのか、それとも過度な期待からくるものなのか…

過去、ブライアン・ホークを育てたミゲルのことですから驚くようなプランがあるはずです!

より一層、リカルド・マルチネス戦が楽しみになりました。

 

はじめの一歩ネタバレ最新話1380話考察|測定不能な関係性

ウォーリーは将来、動物学者になりたいと驚きの夢をヴォルグに話します。

その夢を持つことが出来たのは、外の世界に連れ出してくれたミゲルがいたからだと語り、恩返しをするために世界王者になりたいんだと強く語ります。

選手とトレーナーの間には形容しがたい関係があります。

たくさん時間を割き一緒に練習を積み重ねても、他のスポーツと違い、いざ試合に望む時は、選手は一人でリングの上で戦います。

その分、リングの下では、トレーナーが選手の練習面からメンタル面まで幅広く寄り添える存在でなくてはいけません。

ウォーリーとミゲルの間には、世界で一番強い絆があるのかもしれません…

数値に表すことができないこの関係が大きな力を生み、リカルド・マルチネス戦のキーになるのではないでしょうか。

 

はじめの一歩ネタバレ最新話1380話考察|練習再開!

はじめの一歩1378話では激怒していたヴォルグですが、ウォーリーのボクシングに対する思いを聞いて、確実に感情が変わっています。

勝算などまるでなく、ウォーリーが無様に散る最悪な夜が待っている、誰もがそう予想するなかで、ミゲルとボクシングに対する思いを知ったヴォルグは、ウォーリーが勝つ可能性は0ではないと考えています。

ミゲルに恩返ししたいという思いと、はっきりと世界王者になりたいと口にした言葉を聞いて、ウォーリーに協力しようという思いは強まったはずです。

快く練習再開を承諾するヴォルグの姿から、このニューヨーク合宿は、お互いに大きな意味を持つものになると思います!

 

はじめの一歩ネタバレ最新話1380話考察|迷う一歩の心…

釣りのシーンで、宮田の存在について、久美に問われた一歩は「目標」だとはっきりと答えます。

そのあとすぐに「です」ではなく「でした」と訂正を入れる一歩ですが、宮田への思いがまだ残っていることが大いに想像できます。

思えば、鴨川ジムのスパーリングで初めての手合わせに始まり、その後は絡みそうで絡まない螺旋のような関係性が続いていました。

自分と同じ世代の選手が世界で活躍するなか、未だにアジアのベルトを防衛し続けている宮田。

そこには、一歩への無言の想いがあるようです。

その想いを受け取ってか、一歩の心の中にも未だに宮田がいます。

一歩復帰のキーパーソンはやはり、宮田になるのではないでしょうか!?

 

はじめの一歩ネタバレ最新話1380話考察|ヴォルグのボクシングスタイル

ヴォルグはアマチュア戦績200戦以上もこなしています。

遠い距離は、鋭いジャブと団吉仕込みの飛燕で完封し、近い距離になると伝家の宝刀、白い牙で相手を容赦なくマットに沈めます。

ジャブが得意で、倒すことができるパンチを持っているという意味で、ヴォルグのボクシングスタイルは、リカルド・マルチネスと通ずるものがあります。

2人の共通点は、遠近どちらの距離も得意とする万能型タイプのボクサーということ。

ウォーリーは、ヴォルグとスパーリングをしてみて感じるものがあり、反則技に逃げてしまったところもあるのかもしれません…。

 

はじめの一歩ネタバレ最新話1380話考察|ウォーリーの進化

ミゲルの自由な指導方針から生まれた予測不能のトリッキーな技を繰り出すウォーリー。

そのボクシングスタイルは、どの型にも分類することができないタイプです。

ただはじめの一歩1378話の最後で、ヴォルグがウォーリーに語りかけている描写があったことから、ウォーリーはこのニューヨーク合宿で、自分のボクシングスタイルを大きく変えるような成長を遂げるのではないでしょうか。

ウォーリーが行き着く先のボクシングスタイルは、野性味むき出しのものなのか、はたまた野性味+近代ボクシングの技術を融合したオリジナルなものなのか…。

ウォーリーの進化に期待です!

 

はじめの一歩ネタバレ最新話1380話考察|一歩の復帰…

一歩は、ヴォルグとウォーリーの両者にKOで勝っています。

一歩ファンとしては、一歩に負けた選手達が世界の第一線で活躍していることに少し歯がゆさを感じます。

一歩の方が強かったのに!!と…。

しかし、はじめの一歩1360話で、トレーナーがリカルド・マルチネスにウォーリーの戦績を伝える描写がありました。

ウォーリーの1敗が一歩に負けたものだと知ったリカルド・マルチネスは「またしても、ココでも彼の名を聞くコトになるのか」と引退してもなお、強い存在感を示す一歩を思い出しています。

ウォーリーとリカルド・マルチネスの試合を観た一歩がどう感じ、どのような行動を起こすのか。

一歩の動向にも注目ですね!

 

はじめの一歩ネタバレ最新話1380話考察|感想や予想ツイート

以下がはじめの一歩1380話にまつわる感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

はじめの一歩ネタバレ最新話1380話確定速報

はじめの一歩最新話1380話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

はじめの一歩ネタバレ最新話1380話確定速報|次なる目標

はじめの一歩1380話では、一歩と久美の会話の続きから描かれていました。

一歩が宮田は「目標でした」と話したことに、あなたは一歩にとって過去なのよと心の中で喜ぶ久美。

そして一歩は、自分の新たな目標は、泰平と欽太郎をプロボクサーにして、プロで勝たせてあげることだと久美に話します。

そのためには、トレーナーとしての勉強が必要で、リカルド・マルチネスとウォーリーの試合を観戦にメキシコに行った際もたくさん吸収しないといけないという心構えを口にします。

屈託のない笑顔で、新たな目標を話す一歩を久美は「太陽」のようだと感じていました。

 

はじめの一歩ネタバレ最新話1380話確定速報|久美の変化

釣りを終えた帰りの道中、久美は先日、世界前哨戦を行い無事勝利した兄真柴了の試合について語り始めました。

久美は今まで、兄の試合を観るのは怖くて不安があり、勝ち負けは二の次で無事にリングを降りて帰ってきてくれることを願っていました。

しかし、先日の試合は素直に頑張れと心の底から応援ができたと。

その心境の変化は、一歩が久美の横で試合の解説をしながら励ましてくれたことが要因で、兄を誇りに思えるようになったと語りました。

ありがとうと笑顔で一歩に伝える久美の表情がとても印象的でした!

 

はじめの一歩ネタバレ最新話1380話確定速報|ライバルの活躍

一歩と話す時間は、心を温かい気持ちにさせてくれると感じている久美。

しかし、ウォーリーや兄真柴や千堂など過去のライバル達が世界に旅立ち、活躍する姿を見届けるのは、どんな気持ちだろうと考えを巡らせます。

自分だけ置き去りにされたような沈んだ気持ちにならないといいと思う一方で、久美自身が一歩のことを「太陽」と感じたように、沈んでも沈んでもまた陽は昇るのではないかと感じていました。

沈んでもまた昇るというのは、一度気持ちが沈んでもまた明るく持ち直せるという意味もあると思いますが、この描写は、一歩復帰を再び想記させるものだと思います。

一度引退という道を選んで、日の目を浴びなくなっても「太陽」という存在ならまた何度でも昇って復帰するのではないか。

久美がそう感じているようにも感じ取れました。

 

はじめの一歩ネタバレ最新話1380話確定速報|謎の音…

場面は鴨川ジムの前で、青木・木村・板垣の3人の会話に変わります。

一歩もリカルド・マルチネスVSウォーリー戦を観戦しにメキシコに飛び立っていました。

勉強しに行くとメキシコに向かった一歩に対して、試合なんてしなくとも結果が分かるのに学びなのかあるのかと話す青木達。

はじめの一歩1379話で、ヴォルグが感じていたように多くの人は、この試合は、ウォーリーにとって絶望的な結果しかないと思っているようです。

青木も10-0でリカルド・マルチネスの勝ちを予想しています。

そんな会話をしながらジムに入ると「バチンッ」と不気味な音が響きます。

ミットを打つ音でもサンドバックを叩く音でもないこの「バチンッ」という音の正体はなんなのでしょうか…

 

はじめの一歩ネタバレ最新話1380話確定速報まとめ

はじめの一歩1379話では、ミゲルとウォーリーの絆が描かれていました。

互いが互いを思い合い、高め合っている関係性は、想像を超えた力を生むはずです!

誰もがウォーリー完全不利を予想するなか、可能性は0ではないとヴォルグも感じていました。

まだまだ続くウォーリーのニューヨーク合宿。

また一歩が未だに宮田を思っている描写も描かれていました。

引退してなお、一歩にとって宮田は「目標」なのです。

宮田が一歩の復帰を後押ししてくれることに期待です!

最新話速報としてはじめの一歩1380話のネタバレを紹介してきました。

はじめの一歩1380話では、鴨川ジム内で「バチンッ」という謎の音に振り向く青木たちのシーンまで描かれていました。

謎の音の正体は、ただ鷹村の悪ふざけか、はたまた以外な人物の登場か、次回が気になります…

また久美と一歩の会話では、再び一歩の復帰が想記されました。

過去のライバル達の活躍に対して、一歩はどのように感じているのでしょうか。

今後のはじめの一歩の展開も気になりますね。

以上「【はじめの一歩ネタバレ最新話1380話確定速報】陽はまた昇る!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/