僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ322話ネタバレ】過去を認めた爆豪がデクに歩み寄る!

【ヒロアカネタバレ最新話322話確定速報】飯田がデクの手を掴み確保!

2021年8月10日(火)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌322話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ前話321話では、遂にデクの動きが止まりました。

お茶子か爆豪がデクを止めるかと思われていましたが、最後にデクを止めたのはA組の委員長である飯田でした。

何度もデクに救われ、理想も目標も高く先を行っていたデクに、飯田は憧れを抱いていました。

いつか同じ仲間としてその場所に立ちたい、追いつきたいと願っていた飯田が、同じ場所に立とうとデクの手を取ったのです。

そしてヒーローの本質を諭されたデクは、ついにみんなの優しさに逃げることを辞めたのでした。

A組の仲間たちのもとに戻ってきたデクは、今後どのように動くのでしょうか。

また爆豪はデクに言わなきゃいけないことがあると言いましたが、多分小言とは思われますが何か重要な内容があるかもしれません。

果たして爆豪の口から何が告げられるのでしょうか?

ヒロアカ322話の内容がわかり次第こちらのページで紹介していきます。

今回は「【ヒロアカ322話ネタバレ】飯田が掴んだ手!ついにデク確保!」と題しお届けします。

>>ヒロアカの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ヒロアカ322話ネタバレ考察

今後のヒロアカはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ヒロアカ最新話321話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ヒロアカ322話ネタバレ考察|内通者はデクが雄英に戻るように働きかけている?

ヒロアカ連載当初から敵連合との内通者の問題がまだ残っています。

内通者はA組の生徒の中にいるのではないかと言われていますが、まだ正体は明らかになっていません。

そしてデク捜索のA組の生徒の中に内通者が紛れ込んだことに他の生徒たちは気がついていません。

内通者はA組の中にデクが戻ってくることを望んでいるのでしょう。

デクの居場所が常に明らかになり、かつデクが隙を見せた瞬間にオールフォーワンのもとに連れて行けるからです。

デクの危機感知が反応していないのは、今はまだデクを傷つけるつもりはないからでしょう。

デクが雄英に戻った時、内通者はどのように動くのでしょうか。

 

ヒロアカ322話ネタバレ考察|デクの存在が遂に世間にバレる?

世間はヒーローへの非難で溢れていますが、それよりも一番恐れられているのがオールフォーワンです。

そのオールフォーワンと関係があるとされているワンフォーオールの存在が、徐々に世間にもバレ始めていますね。

オールフォーワンをその身に宿すデクは、その存在を隠しながらプロヒーローと行動を共有していました。

しかしデクの自己犠牲精神で、その共有は途絶えてしまいます。

そのせいで噂程度ですが、黒いヒーローがいるという話が世間で出ています。

ヒロアカ318話では多くの市民を操って盾に使う敵が出てきました。

無事に市民は解放されましたが、このことでデクが黒いヒーローであること、そしてワンフォーオールであるとバレるのではないのでしょうか。

そうなれば世間はさらなる混沌に陥り、オールフォーワンの思う壺になりそうですね。

 

ヒロアカ322話ネタバレ考察|ヒロアカを読んだ感想や予想ツイート

ヒロアカ321話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ヒロアカ322話ネタバレ

ヒロアカ322話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ヒロアカ322話ネタバレ|“あの時”を見ていた切島

飯田に手を掴まれたデクは、掴まれた手を振り解かなければならないと思いますが体に力が入りませんでした。

そんなデクを掴んだと判断したお茶子が、飯田にかけていた個性を解除しようとします。

解除されたことにより落下していく飯田とデクですが、飯田は無事に着地できるかを確認します。

その下で二人を待ち構えていたのは切島と青山、そして葉隠でした。

凄まじい勢いで落ちてきた二人を、なんとか切島が倒れることなく受け止めます。

衝撃に耐え切った切島は、抱えたままのデクに語りかけるのでした。

それはかつてデクがまだ無個性のころ、爆豪を助けようと無謀にも飛び出していった時のことでした。

その時のことを見ていた切島は打ちのめされたと言い、そしてそれが今の自分たちの答えなのだと言いました。

 

ヒロアカ322話ネタバレ|過去を明かし歩み寄る爆豪

「よくあんな所にいたな」と飯田が言う中で、三人のもとにA組の仲間たちが駆け寄ってきました。

みんな息を切らしながら駆け寄り、芦戸がデクに戻ってくるように再度言いますが、デクは生気を失った状態で無言で立ち上がります。

デクも戻りたいとは思っているようですが、しかし周りに自分がいることでオールフォーワンの被害が及び、迷惑がかかることを恐れていたのでした。

その時、デクの背後に立っていた爆豪が死柄木に刺された時のことを覚えているかと問いかけます。

覚えていないというデクに対し爆豪は「一人で勝とうとしてんじゃねェ」という言葉には続きがあり、体が勝手に動いて刺された時からずっと言いたかった言葉がありました。

それは幼少期からデクを見下していた時のことでした。

無個性でずっと後ろにいるはずのデクが爆豪にはずっと遠くを歩いているように見えていて認められず、虐めて否定して優位に立とうと思っていたのでした。

 

ヒロアカ322話ネタバレ|和解する幼馴染

しかし爆轟は雄英高校に入ってからずっとデクの強さと弱さを理解していく日々だったのです。

そして過去と向き合って答えを得た爆豪は、本心からデクに対しての謝罪を口にしたのでした。

爆豪の謝罪に眼の光が戻ってきたデクに対し、デクの歩みはオールマイトそのもので何も間違ってはいないのだと肯定します。

しかしフラフラな今の状態のデクに、『理想を超えるために』自分たちを頼って自分も雄英のみんなも街の人たちも助けて勝つんだと言いました。

デクは心の中でA組の仲間たちの方がずっと先にいるのだと、いつの間にか追いつかれていたと感じます。

「ついてこれない」と言ってしまったこと謝罪しながら倒れかけるデクに、爆豪はわかっていると言いながら優しく抱きとめました。

二人を見ていた八百万とお茶子は、しかし第一関門は抜けたとしてもここからであると真っ直ぐに見据えていたのでした。

 

ヒロアカ322話ネタバレ|ヒーローを守るヒーローは…

気絶していたデクは目を覚ますと、A組の仲間たちとともに13号が現在の状況を話し始めます。

ほとんどの民間人が雄英高校に避難し、ごく一部の脱ヒーロー派の自警団とダツゴクが街にいるだけで、様々なことに対して人員を避ける余裕が出てきたそうです。

そしてデクが今まで肩代わりしていた人助けに、ヒーローや警察が動けるようになりました。

話を聞きながらデクは雄英高校に帰ってきたことを悟り、A組の仲間たちも新たな雄英の防御システムについて話始めようとしました。

しかしそこで避難していた人々がデクを『死柄木に狙われていた少年』と認識し、敷地内に入れないようにと罵声を浴びせます。

中には擁護する声も聞こえますが、怒号が飛び交う人々を見てデクは踵を返しかけたその瞬間、お茶子が手を握って引き留めます。

飯田や爆豪が紡いで掴んだデクのために、お茶子は「ヒーローがつらいとき誰がヒーローを守ってあげられるのだろう」と考えるのでした。

 

ヒロアカ322話ネタバレまとめ

最新話速報としてヒロアカ322話のネタバレを紹介してきました。

ヒロアカ322話では、爆豪が遂にデクに過去のことを謝罪しました。

ずっとデクに負けていた気がした爆豪は苛めることでしか自分の優位性を感じることができず、しかし雄英でそれまでの価値観を崩されてきました。

そしてデクの強さも弱さも目の当たりにしてきて、真のヒーローとは何かを理解したからこそ爆豪はあの時死柄木からデクを守ったのでしょう。

やはりデクは爆豪の言葉で雄英高校に戻ることを決めたようですね。

しかしデクのワンフォーオールがまだバレていないとはいえ、デクが死柄木に狙われていることが避難している一般人たちにバレてしまいました。

また一人にならないようにお茶子は手をつなぎとめていますが、デクを守る存在へとお茶子はなれるのでしょうか。

そしてデクを救う存在には誰がなるのでしょうか?

今後のヒロアカの展開も気になりますね。

以上「【ヒロアカネタバレ322話最新話確定速報】過去を認めた爆豪がデクに歩み寄る!」と題してお届けしました。

\ヒロアカアニメも無料でイッキ見!/