僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ344話ネタバレ】全員が主役の作戦でオールフォーワンの裏をかく!

【ヒロアカ344話ネタバレ】全員が主役の作戦でオールフォーワンの裏をかく!

2022年2月21日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌344話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ343話では、遂に戦いの火蓋が切って落とされましたね。

噓を見抜けると慢心していたオールフォーワンでしたが、青山家族の噓を見抜けずにまんまとデクと青山の演技に騙されて姿を現します。

そして厳密には違いますが、大まかなオールフォーワンの最終目標について青山の口から明らかになりました。

デクと青山を追い詰めたと思ったようですが、オールフォーワンの予想外だった黒霧の個性によってヒーローたちが応援に駆け付けました。

一体黒霧はどうやって意識を取り戻し、個性を再び使えるようになったのでしょうか?

そして未だに姿を現していない死柄木や敵連合の幹部たちはどこに潜んでいるのでしょうか?

ヒロアカ344話の内容がわかり次第こちらのページで紹介していきます。

今回は「【ヒロアカ344話ネタバレ】全員が主役の作戦でオールフォーワンの裏をかく!」と題しお届けします。

>>ヒロアカの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ヒロアカ344話ネタバレ考察

今後のヒロアカはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ヒロアカ最新話343話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ヒロアカ344話ネタバレ考察|黒霧を物間がコピーしていた!?

ヒロアカ343話では青山の手で遂に第二次決戦の火蓋が切って落とされました。

最初はデクと青山だけだった状況に、突如現れた黒霧によってヒーロー達が続々参戦してきました。

やはり多くのファンが予想していた通り、黒霧によってオールフォーワンを欺き、ヒーロー達が登場しましたね。

黒霧は拘束されていた時点で活動停止状態で、とても個性を使える状況ではありませんでした。

そんな状況を打破したのが、物間の『コピー』の個性です。

蓄積型の個性でなければ、物間は触れた相手の能力を5分間使用可能という個性です。

相澤が黒霧のところに複数人を連れて行った中に、物間がいたことで可能になったと思われますね。

 

ヒロアカ344話ネタバレ考察|オールフォーワンが口にした黎明期のとある男とは?

オールフォーワンは超常黎明期ごろからその存在が確認されており、特にその時代が最も力を奮っていたと言ってもいいでしょう。

そんなオールフォーワンは青山の母親と電話で話している際に、黎明期に出会ったとある男を思い出していました。

男の名も顔も、その個性の名前もはっきりと思い出せないと口にします。

しかしその男の子孫が、オールマイトと共にオールフォーワンと戦い、オールフォーワンとオールマイトが相打ちになったようです。

このオールフォーワンが想いを馳せた男とは何者なのでしょうか?

おそらく当時のオールマイトのサイキッカーであったサー・ナイトアイ以外はその戦いに参戦していないと思われます。

黎明期時代のとある男とはサー・ナイトアイの先祖であり、劣化版の予知能力の個性を持っていたのではないでしょうか?

もしかするとオールフォーワンはその予知能力を多少持っているのかもしれませんね。

 

ヒロアカ344話ネタバレ考察|デク、爆豪、轟、青山が作戦の要となる!?

遂にヒーロー側、敵連合ともに決戦の準備が整ってきました。

特にヒーロー側は元内通者の青山がまだバレていないという設定でオールフォーワンや死柄木を誘き出しそうです。

そんなヒーロー側の作戦ですが、青山とデクは勿論、爆豪と轟が作戦の要となるのではないでしょうか?

ヒロアカ342話では元敵連合の幹部であり、脳無にされた相澤の元同級生の黒霧の元に、相澤とともに上記の四人が訪れていました。

作戦に黒霧を使うのでなければ、その要となる人物しか現在厳重に収容されている黒霧の元に連れて行かないと思われます。

さらに轟は荼毘の実の弟であり、エンデヴァーの弱点にもなりうる存在なので、荼毘の注意を向けることができるでしょう。

敵戦力の分散に、この四人の動きが重要になってくるのは間違いなさそうですね。

 

ヒロアカ344話ネタバレ考察|心操が作戦の要となる!?

敵連合との最終決戦にむけて、プロヒーローたちに混じってヒーロー科の生徒たちが動く中、作戦本部も動き始めていました。

会議に参加したオールマイトは、死柄木やオールフォーワン、荼毘などの敵をそれぞれ引き離さなければならないと言いました。

しかし主戦力の死柄木やオールフォーワンを単独行動にしたとしても、他の敵が固まって行動してはヒーローも苦戦します。

なんとか散り散りにしたいところですが、ヒーロー達は解決策が思い浮かばない様子です。

ここで、ヒーロー科に編入予定の心操が活躍するのではないでしょうか。

心操の個性は『洗脳』です。

彼特注のボイスチェンジャーを使って敵を惑わし、洗脳した敵を操って同士討ちや誘き寄せることができます。

敵を拡散させて各自撃破することができるので、心操の個性が活躍するでしょう。

 

ヒロアカ344話ネタバレ考察|ミルコは最終決戦に参加する?

プロヒーローの中でもトップ5に入るのがウサギの個性を持つミルコです。

その強さは折り紙付きで、超常解放戦線では博士の地下工房に蔓延っていたハイエンド達を何体も相手取っていました。

しかしその際に大怪我を負い、片腕が千切れてしまいました。

そんな彼女は最終決戦に参加するのでしょうか?

負傷した彼女は、なくなった片腕を義手に変えたようです。

ミルコの最大の武器は兎特有の強力なキックなので、それを繰り広げられる足が無事ならばまだまだ戦えるでしょう。

ミルコはエンデヴァー達に並ぶ最高戦力に数えられるはずです。

 

ヒロアカ344話ネタバレ考察|イレイザーヘッドは最終決戦に参加できる?

超常解放戦線で死柄木との交戦中、イレイザーヘッドは個性消失弾撃たれてしまいました。

『抹消』という他人の個性を一時的に封じ込める、稀有な個性をイレイザーヘッドは持っています。

そんな個性を消されればヒーロー側に大きな損失になると考え、自分自身で弾を撃ち込まれた足を切り落としました。

片足を失くしたイレイザーヘッドは、ヒーローとしての復帰が絶望的と思われましたが、義足をつけたようです。

まだ超常解放戦線からあまり月日は立っておらず、イレイザーヘッドは入院中の扱いです。

果たして彼は生徒たちとともに最終決戦に挑むのでしょうか。

義足は慣れるのに相当な時間がかかるので、普段の生活を送るリハビリだけでも大変なので、戦うための動きは出来ないと思われます。

しかしプロヒーローとしての矜持で、イレイザーヘッドはなんとしても戦いに参加すると思われます。

 

ヒロアカ344話ネタバレ考察|ヒロアカを読んだ感想や予想ツイート

ヒロアカ343話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ヒロアカ344話ネタバレ

ヒロアカ344話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ヒロアカ344話ネタバレ|オールフォーワンの油断を誘う

話はデク達が雄英高校を出る前に戻ります。

塚内刑事と雄英寮に訪れ、作戦について話し始めたオールマイトは、オールフォーワンを見つけ出すのは不可能だと言いました。

自分達の敵連合捜索は無駄だったのかと嘆く峰田に、塚内はむしろこれが相澤先生ことイレイザーヘッドの作戦だと言います。

オールフォーワンを狡猾な臆病者と称するオールマイトは、「全て計画通りに進んでいる」と思わせ、任意の場所に誘い出そうとしていました。

その成功率を上げる為であると理解したデクやA組の生徒達は、さらに塚内から青山がオールフォーワンと戦う決意をしたと聞いて喜びます。

しかし八百万は「嘘をつけば殺される」と言っていた青山家族が危険になると示唆します。

ですが塚内たちは、青山の両親から常にオールフォーワンからの指示は電話のみで、音声による嘘の判別を行なっていると可能性が高いと推測。

音声による嘘の判別をクリアすれば確実に誘き出せると言ったオールマイトは、部屋の外にいた心操を呼んだのでした。

 

ヒロアカ344話ネタバレ|A組正式編入の心操が騙す!

相澤先生が睨んだ通り、活きると言われた心操の登場にA組の生徒達は盛り上がり、続けて心操は4月から正式にA組に編入すると言いました。

進級が留め置きになったことを嘆きつつ、今回の作戦で青山の両親を操ってオールフォーワンと会話をさせるのだと説明しました。

そこには本人の意思も何もないので嘘はバレないと力説します。

そしてプロヒーローの仮免許を持っていない心操の為に、校長はヒーロー委員会の目良委員長代理に許可は取ってあると言いました。

しかしそこで常闇が、オールフォーワンを誘き出したとして一網打尽にできるのかと疑問を口にします。

個性『サーチ』が生きている状態で、数が減ったとしてもその場に大量のヒーローが待ち伏せ出来るのか、と続けました。

そんな彼の疑問に、オールマイトは「その場にいなければいい」と返したのでした。

 

ヒロアカ344話ネタバレ|脇役だった物間も欠けてはならない主役に

場面は変わって、黒霧を拘束する部屋の前には相澤とブラドキング、そして「いけるか?」と声をかけられる物間の姿がありました。

数日で個性を使いこなせ、と冗談を言われているととった物間に、相澤は謝って否定します。

今の黒霧は「黒霧」か「白雲」なのかも分からない状態だと、相澤は明かしました。

さらに自身は片目欠損で個性もうまく使えなくなり、決戦ではほぼ使い物にならないと自嘲します。

ですが物間は蛇腔では相澤がいなければ全滅だった話を聞き、そして自身の個性は『脇役』の個性だと思っていると明かします。

するとブラドキングは今回の作戦は誰一人欠けても成立しないものだと言います。

物間の肩を抱いて、「お前が主役だ」と告げたのでした。

 

ヒロアカ344話ネタバレ|目的は分断!

場面は現在に戻り、黒霧をコピーした物間は次々とヒーロー達を転移させ、警察署で戦局を見ているオールマイトが指示を飛ばします。

ここまでは予想通りであり、オールフォーワンはここでワンフォーオールを奪い、ここで全てを終わらせ始めると予想しました。

続々現れるヒーロー達を目の当たりにした死柄木は、先制攻撃をしようと地面に手を触れかけます。

が、それよりも早く荼毘が飛び出し、炎を纏いながらエンデヴァーに向かいますが、氷の壁と共に轟が立ち塞がります。

その瞬間、オールマイトの号令と共に敵が全て地面から現れた『誘導牢(トロイア)』に囚われてしまいました。

オールフォーワンはすぐに出られると思いかけますが、それこそオールマイトの策だと判断。

そこに次の一手を打つ前にとオールマイト達が指示を飛ばします。

かつてオールフォーワンと対峙した自分達は仕留められなかったものの生きて再びここに立ち、今度こそ終わらせるのだと塚内と鼓舞し合います。

そして物間の号令とともに、閉じ込めた敵を撃破せんとヒーロー達がトロイアに飛び込むのでした。

 

ヒロアカ344話ネタバレまとめ

前話のヒロアカ343話では、嘘を見抜けると思っていたオールフォーワンが青山一家に欺かれます。

さらに元敵連合の幹部であった黒霧がヒーロー側の通行手段として使われたことに、かなり驚いているでしょう。

なんでも自分の思い通りにならなければ気のすまないオールフォーワンにとって、これほど面白くない展開はないですよね。

最新話速報としてヒロアカ334話のネタバレを紹介してきました。

ヒロアカ344話では、やはり物間と心操の協力でオールフォーワンを誘き寄せられたのだと分かりました。

なんと二年生からはデク達と同じA組に編入するはずだったということも判明しましたね。

心操の個性によって青山の両親を喋らせ、オールフォーワンに嘘だと思われず誘き出したようです。

そして物間の、脇役だと自身で決めつけていたその個性が要となり、黒霧をコピーして奇襲が可能になりました。

まんまと罠に掛かったオールフォーワンでしたが、オールマイトと塚内が一気に畳みかけるように指示します。

敵連合は判断をつく暇もなく、地面から出てきた堅牢な『誘導牢(トロイア)』へと閉じ込められてしまいました。

このまま敵を各撃破していくのでしょうか?

オールフォーワンはなんの反撃もないままに討たれてしまうことはないと思います。

どんな反撃を行ってくるのでしょうか。

今後のヒロアカの展開も気になりますね。

ヒロアカ344話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

以上「【ヒロアカ344話ネタバレ】全員が主役の作戦でオールフォーワンの裏をかく!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/