僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ341話ネタバレ】甦るトゥワイスとスピナーが暴徒の先導者に!

【ヒロアカ341話ネタバレ】甦るトゥワイスとスピナーが暴徒の先導者に!

2022年1月24日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌341話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ340話では、達成困難な作戦にみんな頭を悩ましていました。

オールフォーワンと死柄木を何とか引きはがし、その他の敵も合流させないようにしつつ撃破するという作戦は確かに難関です。

しかしオールマイトはその作戦は青山が鍵を握っていると思っており、青山の説得を相澤先生がしてくれると信じていました。

そして相澤先生はその期待に沿い、青山を奮い立たせることに成功します。

相澤先生の叱咤激励に青山はオールフォーワンへの対立を決心できました。

このまま青山を使って、オールフォーワンたちを欺くことができるのでしょうか?

そして心操はこの状況にどうかかわっていくのでしょうか?

ヒロアカ341話の内容がわかり次第こちらのページで紹介していきます。

今回は「【ヒロアカ341話ネタバレ】ヒーロー科編入の心操が作戦を動かす!?」と題しお届けします。

>>ヒロアカの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ヒロアカ341話ネタバレ考察

今後のヒロアカはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ヒロアカ最新話340話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ヒロアカ341話ネタバレ考察|轟焦凍の新技とは?

敵連合との最終決戦がさしせまっているなか、A組の生徒たちはパワーアップを図っていました。

そんな中、轟焦凍も自分の個性のパワーアップに励んでいましたね。

轟はかつての兄である轟燈矢こと荼毘との再戦を願っています。

そしてそんな彼に勝つためには、父親から受け継いだ炎の個性の強化が必要だと考えています。

荼毘に負けない火力を出すために、氷の個性で調整をしていましたが、どんな技になるのでしょうか?

炎自体も攻撃力はありますが、より強力的なのが爆発だと思われます。

氷と炎を合わせた爆発のような新技を作り出すのかもしれませんね。

 

ヒロアカ341話ネタバレ考察|青山に二重スパイになってもらう?

オールフォーワンの内通者と判明した青山とその両親は、デクや葉隠にその正体がバレてしまいました。

そしてヒーロー側にその経緯も全て明らかになりました。

自分を敵だと言った青山ですが、デクは青山はまだヒーローになれると諭します。

A組に戻りたいと思っていた青山は、このままデクの手を取ってヒーロー側に戻ると思われます。

その際に、プロヒーローに二重スパイをするように指示されるのではないでしょうか?

青山がオールフォーワンから受けた指示は、『デクを一人で誘き出す』というものでした。

ヒーロー側はそれを逆手に取り、オールフォーワンや死柄木を誘き出すのではないのでしょうか?

 

ヒロアカ341話ネタバレ考察|青山がデクが雄英をさった後に市民に情報を流した?

現在は雄英内の避難民との溝は解消されているようですが、デクが雄英に戻ってきたときはデクが雄英に入るのを拒んでいました。

それは何処からかデクの力の一部がネットなどを通して市民に知られ、「デクといると危ない」という認識が生まれたからです。

ではこの情報は何処から漏れたのでしょうか?

超常解放戦線で、死柄木ことオールフォーワンの狙いがデクであったことはプロヒーローでもごく一部でした。

しかしデクの出奔時には、デク自身がA組の生徒達にだけ自身の力の真相などを手紙にして明かしました。

オールフォーワンが脱獄後、青山に命令してその情報をネット上に流したのではないでしょうか。

オールフォーワンは市民の意識煽動で、デクが雄英に戻れない様にした後で、ワンフォーオールを奪い取るつもりだったのかもしれませんね。

 

ヒロアカ341話ネタバレ考察|ヒロアカを読んだ感想や予想ツイート

ヒロアカ341話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ヒロアカ341話ネタバレ

ヒロアカ341話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ヒロアカ341話ネタバレ|かつての家に帰るトガヒミコ

誰もいない荒廃した町のとある一軒家、壁には『アクマ』や『産んだ責任』など誹謗中傷の落書きが無数に描かれていました。

そんな家に一人分の人影、昔聞いた両親の言葉を思い出しながらかつての生家に入るトガヒミコの姿がありました。

荒れ果てた家の中で、柱に『ヒミコ3才』の言葉とともに刻まれた線を見つけ、初めて小鳥の血を啜った時のことを思い出します。

両親から咎められ、叱られ、禁止され、友達からはその笑顔が怖いと指摘された声が脳裏に蘇りながら、階段を登ります。

二階の一室ドアを開けるとそこには何もありませんでしたが、トガの目には幼い頃の自分がベッドに寝ている姿が現れました。

「小鳥さんになりたい」と言いながらトガは自分の右手首を歯噛みし始め、自分がなりたかったモノや人を思い出します。

「夢の中で赤いスズメがアタシの啄んで真っ赤に染まって、とってもとってもカァイくなる」と口ずさむトガのその右手首からは、とうとう血が流れ出していました。

 

ヒロアカ341話ネタバレ|残っていたトゥワイスの血

家から出てきたトガを待っていたのは、近くのマンションのの窓に腰を掛けた、感傷に耽っていたトガをからかう荼毘でした。

この世界を壊す覚悟は決まったかと問いかける荼毘に、トガは元から決まっていると言い返し、満足そうにトガは右手に蒼い炎を灯します。

そしてその炎をトガの家に放った荼毘は、トガに笑えと言いながら燃える家を見て笑います。

そんな荼毘を優しいといったトガに、荼毘はトガがエンデヴァーを苦労させるために使えるからだと言い切りました。

窓から飛び降りた荼毘はトガを指さしながら、トガの個性『変身』によってその個性までコピーできる能力を、トゥワイスの血で使うと宣言します。

ギガントマキアと合流する前に採取しておいたトゥワイスの血を、荼毘は持っていたのでした。

死んでしまったトゥワイスの代わりに自分たちが愚かな行進を続けるのだと、不敵に笑うのでした。

 

ヒロアカ341話ネタバレ|誰もが誰かのヒーローに

ところ変わってオールフォーワン達が潜んでいる洞窟、そこでは死柄木の咆哮に似た声が響いていました。

そんな死柄木にスピナーが心配そうに声をかけますが、その時暗闇の中で何かが蠢いているのが目に入りました。

次に見た時は何もおらず、もう一度苦しそうに動く死柄木を見ていると、オールフォーワンがスピナーに安心するように声を掛けます。

個性終末論を超越しつつあると言われる死柄木を見て、スピナーは再度安全を確認していると、今度はスケプティックが声をかけてきました。

スケプティック含む解放軍残党たちは、異形の個性を持つスピナーは同じ異形の個性にとっては希望の星であると諭します。

スピナーは自分にそんな価値はないと言いますが、「暴徒たちは貴様を待っている」とリデストロの代わりの先導者となるように迫り、黒い箱を差し出します。

スピナーはもう自分ではこの流れを止めることができないと諦めて箱を受け取ってしまいます。

そんなスピナーを見て、「誰もが誰かのヒーローになれるんだ」とオールフォーワンが笑うのでした。

 

ヒロアカ341話ネタバレまとめ

最新話速報としてヒロアカ341話のネタバレを紹介してきました。

前話のヒロアカ340話では、内通者であった青山に向けて相澤先生が必死に語りかけていましたね。

恐怖に屈して犯した罪は消えなくても、恐怖と戦って罪と向き合うしかないのだと言います。

それでもこのままひっそりと死んでしまいたいと言う青山に、相澤は「お前が生徒である限り俺は除籍はしない」と言い切ります。

まだ生徒であると言い切ってくれた相澤先生の言葉に、青山は立ち上がる決意をしました。

そして敵連合を各自バラバラにした状態で撃破する計画がされていました。

ヒロアカ341話では、ヒーロー側と打って変わって敵側の様子が明らかになりました。

トガヒミコはかつての自分の家に戻り、過去の抑圧された自分の思い出に浸っていました。

そんな彼女を嘲笑いながら、荼毘はトガが利用価値があるといい、超常解放戦線で回収していたトゥワイスの血を差し出すのでした。

トガの進化した個性ごと相手をコピーする個性で、トゥワイスの物を増やす個性を蘇らせるつもりですね。

トゥワイスの個性はその危険性から、ホークスもやむおえなくトゥワイスのはいじょをおこなったのですが、ここにきてまたその危険が起こってしまう可能性が生まれました。

さらにスピナーはスケプティックによって、異形の個性を持つ暴徒たちに祀りあげられようとしています。

すでに手遅れと諦めてしまうスピナーですが、このまま暴徒を率いてスピナーが敵連合の一部を操るのでしょうか。

そして死柄木に起こっている変化は何なのでしょうか?

今後のヒロアカの展開も気になりますね。

以上「【ヒロアカ341話ネタバレ】甦るトゥワイス!?スピナーが暴徒の先導者に!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/