僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ338話ネタバレ】相澤先生の作戦にA組がひとつに!

【ヒロアカネタバレ最新話338話】デクが手を差し伸べた青山はヒーローになる?

2021年12月20日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌338話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ337話では、青山の罪の告白とデクによる救済がありました。

デクが同じ元無個性であると知った青山は、オールフォーワンに屈してしまい縋り付いている自分の惨めさに絶望したのだと口にしました。

自分たちがオールフォーワンの使い捨ての道具だとしても、周りと同じでなければならず、オールフォーワンの手を掴んでしまったことに両親ともに青山は負い目を感じていたようですね。

デクからは逃げれないと観念した青山家族は、大人しく雄英の教師や塚内にすべてを話し、A組の生徒たちもその事実を知りました。

青山は自分は敵なのだと言う中で、デクは青山は全てをオールフォーワンに従ったわけではなく、レディ・ナガンのような状態だったのだと悟ります。

まだ遅くないと、デクは心の中で助けを求める青山に改めて手を差し伸べたのでした。

手を差し伸べたデクの手を青山は取ると思われますが、今後青山はどのような処遇となるのでしょうか。

そして青山という道具がいなくなったオールフォーワンは、どのように動くのでしょうか?

ヒロアカ338話の内容がわかり次第こちらのページで紹介していきます。

今回は「【ヒロアカ338話ネタバレ】相澤先生の作戦にA組がひとつに!」と題しお届けします。

>>ヒロアカの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ヒロアカ338話ネタバレ考察

今後のヒロアカはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ヒロアカ最新話337話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ヒロアカ338話ネタバレ考察|青山は改心する?

真の内通者であると判明した青山は、さらにデクにも自らの口で敵と繋がっていたと告白しました。

しかしデクや葉隠に見つかる前の両親との会話で、青山はオールフォーワンからの指示を実行することに戸惑っていました。

さらに青山は神野での事件でオールフォーワンが捕まった際、これでオールフォーワンの呪縛が解ける、と思った様です。

本心では青山はA組の仲間が大好きで大切なのでしょう。

もしかしたらデクの交渉、ヒーロー陣営の対応によっては青山はヒーロー陣営に心を戻すかもしれませんね。

しかしあのオールフォーワンが、スパイが寝返って裏切る可能性を考慮していないとは思えません。

実際両親も安全な雄英にいるにも関わらず、「やらないと殺される」と口にしていました。

命令に従わなかったり、裏切った際に青山達を始末するように、オールフォーワンは事前に何か手を打っているかもしれませんね。

 

ヒロアカ338話ネタバレ考察|デクの装備が新しくなる?

ボロボロの状態でデクはようやく雄英高校に帰ることができました。

市民には拒絶されましたが、お茶子の説得によって「また戦えるように」とやっと雄英高校で休むことを受け入れてもらえそうです。

リカバリーガールもいるので、デクの負った小さな怪我や疲労はすぐに取れるでしょう。

しかし装備はボロボロの状態なので、どうにかして直さねばなりません。

ここでデクの装備が心機一転で新品に変えてもらえるのではないでしょうか。

雄英高校を飛び出したときに、ワンフォーオールの力を制御できる手袋などの装備をもらえたので、さらに改良を加えた装備がつきそうですね。

装備が新しくなったデクはより敵と戦いやすくなると思われます。

 

ヒロアカ338話ネタバレ考察|ヒロアカを読んだ感想や予想ツイート

ヒロアカ338話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ヒロアカ338話ネタバレ

ヒロアカ338話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ヒロアカ338話ネタバレ|青山がオールフォーワンへ導く!?

デクと青山が背中合わせの表紙から始まるヒロアカ338話は、塚内の言葉から始まります。

まず塚内は青山がレディ・ナガンと同じように爆発しないかどうか、病院へ行って検査しなければならないと言います。

さらに青山の家族に「なぜ神野の時にオールフォーワンに危険を伝えなかったのか」と尋ねます。

青山の両親はしどろもどろに、オールフォーワンとの繋がりは一方通行で、青山達からは連絡できないと言いました。

もし青山達が内通者とバレても、オールフォーワンに辿られないようにしてあったと考えを巡らせます。

そんな塚内を遮り、デクはオールフォーワンが見つからない今、自分たちは後手に回っていると口にしました。

上鳴がはっとするのを横目に、デクは青山と繋がっていると分かった今こそ、青山へ下された指示を使えばオールフォーワンにたどり着けるのではないかと言いました。

 

ヒロアカ338話ネタバレ|飯田が差し伸べた手

しかしプレゼントマイクは青山のことは信用できないと反対します。

涙を流しながらその言葉を聞く青山ですが、そこに飯田が割って入り、自分たちは青山を信じると言いました。

青山の心の内を掬い切れなかったのは自分たちの責任だと感じており、だからこそ今絶望に泣いている青山を友として手を取りたいと宣言します。

そして飯田は、青山のことを敵ではないのだと言い切りました。

涙を流す青山に手を取ってもらうように諭し、青山が手を取ってくれれば自分たちはまた対等な関係になれるのだとプレゼントマイクや塚内を説得します。

飯田に便乗するように爆豪は爆破五発で神野の件はチャラにすると言い、切島は青山はオールフォーワンに屈したが今は両親を止めた立場だと庇います。

その時、入院中のイレイザーヘッドこと相澤が現れました。

 

ヒロアカ338話ネタバレ|相澤の計画

プレゼントマイクを通して話をすべて聞いていた相澤は、青山が全面的に悪いのではなく、あくまでもオールフォーワンが悪いのだと言います。

そして相澤は青山に対し、「俺はまだお前を除籍するつもりはない」と言い、青山は涙を流し、A組の生徒たちもほっと胸を撫でおろします。

一瞬緩んだ空気になりますが、相澤は今回の青山が内通者だと判明したことを利用し、とある計画を青山一家に聞かせないように話し始めました。

話が終わった青山一家は、この一件を事件として公開するつもりはありませんでしたが、塚内たちに連れていかれました。

A組の生徒たちは各々の動きを見せながら、オールフォーワンとの戦いに向け士気を上げていました。

その前に準備をしなければならないと言い、デクもボロボロになったコスチュームをどうにかしなければならないと感じていました。

雄英高校の開発部に飯田とともに向かいます。

すると突如扉が爆発し、中から飛び出てきた初目がいつかのようにデクへと覆いかぶさってきたのでした。

 

ヒロアカ338話ネタバレまとめ

前話のヒロアカ337話では、オールフォーワンとの繋がりについての葛藤する青山。

そんな青山の想いを汲み取ったデクが、優しく手を伸ばしました。

最新話速報としてヒロアカ338話のネタバレを紹介してきました。

ヒロアカ338話では、入院していた相澤先生が再び登場しました。

プレゼントマイクは青山のことを信用できないと言いましたが、飯田もデクと同じように青山がA組に戻ってくることを望んでいました。

そしてそれはA組のみんなも変わらず、さらに相澤先生も除籍するつもりはないと宣言します。

さらに青山とオールフォーワンの繋がりを使い、とある作戦を考えつきました。

一体どんな作戦を考えたのでしょうか?

そしてデクはコスチューム新調のために初目の元へと向かいました。

ボロボロになったコスチュームをそれぞれ変える中、デクの新装備はどんなものになるのでしょうか。

今後のヒロアカの展開も気になりますね。

以上「【ヒロアカ338話ネタバレ】相澤先生の作戦にA組がひとつに!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/