僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ327話ネタバレ】死柄木との決戦は一か月以内?

【ヒロアカネタバレ327話最新話】オールマイトにステインが再び火をつける!

2021年9月27日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌327話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ326話では、ステインがついに姿を現しました。

自分の命に代えてでも守らねばならない弟子を止めることができず、結局子供たちの手でデクを連れ戻してもらったことにオールマイトは気落ちしていました。

かつて銅像が立つほどの英雄だったオールマイトはもはや見る影もなく、失意のどん底にいました。

しかしそんなオールマイトの前にステインが現れ、オールマイトを通して見てきた真の英雄について語りました。

オールマイトがいなくなっても、彼の残した埋め火はずっと人々の心の中に残り、今大火になりつつあると諭します。

タルタロスでの情報を残して去るステインは、きっと平和な世の中に戻ってから最後に倒すべき敵なのでしょう。

ずっとオールマイトを見守っていた彼なりの咤激励だったのでしょうね。

オールマイトも前に向いて、これでヒーロー陣営に何の不安もわだかまりもなくなったと思われます。

準備万端のヒーロー陣営は、これからどのように巻き返すのでしょうか。

ヒロアカ327話の内容がわかり次第こちらのページで紹介していきます。

今回は「【ヒロアカ327話ネタバレ】オールマイトが残した埋め火!ステイン再び火をつける!」と題しお届けします。

>>ヒロアカの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ヒロアカ327話ネタバレ考察

今後のヒロアカはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ヒロアカ最新話326話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ヒロアカ327話ネタバレ考察|ステインが残した情報とは?

失意の中にいるオールマイトに近寄ったのはステインでした。

英雄の矜持を失ったオールマイトに、かつてオールマイトに見た英雄の矜持を語り、その火は人々の心の中に確かに残っているのだと諭しました。

そして自分はあくまでも敵であり、最後に倒すべき相手だと告げてタルタロスで得た情報を書いたメモを残してどこかへと去って行きました。

タルタロスで収容されている間はステインも僅かな情報しか得られなかったと思われますので、メモに残された情報はタルタロス襲撃時から後の情報でしょう。

死柄木がタルタロスを襲撃し、オールフォーワンが解放されて他の凶悪なダツゴクに交渉していたと判明しています。

ステインが残した情報は、その時オールフォーワンに勧誘されデクの刺客となったダツゴクの情報ではないのでしょうか?

だとするとかなりの対策が取れるので、デクたちも動きやすくなると思われます。

 

ヒロアカ327話ネタバレ考察|ヒロアカを読んだ感想や予想ツイート

ヒロアカ326話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ヒロアカ327話ネタバレ

ヒロアカ327話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ヒロアカ327話ネタバレ|久しぶりのA組の生徒たちとの団らん

雄英に戻ってこれたデクは、いの一番にA組の男子たちにお風呂場へと担がれていきます。

ドロドロに汚れたデクをまずは洗おうと次々服を脱がし、A組の男子たち全員でデクを洗いながら湯船につかります。

その中には和解した爆豪の姿もあり、謝罪したのに態度は今までと変わらないとツッコまれます。

爆豪は一番になるのを諦めたわけじゃない、デクを含めたみんながライバルだと宣言。

風呂上がりの寮の団らん室では、ほとんどのA組の生徒たちがくたくたになって寝ています。

デクはそんなみんなを見ながら「ありがとう」「ごめん」と口にします。

起きている常闇はホークスから連絡がない事に怒ったり、まだ起きてデクに話しかける仲間にデクが一番疲れているから寝かせてやれと諭す轟がいたりとくつろいでいます。

しかしデクはまだ眠らない、眠れないと首を振ります。

あの日オールマイトの手を振り払ってしまったことを悔やんでいました。

 

ヒロアカ327話ネタバレ|和解するオールマイトとデク

そんなデクの前にオールマイトが現れました。

謝罪するオールマイトにデクが恐縮する中、さらに決戦の日はもうすぐだと伝えます。

思い悩んでいた自分の前に現れたステインによってしなくてはならないことを理解したオールマイト。

ステインの名を出さず情報を得たと話し、心の中では自分も一緒に地べたを這いずる覚悟をしていました。

それからあまり力になれないかもしれないと口ごもるとオールマイトの言葉をデクが遮ります。

解放戦線後、一人で活動し始めた直後のデクに差し入れとして渡したトンカツ弁当が、デクにとってはとても力になっていたと伝えます。

オールマイトから離れたから自分は道を間違えたのだと言い、これからは一緒に守っていきましょうとデクは和解を口にするのでした。

 

ヒロアカ327話ネタバレ|さらなる向こう側を目指すA組

デクと和解したオールマイトは、これからエンデヴァーと合流しようと早々にデクたちの前から去って行きました。

エンデヴァーは雄英に入らないのかという疑問に、轟はエンデヴァーは荼毘の件もあり、まだ許されたのはデクだけでそれでも避難民全員が味方になったわけではないと言います。

オールマイトと話せて安心して寝てしまったデクに轟が毛布を掛けながら、自分も荼毘の弟でエンデヴァーの息子であることに不安要素として見られていると語ります。

その言葉に怒る切島でしたが、轟はだからこそ自分やエンデヴァーは安心できる存在だと証明していくことを誓いました。

そして起きているA組の生徒たちは自分たちもやれることを最大限にやろうと心に刻むのでした。

元の日常を取り戻すだけでなく、以前よりも人々とヒーローがより良い関係を築ける社会にしようと心に刻みます。

眠るデクをみんなで囲み、更なるPLUS ULTRAを描きました。

 

ヒロアカ327話ネタバレ|決戦は一か月以内!

場面は車内のホークスとベストジーニストに変わります。

拘留中の殻木博士やセントラルの脳無の研究結果などをすり合わせていった結果、「死柄木の完全復活には最低でも二ヶ月が必要」と判明したと言います。

さらにデクが捕らえてきたダツゴクの証言から、オールフォーワンは完全復活より先にデクのワンフォーオール獲得を目論んでいると結論付けました。

死柄木が最後に活動したのはタルタロスの襲撃で、それから一か月経っています。

なので死柄木に先制攻撃をかける猶予はあと一か月あると思っていましたが、ステインの手に入れたタルタロス警備記録によって違った結果になると判明。

紙に書かかれていたのはただのオールマイトへのラブレターで、本当の情報はナイフに隠されたSDカードに入っていたのでした。

ヒーロー殺しがヒーローを後押しするとは、と皮肉を口にしながら、エンデヴァーは空を飛び去って行きました。

 

ヒロアカ327話ネタバレまとめ

最新話速報としてヒロアカ327話のネタバレを紹介してきました。

ヒロアカ327話では、具体的に死柄木との決戦が見えてきましたね。

雄英に戻ったデクは仲間たちとくつろぎながら、やっとオールマイトと和解も果たせました。

しかしまだまだエンデヴァーへの反感や、全ての人々がデクやヒーローに対する疑心を拭い去ったわけではないと言います。

安心して眠るデクを囲みながら、A組の生徒たちは以前よりもより良い社会を作れるようにしようと決意しました。

そしてホークスとベストジーニストの調査によって、死柄木の完全回復にかかる時間が判明します。

タルタロス襲撃から一か月たった今、不意討ちで死柄木完全復活前に倒すためには一か月以内に動かなければならないという結果になりました。

しかしそこにステインの情報が持ち込まれたことで、また違った結果となってしまうようです。

果たしてステインの持ち込んだタルタロス監視記録によって何が分かったのでしょうか?

死柄木襲撃は本当に一か月以内に行われるのでしょうか?

今後のヒロアカの展開も気になりますね。

以上「【ヒロアカ327話ネタバレ】死柄木との決戦は一か月以内!?さらに向こうを目指すA組!」と題してお届けしました。

\ヒロアカアニメも無料でイッキ見!/