炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊289話ネタバレ】ハウメアがシンラたちを圧倒!

【炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話289話】アイリスは復活する?

2021年10月27日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「炎炎ノ消防隊」本誌289話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

炎炎ノ消防隊前話288話では、ハウメアがアイリスと天照は死を受け入れたと言い、串刺しにされた二人の凄惨な姿を見せました。

それを見たシンラは怒り、ハウメアに襲い掛かりますが、ショウに怒りで動くのはダメだと諭されます。

二人は守るべきもののために戦うと考え、時を止めて攻撃。

しかし攻撃はハウメアに当たりませんでした。

炎炎ノ消防隊289話では、ハウメアの攻撃が当たらないのはインカの能力を取り込んでいるからだと分かりました。

シンラたちはもちろん諦めず攻撃をつづけます。

するとシンラにある異変が起こり…。

「【炎炎ノ消防隊289話ネタバレ】ハウメアがシンラたちを圧倒!」と題してお届けします。

>>炎炎ノ消防隊の最新話ネタバレをチェック!!<<

 

炎炎ノ消防隊289話ネタバレ考察

今後の炎炎ノ消防隊はどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

炎炎ノ消防隊最新話288話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

炎炎ノ消防隊289話ネタバレ考察|攻撃が当たらない理由は迷い?

シンラとショウの攻撃がハウメアに当たりません。

ハウメアはシンラたちに何かしたかと尋ねるくらいなので、止めた時に干渉しているわけではなさそうです。

ハウメアと伝導者はオートで攻撃が無効にされる仕様なのでしょうか。

彼らはもはや「聖女」と「伝導者」というイメージそのものになっていて、物理的な攻撃はできないというパターンもありそうです。

あるいは問題はシンラたち側にあるというパターンかもしれません。

シンラは残された仲間のために戦うと言っていましたが、その顔には少し迷いがあるようでした。

もしかしたらその迷いのせいで攻撃が当たらないのかもしれません。

 

炎炎ノ消防隊289話ネタバレ考察|伝導者とシンラが一つになる?

炎炎ノ消防隊288話冒頭では「最終章突入」、ラストの予告では「一つになりて」とありました。

一つになるというのは誰と誰、何と何でしょうか。

アドラにいるメンバーのことだとすると伝導者とシンラではないかと予想。

彼らが一つになることで、伝導者と救世主が同じものになります。

ハウメアたちにとってシンラの意思は何やら大切なもののようで、シンラを無視して世界を絶望させることは難しいようです。

しかし伝導者こそが世界を救う救世主と同一となれば、「世界に死を与えて救う」をスムーズに実現できるのではないでしょうか。

また「一つになる」という言葉をポジティブに受け止めると、シンラとショウが一つの存在になって攻撃するというパターンもありますよね。

仲良し兄弟がパワーアップする姿も見てみたいです。

 

炎炎ノ消防隊289話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が炎炎ノ消防隊288話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

炎炎ノ消防隊289話ネタバレ

炎炎ノ消防隊289話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

炎炎ノ消防隊289話ネタバレ|ハウメア無双

ショウとシンラはハウメアに攻撃が当たらないと不思議がります。

ハウメアは何もしていない、常に存在する絶望のようにここにいたと言います。

ショウは少し考え、インカの能力かと思い至りました。

ハウメアは他の柱の魂も自分とともにあると言い、「スミレの魂も」と言いながら、衝撃波による攻撃を仕掛けました。

シンラとショウは吹き飛ばされます。

ハウメアは聖女である自分の代わりに救世主のシンラが死んでもいい、どちらにしても絶望に向かう運命だと言いました。

 

炎炎ノ消防隊289話ネタバレ|シンラの戦う理由

シンラはハウメアに蹴りを入れようとします。

ただ何度やっても当たることはなく、ハウメアは自分には触れることができない”因果”だと言いました。

ショウも無茶はよせと止めます。

ハウメアは地面に手をかざし、シンラの真下に大爆発を起こし、シンラを吹き飛ばしました。

地に伏したシンラは、どうしたらいいのだと言います。

ショウは冷静になれ、シンラの絶望か死が大災害のトリガーなのは間違いないのだとなだめます。

さらに大災害を最後に左右するのは救世主次第、聖女は関係ないと言うと、シンラは怒りにのまれずにハウメアを止めればいいのだなと言います。

シンラは「俺は人のために戦うぞ!!」と言って再び攻撃に入ります。

 

炎炎ノ消防隊289話ネタバレ|言い分が弱い

シンラとショウの攻撃はやはり当たらず、ハウメアの攻撃は二人を傷つけます。

ハウメアはこれまで大事な人を守れたのかと挑発。

シンラの脳裏にシスターアイリスの顔がよぎり、怒りがシンラを支配します。

ハウメアは怒りの炎は相手の死をもってしか消せない、シンラがヒーローになれたのも復讐の炎のおかげ、耳障りの良い「正義」だけでここまで来れたかと問います。

シンラは自分は消防官で人のため、人命のために戦っていると返します。

しかし人類の無意識の総意を背負う聖女の言葉には重みと比べると、シンラの言い分は弱々しく響きました。

 

炎炎ノ消防隊289話ネタバレ|ぶっ殺す

シンラはハウメアを攻撃しながら「ぶっ殺す」という本能に囚われます。

シンラの周囲に悪魔の羽の形の炎が生まれました。

ショウはシンラにすがりつき、これではハウメアの思う壺だと止めます。

シンラはキレていないと穏やかな顔で返しますが、ハウメアに「シンラは嘘が下手ですね」と見抜かれました。

シンラは改めて、みんなのために戦うと言います。

ハウメアはそれではシンラ自身は守れないと反論、手をかざしました。

その瞬間、シンラの腹に穴が開きます。

ハウメアは涙を流しながら「あなたの死で大災害は完成し人類は救われます」と言いました。

ここで炎炎ノ消防隊289話は終了です。

 

炎炎ノ消防隊289話ネタバレまとめ

炎炎ノ消防隊前話288話では、天照とアイリスが串刺しになっている姿を見たシンラが激昂。

ただシンラとショウが時を止めて攻撃してもハウメアには届きませんでした。

最新話速報として炎炎ノ消防隊289話のネタバレを紹介してきました。

炎炎ノ消防隊289話では、ハウメアがインカの能力を取り込んだことで攻撃が当たらない因果にされていると発覚。

それでもシンラたちは諦めず攻撃。

しかしハウメアが挑発することでシンラは徐々に「ぶっ殺す」という衝動に支配されていきます。

さらにハウメアの攻撃で腹に穴が開きました。

シンラピンチ!?

炎炎ノ消防隊のつづきが気になりますね。

以上「【炎炎ノ消防隊289話ネタバレ】ハウメアがシンラたちを圧倒!」と題してお届けしました。

\炎炎ノ消防隊アニメも無料でイッキ見!/