ドクターストーン

【ドクターストーン213話ネタバレ】ゲンが謎の爆発石化に巻き込まれる

【ドクターストーンネタバレ最新話213話確定速報】終結章で千空が答え合わせ

2021年10月11日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のドクターストーン213話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前回のドクターストーン212話では、千空たちがついに日本に到着。

ソユーズやアマリリスのいる宝島とルリのいる本土の石神村を復活させました。

寿司で宴会をしたあと、千空が日本のみんなに依頼していたスペシャルミッション、水力発電に使うダムとロケット発射場づくりが判明。

ダムも発射場も完成間近、月へ向かう準備が整ってきました。

「終結章」が始まります。

ドクターストーン213話では、水力発電所が完成。

さらにコーンシティーから大樹がコンピューターを持って登場。

全てが順調に思えた中、封印したはずの石化装置に異変が起こります。

2号連続センターカラー!

ドクターストーンがついに牙を剥く…!?

今回は「【ドクターストーン213話ネタバレ】ゲンが謎の爆発石化に巻き込まれる!」と題してお届けします。

>>ドクターストーンの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ドクターストーン213話ネタバレ考察

今後のドクターストーンはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ドクターストーン最新話212話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ドクターストーン213話ネタバレ考察|ホワイマンの対抗手段

ホワイマンが人類を石化したがる理由はまだ不明です。

人類の進化とか科学や文化の発展が許せないのかもしれないし、人類を永遠に生かしたいのかもしれません。

ただ石化するという目的に固執していた場合、石化を阻止する千空たちは止めなくてはいけません。

ということは千空たちの計画を察知したときは対抗手段を講じてくるはず。

宇宙にこさせないよう石化装置を使う、それが無理なら宇宙船に干渉して月にこさせないよう尽力、月面にきちゃったら逃げ回る等々…。

ホワイマンが一人の人類だとすると数千年生きていることになります。

機械とか複数人説もありますが…。

普通の人間なら寿命的に無理なのでホワイマンも石化を利用し、定期的に(または随時)復活装置のようなものをつくって復活しているのでしょう。

それが常に石化装置を使ってこない、通信をしてこない理由なのではないでしょうか。

もしそうなら石化攻撃されてもいいようにあらかじめ復活装置をセットしておけばいいだけです。

千空たちはどこまで想定しているのでしょうか。

 

ドクターストーン213話ネタバレ考察|ドクターストーンを読んだ感想や予想ツイート

ドクターストーン213話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ドクターストーン213話ネタバレ

ドクターストーン213話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ドクターストーン213話ネタバレ|水力発電所完成

ドクターストーン213話のタイトルは「UNKNOWN KNOWN」。

ダムと巨大水力発電所が完成。

羽京やクロムたちがそのスケールに圧倒されます。

また、たくさんの人たちを復活させる作業も進んでいます。

ゲンが復活者たちに向けて石化後の世界のあらましを説明。

紙芝居や人形劇などで身振り手振り伝えます。

その様子を見た龍水がそろそろ娯楽メディアが欲しいと言いました。

 

ドクターストーン213話ネタバレ|七海兄弟の性格

龍水の言葉を聞いたSAIが言いたいことは分かると言います。

心に楽しみがなくては生きていけない、数学漬けだったころの自分はゲームに救われたとしみじみ語ります。

ただ龍水はそれもあるけど別の話だと返します。

そしてとびきり邪悪な顔をしながら「メディアを牛耳るものが全てを手に入れる違うか!?」とつづけました。

即「兄弟よくここまで違う性格に育ったね」というツッコミが入ります。

 

ドクターストーン213話ネタバレ|TVとアホ千空登場

カセキと千空でテレビを完成させました。

フランソワが図らずもテレビは日本発祥だと言い、龍水がその再現だなと応じます。

陽がうれし泣きしながら何チャンネル見られるのだと聞きます。

すると千空は単行本のおまけページにしか出てこないアホ千空の顔になり、「いっけね☆この世界TV局なかったわ」とボケました。

みんなズコー!!

羽京だけは分かっていて作ったのだろうとフォロー。

すると千空は写すのはTV番組じゃないと肯定、龍水がSAI待望のブツが本日到着すると言いました。

 

ドクターストーン213話ネタバレ|CPU16bit60kHz129枚のメモリーコアユニットで512kbitROMと16kbitSRAM相当のやつ

「それ」を届けにきたのは大樹です。

すごいのが完成したと言ったあと、千空と再会して拳を合わせ、説明をします。

ただ「ドーナツ1万個くらいと磁石何十万個か」という説明だったので、ゲンが「あいまい」と言います。

しかし千空が「CPU16bit60kHz、129枚のメモリーコアユニットで512kbitROMと16kbitSRAM」と補足すると、目を点にして「もっとわかんなかった」と言いました。

そこでSAIが最適解をくれます。

巨大ドーナツ「SAL9000」とそこに繋がるTVを確認したSAIは、「ファミコンとおんなじだ」と言いました。

ついにコンピューターを手に入れました。

 

ドクターストーン213話ネタバレ|ファミコンゲームぞくぞく

千空はプログラムのやり方はややこしいと言います。

穴を開けたパンチカードなるものを読み込ませるとつづけます。

しかしSAIはあっという間にカードに穴を開け、ゲームを完成させました。

テトリスのようなゲームを見た陽や羽京、チェルシーは歓喜。

SAIの手を止まりません。

この手の落ちゲーは1行でもいけるくらいシンプル、このくらいのゲームならどんどん作れるとウキウキしながら言います。

すると珍しく龍水が、そんなことができるのはSAIくらいだとツッコミました。

それからパックマンらしきもの、シューティングといった簡易的なゲームが次々と完成。

人々は大喜びでゲームをし始めました。

 

ドクターストーン213話ネタバレ|世界一の欲しがり屋

ある夜、龍水とSAIが向き合ってTVゲームのチェスを行います。

龍水の相手はAI。

龍水は負けてしまいますが嬉しそうにチェスAIの性能を褒めます。

SAIはそこでかつて行われたチェス世界チャンピオンカスパロフとAIディープ・ブルーの戦いの話をします。

伝説の36手目、カスパロフの罠に対しAIは大長考の末、誰にも思いつかない手を生み出したと言います。

あれこそ人知を超えた未知のものを科学が生み出した瞬間だとつづけます。

龍水は同意し、科学は世界一の欲しがり屋だと返します。

さらに「あのホワイマンのもたらした石化装置の禁断の力さえも」と付け加えました。

 

ドクターストーン213話ネタバレ|石化装置の異変

石化装置を長持ちさせるため、千空はカセキに真空管を作ってもらいました。

羽京がそこに入れた上でさらに金庫にしまいます。

千空とカセキ、ゲン、チェルシーがその様子を見届けて部屋を出ていきます。

そこで一番後方にいたゲンと陽が背後の異変に気づきます。

 

ドクターストーン213話ネタバレ|石化装置爆発!

金庫に入れたはずの石化装置が中でカタカタ動いているのです。

ゲンと陽は金庫に駆け寄ります。

しかし開ける間もなく真空管が割れる音がしたあと、「カチッ」と音がしました。

次の瞬間、金庫が爆発。

一番傍にいた陽の身体が吹き飛びます。

さらに石化も始まります。

そして陽だけでなくゲンも石化しはじめました。

部屋を出ていた千空たちも異変に気づきます。

ここでドクターストーン213話終了です。

 

ドクターストーン213話ネタバレまとめ

ドクターストーン前話212話では、世界一周を終えた千空たちが日本に帰国。

ソユーズたちのいる宝島とルリたちのいる本土を復活させたあと、密かに進行中だったスペシャルミッションン、ダムとロケット発射場が登場。

そしてここからは「終結章」だと判明しました。

最新話速報としてドクターストーン213話のネタバレを紹介してきました。

ドクターストーン213話では、ダムや水力発電所が完成。

さらに大樹がコーンシティーからコンピューターを届けたことでファミコンゲームも手に入れました。

全てが順調に進んでいく中、石化装置に異変が…。

突然爆発し、被害を受けたゲンと陽が石化してしまったのです。

一体何が起こっているのでしょうか!?

今後のドクターストーンの展開も気になりますね。

以上「【ドクターストーン213話ネタバレ】ゲンが謎の爆発石化に巻き込まれる!」と題してお届けしました。

\ドクターストーンアニメも無料でイッキ見!/