弱虫ペダル

【弱虫ペダル674話ネタバレ】悠人が隼人を超えた!

【弱虫ペダル674話ネタバレ】悠人が隼人を超えた!

2022年2月17日(木)発売号の週刊少年チャンピオンに「弱虫ペダル」本誌674話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

弱虫ペダル673話では、兄弟対決が決着しました。

ゴール直前、悠人にいつもの余裕はなく、隼人に勝つことのみに集中していまいた。

一方で隼人は悠人の成長を肌で感じ幸せを噛み締めつつ、全力でこれに応えます。

そして、最終ラインを先に超えたのは隼人でした。

隼人はバキュンポーズを決め、悠人は悔しさに打ちひしがれます。

後続たちはそれぞれ複雑な表情でそれを見つめました。

ようやく勝敗が着いたスプリント対決。

2人の対決は鳥肌ものでしたね!

弱虫ペダル674話以降どうなっていくのかの考察、弱虫ペダル最新話674話の内容をネタバレしていきます。

祝!アニメ5期2022年10月に放送開始決定!!

今回は「【弱虫ペダル674話ネタバレ】悠人が隼人を超えた!」と題してお届けします。

>>弱虫ペダルの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

弱虫ペダル674話ネタバレ考察

今後の弱虫ペダルはどうなっていくのでしょうか。

次回以降の弱虫ペダルで考えられる展開を紹介していきます。

弱虫ペダル673話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

弱虫ペダル674話ネタバレ考察|どんな言葉を交わす?

ついに決着が付いたスプリント対決!

勝利を手にしたのは兄の隼人でした。

これはまぁそうなりますよねっていう展開なんですがこのレースでお互いが全力を出したことは確かです。

これにより多かれ少なかれお互いの気持ちのモヤモヤは晴れたはずです。

とするなら、レース後の2人の会話がどうなるのか気になりますよね?(特に悠人の!)

2人はどんな言葉を交わすのでしょうか?

労い合うのか、いつも通りなのか、または言葉を交わすことはないのか…

どんな展開となるのか楽しみですね!

 

弱虫ペダル674話ネタバレ考察|後続の活躍が描かれる?

今回のスプリント対決の影の立役者でもある主要メンバーを引いてきた1・2年生たち。

彼らの存在がなかったら、後続が追いついてこられることはなかったです。

感動的な場面に立ち会わせてくれた彼らの活躍が描かれてもおかしくないのではないでしょうか?

というか個人的に描いてほしいという願望です。w

箱学の後輩たちも着々と成長している姿がいいですよね。

といっても坂道・真波は3年になるし、高校でのインハイは終わりなのでこれ以後の物語は多分描かれることはないと思いますが…。

だからこそ余計にこういった影の存在を描いてほしいという願望が出てきてしまいますね。w

 

弱虫ペダル674話ネタバレ考察|悠人が苦手を克服する?

隼人とのレースでようやくいろんな気持ちと向き合った悠人。

きっと隼人への気持ちに蓋をして生きてきたのでしょう。

隼人への苦手意識たるやすごいですもんね…。w

ですが、このレースでこの気持ちの整理がつくのではないでしょうか?

これからは新開悠人として自転車に乗れるようになるのでは?

というようも、そうなってほしいという個人的な願望が入っています。w

この機会に是非、兄の影を払拭してほしいですね。

 

弱虫ペダル674話ネタバレ考察|クライム対決が始まる?

スプリント対決は次回で決着が着きそうです。

となると次は、クライム対決へ移行しそうですね。

クライム対決といえば、やっぱり皆さんが待ち望んでいる真波の登場ですよね?

真波も辛い時期がありましたよね?(ホントに危なかった。w)

それを乗り越えてキャプテンに指名されるほどに成長しました。

その真波と葦木場のエース対決がスタートしそうです!

この2ショットな今までにあまりなかったので、どう展開するか楽しみですね。

 

弱虫ペダル674話ネタバレ考察|新開兄弟の笑顔が見れる?

隼人の存在に苦しんだ悠人。

一方で、悠人の苦しみを理解していないわけではなかった隼人。

周囲の言葉がなければ本来ここまで2人がこじれることはなかったと思います。

悠人は隼人を目標にし、憧れの対象でもありました。

隼人は悠人と走る日を待ち望んでいまいた。

お互いを求めていることは明らかです。

このレースで悠人の気持ちに決着がつけば2人が心から笑い合えるのではないでしょうか?

打算抜きの本気のぶつかり合い!

最後は2人の笑顔がみたいですね。

 

弱虫ペダル674話ネタバレ考察|泉田が隼人の勝負を見届ける?

今回の追い出しレースの影の主役だといってもいい泉田。

前年度のキャプテンであり、スプリンターとして初めてのキャプテン就任という偉業を成し遂げました。

今回の追い出しレースでは、レースに参戦せず星を隼人の託す展開となってしまいました。

個人的にはとても残念です。

しかし、星を託した相手は泉田が尊敬してやまない隼人です。

しっかりとこの勝負を見届けて、隼人の走りを焼き付けるのではないでしょうか?

今後の2人の関係にも注目ですね。

 

弱虫ペダル674話ネタバレ考察|真波は策士?

今回の追い出しレースでのルールの発案者である真波。

そして悠人を逃がさずにレースに参戦させた人物です。

新キャプテンとなり更に存在感が増しましたね。

真波は新キャプテンとして悠人の劣等感を課題としていたのではないでしょうか?

なのでわざわざゲストに隼人を呼び悠人と戦わせた感じがします。

悠人の劣等感を消すことができれば悠人が更に強くなることは確実。

天然キャラですが、意外と策士なのかも?w

このレースで悠人の成長がみれそうですよね。

真波の作戦が吉と出るか凶と出るか楽しみですね!

 

弱虫ペダル674話ネタバレ考察|クライム対決は誰が出る?

スプリント対決が終われば次はクライム対決となりそうですね!

悠人はスプリントで力尽きてしまうのでクライム対決には参戦できないでしょう。

となると順当にいけば後ろで待機している真波と葦木場のエース対決となりそうですね。

ここで意外性を発揮して別の誰かが登場するってパターンもありですが…。

真波が対決から外れるってことはあり得ないと思うのでやっぱりここは真波と葦木場の戦いになるでしょうね。

個人的にはもう一度、真波と藤堂の勝負が見たいですが…。

それはないか!w

とにかく次の対決も楽しみです。

 

弱虫ペダル674話ネタバレ考察|悠人は認められたい?

弱虫ペダル665話では、悠人の隼人に対する心情が描かれていました。

悠人がいかに隼人を歪んでみているのかがわかりちょっと切なくなりました…。w

まぁスターの兄を持ち、あんな環境で過ごしていたら歪んでしまうのも分かりますよね。

しかし、隼人の「成長したな」という言葉に照れるような表情を見せた悠人。

このことから、悠人はやっぱり兄が好きなんだなーと感じました。

と同時に、認められたくて足掻いてるんだろうなーとも思いました。

隼人が”すごい選手”だということは悠人が一番よく分かっているはずです。

認められたくないわけないですよね?

とっても繊細は悠人に感情移入してしまいました!

2人の距離が縮まることを願っています!

 

弱虫ペダル674話ネタバレ考察|葦木場vs真波?

今回の追い出し走行会レースは悠人に焦点が当たっているような気がしますが、真波のバトルも気になります。

悠人たちが飛び出した時に残っていた卒業生チームは黒田と葦木場でした。

こうなると展開的には、葦木場と真波の対決となりそうですね!

葦木場は過去に問題を起こし長い間謹慎処分を受けていました。

しかし、最終的にエースクライマーとしてインハイに出場しました。

ここはやっぱりエース対決となりそうですね!

体格差からもかなり白熱した展開が期待できそうです。

今からドキドキしてしまいますね!

 

弱虫ペダル674話ネタバレ考察|隼人と悠人の距離が縮まる?

半ば強引に隼人と勝負することになった悠人…。

なにやら仕組まれていた気もしますが、勝負するからにはもう関係ありません。

この勝負で2人の関係に変化が生じることは確かでしょう。

悠人の積年の想いを晴らす良いチャンスとなってくれると思います。

また悠人には今でも昔と変わらず、隼人を慕う気持ちがあるはずです。

ただ少しひねくれてしまっているだけで…。w

ですので、この勝負をきっかけに2人の距離が縮まることを期待しています。

昔のような仲良し兄弟に戻ってくれたら嬉しいですが…。

どんな展開になるのでしょうか?

 

弱虫ペダル674話ネタバレ考察|真波の狙いは悠人のため

真波からスターシールを受け取った悠人。

兄がゲストで出場すると知るとこっそり帰ろうとしていましたが、真波にみつかり帰れなくなりましたね。

しかし、悠人と隼人の間にこんな大きな溝があったとは驚きました!

真波はきっと2人の関係性を察していたのだと思います。

なので、わざわざ隼人と呼んだのではないでしょうか?

悠人と隼人を勝負させるために…。

悠人の兄に対する壁を壊すことが目的だと考えられます。

悠人は現在クライマーとして活躍していますが、隼人と同じスプリンターの気質も持っています。

だとするなら2人が戦うことは十分可能ですよね?

真波が悠人を焚きつけるのではないでしょうか?

 

弱虫ペダル674話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が弱虫ペダル673話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

弱虫ペダル674話ネタバレ

弱虫ペダル674話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

弱虫ペダル674話ネタバレ|悔しさを滲ませる悠人

勝者の隼人はバキュンポーズで勝利を喜び、悠人は顔を覆いながら悔しさを露わにします。

隼人はいい勝負をしてくれた悠人をたたえ片手を差し出し握手をもとめます。

しかし悠人はこれを拒否し、隼人が悠人を賞賛した言葉をことごとく否定します。

それでも認める発言を止めない隼人。

悠人は勝てなかった悔しさから、在校生に花を持たせろと噛みつきます。

しかしそれで勝っても嬉しくないだろと正論で返され言葉を詰まらせます。w

 

弱虫ペダル674話ネタバレ|悠人の暴露

隼人は再度悠人の凄さについて語ります。

何度も自分をほめてくる隼人に苛立つ悠人はこれまで受けてきた周りからの対応をぶちまけます。

常に比べれられて生きてきたこと。

隼人になれと言われてきたこと。

だれも自分の名前を呼んでくれなかったこと。

悠人が一通り話し終えるのを待って隼人は知っていたことを明かします。

しかしこれまでコツコツと積み上げた努力が自分を越えさせたと隼人は言います。

隼人の言葉に意味が分からないと怒りを露わにする悠人。

それをたしなめるように隼人はもう一度自分を超えていることを言葉にします。

 

弱虫ペダル674話ネタバレ|隼人の言葉

隼人がそう言い張る理由は、隼人が1年の頃はインハイに出場できなかったから。

隼人が初めてインハイに出場したのは3年の時です。

この事実を知った悠人は、そんなこと考えたことなかったと動揺します。

隼人の言葉は更に続き、今日のレースでも悠人は本気で勝ちにきていたことを話します。

大学レースでレギュラージャージを着ている隼人に高校1年が本気で勝ちにきていた、そして、ラインギリギリまで追い込んだ…。

このことから「成長」もしてるし「強かった」と素直に言葉にする隼人。

そして自分が高校1年のときにそんなことはできていないとはっきりと言います。

この言葉で隼人の今までの言葉が本気だったことを理解した悠人は顔を赤らめます。

 

弱虫ペダル674話ネタバレ|クライマー出陣

そんな悠人の隣に並んだ隼人は悠人の肩に手をかけ反対の手を差し出します。

これを握手だと思い照れ隠しをしながらも手を差し出す悠人。

しかし、隼人の目的は握手ではなく星でした。w

悠人の星を奪うとあっさりと悠人から距離をとり、後続に合流していきました。

それから後続の泉田たちに勝利を報告します。

それを振り返り見ていた悠人は「バカ兄貴」と照れながら呟きました。

そして、次はいよいよクライム対決の始まりです。

前に上がってきたのは、黒田と真波!

ここで黒田が上がってくるとは意外ですね!

次回、弱虫ペダル765話へつづく…

 

弱虫ペダル674話ネタバレまとめ

弱虫ペダル673話では、スプリント対決に決着がつきました。

後続が見守る中、悠人は隼人に勝つことだけを考えて走っていました。

隼人は悠人の成長を肌で感じることができとても誇らしそうでした。

そして僅差ではありましたが、勝利を手にしたのは隼人!

最新話速報として弱虫ペダル674話のネタバレを紹介してきました。

弱虫ペダル674話では、悠人の隼人の兄弟の会話が楽しめましたね。

相変わらず隼人につっかかる悠人ですが、隼人は何度も悠人の凄さや強さについて語ります。

全然納得しない悠人に隼人は、自分が1年の頃はインハイに出場していないことや大学生相手に本気で勝ちを獲りに行くことはできなかったと伝えます。

この言葉で隼人の今までの言葉が本気だったことを理解し照れる悠人。

今までの溝が埋まった感じで素敵でしたね。

次はクライム対決に移行し、前に出たのは黒田と真波です。

クライム対決はどうなるのでしょうか?

今後の弱虫ペダルの展開も気になりますね。

以上「【弱虫ペダル674話ネタバレ】悠人が隼人を超えた!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/