弱虫ペダル

【弱虫ペダル671話ネタバレ】2人の鬼が登場!

【弱虫ペダル671話ネタバレ】2人の鬼が登場!

2022年1月27日(木)発売号の週刊少年チャンピオンに「弱虫ペダル」本誌671話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

弱虫ペダル670話では、悠人の幼少時代が描かれていました。

悠人は最初の悠人以後、勝てずに苦しんでいました。

しかし、そんな悠人をよそに周りは隼人の話題ばかりをとり上げます。

日に日に隼人の存在が重たくなる悠人。

しかし中学2年になるころには優勝できないものの表彰台に上がれるように。

そして場面はレースに戻り、悠人は4撃目に備えます。

勝負も終盤、次回決着がつくのでしょうか?

今回は「【弱虫ペダル671話ネタバレ】2人の鬼が登場! 」と題してお届けします。

>>弱虫ペダルの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

弱虫ペダル671話ネタバレ考察

今後の弱虫ペダルはどうなっていくのでしょうか。

次回以降の弱虫ペダルで考えられる展開を紹介していきます。

弱虫ペダル670話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

弱虫ペダル671話ネタバレ考察|四撃目がくる?

隼人の言葉に動揺をみせた悠人ですが、なんとか持ち直したようですね。

悠人は四撃目に備えて隼人から目を離しません。

この後、四撃目は本当にくるのでしょうか?

隼人は悠人の様子を伺いながら、宣言通り四撃目を仕掛けてくる確率が高そうです。

隼人からしてみれば、理論戦で挑んでくる悠人にどうにか突破口を掴んでほしいというのが本音だと思いますが…。

こればっかりは悠人次第なので、悠人の戦い方に乗っかる感じになりそうですね。

四撃目の反応が出たら、悠人も加速しここで最後のスプリント対決となりそうです。

悠人が限界を超えるとしたら、ここでしょうね!

 

弱虫ペダル671話ネタバレ考察|後続は間に合うのか?

新開兄弟のスプリント対決ももう終盤です。

もちろんこの勝負も気になるのですが、今必死に追いかけてきている後続の方も気になりますよね。

できることなら、隼人の四撃目がくる前に追いつきたいところです。

四撃目が出てしまったら、誰も追いつけないと思われるからです。

おそらく必死に引いてきた1・2年生は脱落。

ここから、残る主要メンバーが引くとなっても胴橋は体力的に無理。

他のメンバーはレースに備えて無茶はできません。

となるとなんとしても四撃目の手前で追いつかなくてはなりません。

1・2年生の頑張りは報われるのでしょうか?

 

弱虫ペダル671話ネタバレ考察|後続が追いつく?

先輩のやり取りをみて全力で引くことを決意した後輩たち。

感動できるシーンでしたね。

これにより、後続が追いつけるのか問題が出てきました。

10人で全力で引けば追いつけるとは思いますが、新開兄弟のバトルは白熱状態です。

もしかしたら後輩10人では無理かも知れませんね。

とすると、ここで再び胴橋あたりが加わってくるのではないでしょうか?

泉田の願いを叶えるべく活躍するのでは?w

泉田がこのレースで走らないとなるとせめて願いは叶えてあげたいですよね。

後輩たちの活躍に期待です!

 

弱虫ペダル671話ネタバレ考察|隼人が秘策を明かす?

3度の加速で悠人を引き離す予定だった隼人。

しかし、予想を反して悠人は食らいついてきました。

これに更に血が騒ぎだす隼人。

心底、悠人とのバトルを楽しんでいるようですね!

どうやら悠人を引き離すのは簡単ではないことを悟ったようです。

となると隼人サイドも秘策を繰り出すのではないでしょうか?

もしかしたら新技を隠し持っているかも知れませんね。

兄の面子を保つためにもここは絶対負けられないはずです。

残り1㎞どんな走りを見せてくれるのか期待です!

 

弱虫ペダル671話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が弱虫ペダル670話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

弱虫ペダル671話ネタバレ

弱虫ペダル671話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

弱虫ペダル671話ネタバレ|最大の敵

悠人と隼人のスプリント対決も終盤…。

悠人はこれまで一緒に走ってきた相手は皆敵だとみなしてきたことを振り返ります。

その中でも最大の敵は「山の王」だと思っていたけれど、ここで違うことに気が付きます。

悠人の最大の敵は今一緒に走っている隼人であると。

そして隼人に渾身のアタックを仕掛けます。

何度もぶつかり合う2人!

 

弱虫ペダル671話ネタバレ|隼人の評価

隼人は全身でぶつかってくる悠人に「これぐらい本気にならないと本当に欲しいものは手に入らないよ!」と伝えます。

再度両者が強烈なアタックを仕掛けていきます。

悠人の激しいアタックに隼人の肩から血がにじみ出てきます。

この血をみた隼人は悠人の本気を感じます。

それから悠人がもし最後まで冷静な走りをしていたら、悠人のことを”過大評価していた”と反省することろだったと伝えます。

隼人がずっと悠人をみてきたこと、やっぱり悠人は強いってことが伝わってきますね。

 

弱虫ペダル671話ネタバレ|隼人の鬼化

この言葉に顔色を変える悠人。

「うるせえ!」と言うと、再度アタックし「お前を倒す」と宣言します。

この言葉で隼人は「嬉しいよ」と言い終えると片手を目にかざし「これで鬼になれる」と言います。

隼人の手が顔から離れるとその顔は鬼に豹変していました。

そして隼人の肩がピクピクと動きます!

並行して走っている悠人に隼人の肩は見えません。

ですが肌が触れ合っているせいか、遺伝子が近いからなのか、悠人は四撃目がくることを感じ取ります。

さすが、兄弟!

こういうときはやっぱり感じとれるものなのですね。

 

弱虫ペダル671話ネタバレ|2人の鬼

最後の撃が来ると確信した悠人は「鬼かよ」と言うと「俺ももうできんだよ!」と隼人の同じ顔に手をかざす動作をとります。

そして、手が顔から離れると悠人も鬼化していました。

残り250m!

鬼化した2人が最後のスプリントを仕掛けます。

その頃、悠人たちを追いかけてきた後続が追いついてきます。

遠くにうっすらと見える2人の姿を捉えました。

後続…追いつてこれて良かった、次回はついに決着となりそうです!

次回、弱虫ペダル672話へつづく…

 

弱虫ペダル671話ネタバレまとめ

弱虫ペダル670話では、悠人の幼い頃が描かれました。

悠人が兄・隼人と距離を取り始めたのは小学生のとき。

周りから散々隼人と比べられスランプに陥っていて全く勝てなくなっていました。

中学2年生に上がった頃には表彰台には上がれるようになったものの、優勝はできませんでした。

そんな悠人に隼人はインハイ出場を宣言し、悠人も自分を証明するためインハイ出場を決意。

最新話速報として弱虫ペダル671話のネタバレを紹介してきました。

弱虫ペダル671話では、いよいよ終盤となったスプリント対決。

悠人は冷静さを捨て、本気で隼人を倒しにいきます。

隼人もこれに応え、隼人の中に眠る鬼が登場しました。

そして最後の撃がくると肌で感じた悠人も、鬼を目覚めさせます。

両者が鬼となり、最後のスプリントが始まりました!

ここで後続も追いついてきました。

次回は、新開兄弟の決着がみれそうです!

今後の弱虫ペダルの展開も気になりますね。

以上「【弱虫ペダル671話ネタバレ】2人の鬼が登場!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/