東京リベンジャーズ

【東京リベンジャーズ235話ネタバレ】ヒナの前で涙する武道

【東京リベンジャーズネタバレ最新話235話】武道が一人で動き出す

2021年12月22日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「東京卍リベンジャーズ」本誌235話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

東京リベンジャーズ前話234話では、武道はマイキーにボコボコにされ、トドメを刺されそうになります。

しかし武道が次に目覚めたとき、三天戦争は3日前に終わっていました。

見舞いにきたココは、武道が千咒にかばわれて救われたこと、梵は解散になったこと、六破羅単代は関東卍會に吸収されたことを告げました。

さらに千冬が武道が戻ってきたせいだと責めると、武道は千冬を遠ざけ、ここからは一人でやると決意。

東京リベンジャーズ235話では、武道のところに溝中五人衆や東卍のみんながお見舞いに来てくれます。

みんな武道を心配していますが、武道の決意は固く…。

祝・アニメ2期制作決定!

「【東京リベンジャーズ235話ネタバレ】ヒナの前で涙する武道」と題してお届けします。

>>東京卍リベンジャーズの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

東京リベンジャーズ235話ネタバレ考察

今後の東京リベンジャーズはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

東京リベンジャーズ最新話234話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

東京リベンジャーズ235話ネタバレ考察|武道の一人でやるとは?

武道が千冬を遠ざけ、ここからは一人でやると決意していました。

変わってしまったマイキーを戻す方法を思いついているのかは怪しいです。

今後はドラケンの家に行ったり、千咒の安否を確認したりしてヒントを得ていくことになるのではないでしょうか。

ドラケンの言っていたように負けた景色を見せるのなら、やはりマイキーに勝つしかありません。

新たに手にした力「未来視」を使いこなすことでマイキーとも戦えるでしょうか。

無敵のマイキーvs未来視の武道。

…ちょっと不安ですね。

マイキーの攻撃は分かっていても避けられないような気もします。

また、これで勝ったとしてもドラケンは救えません。

誰も失わずに幸せになるには最初に戻るしかありません。

まだマイキーにドラケンの遺言は伝えていませんので、それをマイキーに伝えて改心を促すという展開もありそうです。

それとも遺言を伝えることで過去に戻りたいという気持ちを高め、さらに過去に戻るという超展開?

これまで過去からさらに過去に戻ったことはありませんが、強い想いがトリガーの一つならありえなくもないと思います。

 

東京リベンジャーズ235話ネタバレ考察|武道がドラケンの遺言を伝える

ドラケンの最期の言葉はマイキーに対してでした。

「あんまり…世話…焼かせんな…ってよ」というのがその内容です。

武道にこの言葉を伝えるよう頼んでいるため、武道はマイキーに伝えなくてはいけません。

マイキーは武道に対して怒りをぶつけるかもしれません。

マイキーは以前、ビデオレターで武道にもうタイムリープするなと警告しています。

それでも武道はタイムリープしてしまいました。

マイキーはそのことを指摘し、武道を未来に戻そうとするかもしれません。

 

東京リベンジャーズ235話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が東京リベンジャーズ234話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

東京リベンジャーズ235話ネタバレ

東京リベンジャーズ235話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

東京リベンジャーズ235話ネタバレ|Just be yourself

今回はマガジンの表紙がマイキーで、巻頭カラーはマイキーサンタが運転するバイクの後ろに武道トナカイが乗っているというステキなもの。

付録は都道府県シールセット、原画展の概要詳細も分かります!

東京リベンジャーズ235話のタイトルは「Just be yourself」。

ヒナが武道にするべきことを教えてくれる優しいお話です。

 

東京リベンジャーズ235話ネタバレ|お見舞い

2008年7月15日。

三天戦争から1週間が経ちました。

溝中五人衆のみんなが武道のお見舞いにやってきます。

アッくんはヒナにあとのこと頼み、山岸はしかめっ面ばかりするなとたしなめ、タクヤは見守り、マコトはベッドの下にエロ本を差し入れして帰っていきました。

武道はどこか固い笑顔でみんなにお礼を言って見送りました。

傍らで見ていたヒナが武道の異変に気づきます。

しかし武道は「…べつに」と濁します。

ヒナが買い物に行ったあとも武道の物思いは終わらず、ブツブツとつぶやきつづけました。

 

東京リベンジャーズ235話ネタバレ|武道の決意

東卍のみんなもお見舞いに来ました。

パーちんは災難だったなと言い、八戒はドラケンを看取ったらしいなと声を掛けます。

武道は「うん…」とだけ答えます。

スマイリーやアングリーも武道を心配します。

ペーやんは武道の手を握り、「なんかあったら相談しろよ!」、力になるからと言います。

武道はみんなを巻き込めないと思い、笑顔でお礼を言って「でもオレ大丈夫ですから」とつづけました。

ペーやんは何かを言いたそうにしますが「そっか」とだけ言いました。

みんなを見送って一人になった武道は、心の中で改めてみんなにお礼を言います。

それから声に出して「オレ一人でみんなを守るんだ!」と言いました。

 

東京リベンジャーズ235話ネタバレ|まず泣こう?

ヒナが買い物から戻ってきました。

ヒナは「みんな帰ったんだ」と言い、武道が眠りつづけていた3日の間にも来てくれたと教えてくれます。

さらに武道のことをみんな心配している、友達に恵まれていると笑いかけます。

武道はそんなヒナの目を見ず、うつむいたまま、迷惑ばかりかけているなと言います。

それから自分のワガママでみんなを不幸にした、だから決めたと言って顔を上げます。

ヒナの方を向き、一人で決着をつけることにした、「だからヒナも帰って」と笑顔で言います。

つづけて「オレ大丈夫だから」と言うと、突然ヒナが武道を抱きしめました。

ヒナは大丈夫なんて嘘だと笑います。

そして「まず泣こう?」と言いました。

 

東京リベンジャーズ235話ネタバレ|想いが溢れる

泣くべきだと言われた武道は驚きます。

ヒナはつづけて武道が一番にしなきゃいけないことだ、色々なことを考えるのはあとにしようと言います。

すると、武道の肩が震え出しました。

それから嗚咽をもらすと、涙がボロボロこぼれます。

武道はヒナの腕の中で泣き始めました。

ヒナはそんな武道に「つらい時は泣くんだよ」と優しく言いました。

ここで東京リベンジャーズ235話は終了です。

 

東京リベンジャーズ235話ネタバレまとめ

東京リベンジャーズ前話234話では、三天抗争の終結から3日後が描かれました。

武道が病院で目を覚ますと、その傍らにはココがいました。

ココは武道が千咒に助けられたこと、六破羅単代は吸収、梵は解散したことを告げます。

さらに千冬からドラケンの葬儀が行われ、武道のせいでこうなったと言われ、武道はあとは自分がやると覚悟を決めました。

最新話速報として東京リベンジャーズ235話のネタバレを紹介してきました。

東京リベンジャーズ235話では、武道のところに仲間たちがやってきました。

溝中のみんなも東卍のみんなも武道を心配しますが、武道はみんなを巻き込めないとやんわり線を引きます。

しかし、ヒナがまずは泣こうと声を掛けると張りつめていた糸が切れ、武道はボロボロと泣き始めました。

泣き果てた武道は何を思う!?

東京リベンジャーズのつづきが気になりますね。

以上「【東京リベンジャーズ235話ネタバレ】ヒナの前で涙する武道」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/