ワンピース

【ワンピースネタバレ最新話1026話】何も恐れないモモの助!

【ワンピースネタバレ最新話1026話】ルフィの三度目の正直!

2021年9月27日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース1026話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

ワンピース1025話では、ヤマトvsカイドウのつづき。

カイドウはヤマトに対し、鬼の血が流れている、人を支配しろと言います。

一方、モモの助とルフィは港を飛び立って鬼ヶ島に到着。

そして屋上に到着して早々ルフィはギア4となってヤマトとともに一撃を喰らわせました。

ワンピース1026話では、モモの助も参戦して対カイドウ戦が再開。

ルフィがモモの助に攻撃するよう促しますがモモの助はためらいます。

しかしカイドウがワノ国をめちゃくちゃにしたことを思い出し、勇気を出してカイドウに噛みつきました。

一方、月が雲に隠されたせいでイヌアラシとネコマムシのスーロン化が解けます。

ただそのピンチを乗り越え、会心の一撃が放たれる…!?

一体どうなるのでしょうか。

ワンピース1026話は9月27日発売の週刊少年ジャンプ43号に掲載予定となっています。

今回は「【ワンピースネタバレ最新話1026話】何も恐れないモモの助!」と題してお届けします。

 

今後のワンピースワノ国編がどうなっていくのかも気になるところですが、これまでのワノ国編の流れも復習したくなりますよね?

またアニメで見ていて漫画は読んでない場合は、どんな感じになるのか漫画で読みたくなるのではないでしょうか?

そこでいい方法を探したところワンピースの最新刊の漫画を無料で読めるサイトを発見。

それはU-NEXTというサイトです。

現在31日間無料お試しキャンペーン実施中で漫画が無料で1冊読めてしまうポイントをもらうことができます。

このポイントを使ってワンピースの最新巻を読めてしまうというわけです。

またこの期間内ならワンピースのアニメを始め無料で見られる映画やドラマなどもありますので、ついでに1か月楽しめますよ。

もし使いにくかった場合、期間内に解約すれば1円もかかりませんので、ご安心ください。

現在登録者がどんどん増えていて、いつこのキャンペーンが改悪されるのかわかりませんので、今の内にお試ししてみませんか?

この機会にワンピースワノ国編を復習してみてください。

\ワンピースアニメも無料でイッキ見!/

本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

目次

ワンピースネタバレ最新話1026話考察

今後のワンピースはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ワンピース最新話1025話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|キッド、ローはビッグマムに負ける?

現在ビッグマムと闘っているキッドとロー。

このまま2人がビッグマムに勝ってしまうことはないと予想します。

その理由として、2人がビッグマムに勝ってしまえばルフィの四皇全員を倒すという目標が消えてしまうからです。

ただ2人が負けることもないと思われます。

ビッグマムは再びローの能力でどこかへ飛ばされる、ビッグマム海賊団が登場し連れて行ってしまうのではないでしょうか。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|謎の10人目は霜月牛丸?

赤鞘の侍たちを助けて謎のシルエットの10人目が未だに誰かは判明していません。

日和の可能性があると考えられていましたが、日和ならばここまで引っ張る事もないのではないでしょうか?

そのため、10人目は日和以外だと考えます。

霜月牛丸はゾロとの血縁関係はまだはっきりとはしていませんが、恐らくヤマトと洞窟内で出会っている点など、名前をちらほら聞くようになりましたよね。

霜月牛丸はおでんを慕い、他の2人の侍とともにカイドウを襲っています。

このことからも、赤鞘を助けるほどおでんやカイドウとの闘いに思いがあるはずです。

さらに、助けた人物を少し見た河松はまさかあの人のはずがないと言っていました。

死んだと思われていた霜月牛丸だったため、あり得ないと考えたのではないでしょうか。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|お玉は誰の子?

天狗山飛徹と暮らしているお玉ですが、親が誰なのかは判明していません。

現在飛徹はおでんの父、スキヤキではないかと考えられています。

将軍であるスキヤキが面倒をみていることから、お玉は実は大名などすごい人物の娘ではないでしょうか。

さらにまだ8歳であるお玉が悪魔の実を食べている点も、普通の村人の娘であればあり得ないはずです。

そのため、お玉は霜月家または光月家である日和の娘ではないでしょうか。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|ホーキンスがキラーに勝つ?

キラーと闘っているホーキンスですが、キッドを身代わりとしています。

そのため、キラーはうかつにホーキンスを攻撃できなくなってしまいました。

攻撃ができないのであれば勝てる見込みもありません。

そのため、キラーはホーキンスに負けてしまうのではないかと考えられます。

キラーが負けてしまうとキッドが怒り、ホーキンスを倒しにやってくるはずです。

キッドとホーキンスならキッドの方が戦闘能力が高いはずなので、ホーキンスはキラーではなくキッドが倒すのでしょう。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|キラーの狙いはホーキンスの左腕それとも海楼石?

キラーはキッドを殺すことはできないはずです。

ただむざむざやられるだけではないでしょう。

考えられる一つの手段として、左腕を狙うという方法があります。

キッドには左腕がないため左腕を攻撃すればダメージはホーキンス本体にいくのではないでしょうか。

ちなみにワンピース1025話ではキッドは無事戦っていました。

コマが小さすぎて胸の傷がどうなっているかは分かりませんが、致命傷ではなさそうです。

また、能力者の絶対的弱点、海楼石を使うという策もアリでしょう。

ホーキンスはローに海楼石の釘を撃ち込んだこともあるため今も持っているのではないでしょうか。

それを奪えれば能力は無効、キッドを殺さずホーキンスだけを倒せるかもしれません。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|カイドウの種族は鬼?

ワンピース1025話では、カイドウがヤマトに対して鬼の子だと言いました。

つまりカイドウたちは人ではなくて鬼だということ。

また「人は力で支配しろ!!」とも言っています。

これらの発言からも人を憎み、血縁に執着していることが分かりますね。

ただ鬼だと自称しているからといって本当に鬼族なのかどうかは不明です。

どちらかというと元々はもっと高位の存在で、人に何かされて鬼となった、鬼と呼ばれる(呼ばせる)ようになった、人を憎むようになったという感じではないかと思います。

というのもカイドウの金棒の名前と技名が仏教に関係しているからです。

ワンピース100巻のSBSでカイドウの金棒の名前が「八斎戒」だと判明。

八斎戒とは仏教における戒律で、やってはいけない8つのこと(不殺生とか不偸盗とか)を指すそうです。

殺しとか盗みとかカイドウがやってそうなことばかり。

それを金棒の名前にするのには深いワケがありそうです。

さらにカイドウには仏教の明王の名前が入っている技「”降三世”引奈落」があります。

そしてモモの助を殺そうとしたシーン、マネマネの実でやらかした黒炭ひぐらしのことを謝罪したシーンからは「情け」の概念を感じます、若干。

それはカイドウが人を戒める側の立場だったことを意味するのではないでしょうか。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|百獣海賊団では周知の事実?

カイドウの部下たちがヤマトのことを「鬼姫」だと言っています。

ということは、百獣海賊団の中でカイドウたちが「鬼」だということは周知の事実なのでしょう。

カイドウたちから種族の話が出てこない場合、今戦っている大看板あたりから話が出るというのもありそうです。

クイーンは前に「カイドウを守る」発言しています。

ということは、幹部たちはカイドウが持つ「弱さ」「弱点」などを知っている可能性が高いです。

鬼であるがゆえの弱点でしょうか、それとも?

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|カイドウはまだ覚醒していない?

ルフィが強くなるのならカイドウだって限界を超えるかもしれません。

覇王色を8歳で目覚めさせた実子ヤマトを見る限り、カイドウ一族が元々強いのは間違いありません。

悪魔の実を食べる前にあのロックス海賊団に入っていたのだろうし、地力自体がとんでもないはず。

実はまだ悪魔の実を覚醒させていないとか、どこかで負けたいと思っていたけれどルフィと戦って初めて勝ちたいと思うとか、強くなるための新しい材料は出てきそうです。

カイドウの過去や趣味が自殺になった理由はまだ不明のまま。

カイドウこそが一番「鬼の血」にコンプレックスがあった、それを乗り越えてさらに強くなる、というシナリオもあるかもしれません。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|ルフィ三度目の正直

ワノ国に入ってからルフィはカイドウに二度敗れています。

一度目はおこぼれ町で、二度目は鬼ヶ島で倒され海に落とされました。

大人になったモモの助と再び鬼ヶ島に戻り、カイドウの目の前に現れたルフィ。

これでカイドウに挑むのは三度目です。

今回の闘いで三度目の正直となり、ルフィがカイドウに挑むのは最後になるでしょう。

ルフィvsカイドウの決着がつくのももうすぐです!

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|雉は青雉それとも日和?

ワンピースのワノ国のエピソードは桃太郎が題材ではないかと考えられています。

桃太郎はもちろんモモの助、鬼はカイドウ、猿はルフィ、犬はヤマトです。

現在屋上には桃太郎、猿、犬、そして鬼が揃っています。

ですが、雉がいません。

雉は不死鳥であるマルコだと考えられていましたが、マルコは大看板であるキングと闘っています。

キングはこの先クイーンと共にサンジ、ゾロと闘う可能性もありますが、わざわざマルコが屋上にルフィを助けにいくとは考えにくいでしょう。

そのため、誰か他に雉にあたる人物がルフィ、ヤマト、モモの助のもとへかけつけ桃太郎の完成となるのではないでしょうか?

大将だった青雉は名前的にドンピシャですが唐突過ぎます。

SNS上では日和ではないかという噂もあります。

日和が前に着ていた着物に雉っぽいのがいたほか、赤鞘の侍を助けた10人目のシルエットとも合致します。

そのため日和に飛行能力がある、あるいはローに導かれて鬼ヶ島に潜入しているのでは、と勘繰られています。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|ヤマトが出会った侍たち

ヤマトは子供の頃に閉じ込められた洞窟内で、同じ様に閉じ込められていた霜月牛丸と出会っていた事がわかりました。

ですが洞窟内には霜月牛丸以外にも2人強い侍が閉じ込められていたようです。

その2人の侍の正体が気になります。

鈴後の大名だった霜月牛丸と一緒に閉じ込められ、カイドウが戦力にしたいと言っているぐらいなので、かなり強力な侍であるはずです。

さらにおでんのことを大好きだと言っていたため、ワノ国の内情もよく知っている感じがしました。

今後その侍が誰なのか明かされるときが楽しみですね。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|これからのモモの助の役割は?

ワンピース1023話でしのぶの能力で28歳となったモモの助ですが、大人の姿になった理由はルフィを鬼ヶ島へ届けるためでした。

そして、モモの助は無事ルフィを鬼ヶ島まで届けることに成功しています。

この先ルフィ、ヤマト、モモの助vsカイドウの3対1になる可能性もありますが、現時点ではモモの助の中身は子供のままです。

空を飛ぶことにも恐怖を感じ、上手く飛べていませんでしたよね。

身なりは大人になっていても、中身が子供なので戦闘能力も上がっているとは思えません。

ルフィを連れてくるというミッションは終わってしまったので、これからのモモの助の役割は闘うことではないでしょう。

もしくは、なんらかの覚醒がおこり誰にも出せない能力を発動するのでしょうか?

今後のモモの助の活躍が楽しみです!

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|花の都到着をモモの助が止める

大きな龍となったモモの助。

これだけ大きい龍なら鬼ヶ島の花の都到着を止められるのではないでしょうか?

逆にモモの助以外、花の都到着を止められる人はいません。

このまま花の都へ到着してしまえば戦力が半減していても、飛び六胞が全滅していても、カイドウの望み通りになってしまいます。

戦闘を終えた麦わらの海賊団たちも協力して、鬼ヶ島を止めてくれるでしょう。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|モモの助の中見は子供のまま?

28歳の姿となったモモの助は見た目は大人ですが、修行を積んだわけでもないし力は子供のままなのでしょうか。

それだと28歳になった理由が「ルフィを鬼ヶ島へ戻すため」だけになってしまいます。

ルフィはすでに2度カイドウに負けていて、ヤマトも負傷しているためカイドウを倒すにはモモの助の力が必要となるはず。

いくら覇王色の覇気が使えるモモの助でも力が変わらなかったらカイドウには勝てないでしょう。

モモの助はカイドウの血統因子から作られたベガパンク作の人造悪魔の実を食べた可能性があります。

本当にそうだった場合、モモの助もカイドウと同じように熱息(ホロブレス)が使えるなど、カイドウの技を使えるのではないでしょうか?

今後モモの助が繰り出す能力や技でカイドウに大ダメージを与えてくれることに期待です!

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|28歳のモモの助はおでんそっくり?

ワンピース1023話ではモモの助は人間の姿ではなくて巨大な龍の姿で登場。

しのぶが大号泣し、心の中で「その姿はまるで」と思っていました。

初めはハートの海賊団のクルーたちが騒いでいたように、カイドウそっくりだから悲しんでいるのかと思いました。

ただふとしのぶは恐怖で泣くタイプではなく、感動で泣くタイプではないかと思い直しました。

そのため28歳のモモの助がおでんに似ているから、泣いているのではないかと予想。

カン十郎のおでん偽物騒動はこれを隠すブラフだったのかもしれません。

おでんそっくりに成長したモモの助を見た赤鞘の侍たちの反応、考えただけでうるっときますね…。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|モモの助の大人化で心配な点

モモの助大人化で心配なのはモモの助が食べた(おそらくカイドウの血統因子を使ってつくった)人造悪魔の実が失敗作である点です。

天才であるDr.ベガパンクが失敗だと言ったのですが、何で失敗なのかは分かっていません。

今のところカイドウの龍の色が青でモモの助は赤っぽいくらいしか違いが分かりません。

大きくなったことで欠陥が表面化しないといいのですが…。

そういえばベガパンクはサンジの父やクイーンと一緒に血統因子の研究をしていたはず。

クイーンが失敗作の理由を知っている、ということもあるかもしれません。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|モモの助がカイドウを弱体化させる?

モモの助はルフィたちと出会って心身ともにすごく成長しています。

さらに天才Dr.ベガパンク製の人造悪魔の実を食べていて、その実はカイドウから抽出された血統因子が利用されているようです。

戦場でイレギュラーを起こすには十分なお膳立てです。

例えばモモの助が食べた人造悪魔の実はカイドウと連動していて、モモの助が強くなるほどカイドウが弱くなるなんてパターンもあるかもしれません。

人造悪魔の実の能力者が強くなれば自分は弱くなる、カイドウはそれを知っている、だから自分以外の武力を求めているのかも?

ワンピース1023話ではクイーンが少し引っかかることを言っていました。

クイーンは大看板でカイドウを「守る」と言ったのです。

カイドウは守る必要などないくらい強いはずです。

それなのに「守る」…これはカイドウにも弱点があることを表わしているのでは?

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|ゾロは霜月の末裔

ヒョウ五郎や河松がゾロの闘う姿を見て、霜月牛丸や霜月リューマのようだと感じていました。

やはりゾロは霜月家の末裔だったのでしょう。

ゾロはイーストブルーのシモツキ村出身です。

シモツキ村はワノ国を出た霜月家が作った村ではないでしょうか?

さらに霜月リューマはゾロと同じ片目の剣士でした。

今後ゾロは霜月牛丸や霜月リューマのように誰もが驚く大剣豪ぶりを大看板との闘いで発揮してくれるでしょう。

また、閉じている片目が開かれて覇気が使えるようになる可能性もあります。

ワンピース1024話で登場した牛丸らしき侍との関係性とこれからのゾロの活躍に注目です。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|リューマが隻眼になって得たもの

刀神霜月リューマもゾロと同じ隻眼でしたが、その共通点がもたらす意味とは何なのでしょうか。

霜月家の隻眼の剣士しか使えない秘伝の技があるとか?

「リューマ」は尾田先生がワンピースの前に書いた「モンスターズ」という読み切りに登場する主人公の剣士の名でもあります。

モンスターに登場するリューマは竜を真っ二つにするほどの剣豪。

ただ隻眼ではありませんでした。

これは暗に竜よりも強い敵と戦い、何かを得たことを示しているのかもしれません。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|ジャック、ペロスペロー敗北

ワンピース1023話でジャックはイヌアラシ、ペロスペローはネコマムシと闘っていますがイヌアラシもネコマムシもスーロン化しています。

ジャックは1度スーロン化したイヌアラシとネコマムシたちに負けていて、カイドウもイヌアラシたちが強すぎると言っていました。

ジャックは大看板と言ってもすでにボロボロです。

ペロスぺローもキャットとワンダに勝っているため戦闘能力は高いですが、万全ではないでしょう。

そのためジャックもペロスペローもスーロン化したイヌアラシ、ネコマムシに勝てる見込みはありません。

闘いは長引くこともなく決着もすぐでしょう。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|霧の雷ぞうの真価

みんなの憧れである「忍者」たちの忍術対決が描かれました。

天才忍者雷ぞうと互角に戦える福ロクジュ、どれほど強いのでしょう。

また、雷ぞうの異名は「霧の雷ぞう」ですが、霧の意味はまだよく分かっていません。

今後は万物を巻き取る「マキマキの実」と組み合わせた霧の技が出てくるのではないでしょうか。

あと雷ぞうが光月家を出ることになった失恋事件の真相も分かるのではとひそかに期待しています。

実はシノブに恋していたとか、あるいは失恋ではなくて忍として諜報活動する中で知ってはいけないことを知ったために追放されたとか、驚きの事実があったら面白いですよね。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|雷ぞうの失脚は福ロクジュが仕組んだ?

福ロクジュが雷ぞうのことを「いかに忍術に長けていようとも」と言っていました。

福ロクジュも雷ぞうの才能を認めているということです。

しかし福ロクジュには忍の美学があり、雷ぞうの感情を優先するところは許せない様子。

このやりとりから福ロクジュが雷ぞうの才能を妬んで失脚させたのかもしれないと思いました。

福ロクジュが雷ぞうの失恋相手の幻を出す、雷ぞうは引っかかりそうになるも霧の忍術で危機を脱する、といった展開もあるかも?

 

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|復活したルフィはかつてない大技を放つ?

カリブーがルフィに食料を提供してくれたり、ハートの海賊団やしのぶ、モモの助が助けてくれたおかげでルフィが鬼ヶ島に再上陸。

完全復活とはいかないまでも戦う力は戻ったようです。

カイドウとの再戦で期待されるのは、鬼ヶ島から落下する寸前に放とうとしていた技。

カイドウは白目をむいて落ちていくルフィに覇王色の操作がお粗末、「ゴムゴムの…何だって?」と言いました。

ルフィは何かの技を放とうとして力尽きたのでしょう。

直前まで目いっぱい覇王色をまとったせいで力尽きたとも考えられますが、覇王色の操作が難しいゴムゴムの技を使おうとしていた、という解釈もできます。

ローたちに勝つと宣言していた以上、勝算はあったのでしょう。

それがこの使おうとしていた技かもしれません。

ルフィは海に落下してなお意識を保っていました。

ということはカイドウとの再戦についても考える時間はあったはずです。

覇王色の纏い方のコツやギアを上げて挑むといった対処法はすでに浮かんでいるかもしれません。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|赤鞘の侍は今どこ?

城内に散らばった赤鞘の侍たちの現在地は以下の通りです。

  • アシュラ童子…偽おでんとともに爆発、生死不明
  • イヌアラシ…ジャックと交戦中にスーロン化
  • 雷ぞう…福ロクジュと交戦中
  • ネコマムシ…ペドロの仇ペロスペローと入り口で戦闘中にスーロン化
  • 菊之丞…偽おでんに胸を貫かれる、生死不明
  • 錦えもん…カイドウに胸あたりを刺される、生死不明
  • 河松…ライブフロアで戦闘中
  • イゾウ…ライブフロアでマルコと再会
  • 傳ジロー…どこかで走っている?

それぞれが命がけの戦いに身を投じているわけですが、サンジがライブフロアに到着したあたりから赤鞘の侍たちの姿が見えません。

主であるモモの助がルフィは生きているという放送を入れたときですらその姿は描かれていません。

特に傳ジローなんて結構前から見ていませんが1022話では無事のようです。

鬼ヶ島から離脱して先に花の都に向かっているとしてもおかしくありません。

カイドウの目的である赤い石板や古代兵器を抑える、またおでんのもう一人の子である日和保護のため尽力しているのではないでしょうか。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|ライブフロアの戦い

激化するライブフロアの戦いについて考察します。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|レイドスーツでサンジが強くなる

2度目のレイドスーツ着用で体に違和感を抱いていたサンジ。

サンジの兄弟は血統因子の操作により生まれつき戦闘能力が高めです。

ですがサンジは失敗作だから弱い、ジェルマでは出来損ないと言われていました。

サンジの血統因子操作は失敗ではなく、未だに発揮されていないだけという可能性もあります。

もし、失敗作ではなかったらどうでしょうか。

レイドスーツを着たことで今まで反応しなかったサンジの体の何かが、血統因子で操作された特別な能力を呼び覚まそうとしているのではないでしょうか?

今でも十分強いサンジですが、ジェルマの能力が加われば大看板なんてあっという間に倒してくれるでしょう。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|進化したフランキーが参戦?

ササキを倒したフランキーがライブフロアに近いことが判明。

このままいけばフランキーもライブフロアに来れそうです。

ワンピース1019話冒頭でサンジがクイーンのレーザー連射を見て、フランキーが欲しがりそうだと言っていました。

フランキーがクイーン戦に加わり、その技術力を習得するという展開もありそうです。

あるいは壊れたフランキー将軍の代わりにクイーンの体もしくはパーツの一部を奪い取って使う、なんてことができたら心強いですよね。

倒したばかりのササキの螺旋刀、あとはヘリケラトプスの羽(?)が流用できれば空を飛ぶこともできるはずです。

フランキーのことだから将軍を超えた何かを作ってくれるでしょう。

大将軍、神、それとも(ロビンに断られて)幻となったビッグ皇帝…はなさそうです。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|キングとゾロの炎分ソード対決?

猛者揃いの百獣海賊団の幹部序列の中でトップを張る大看板キングとクイーン。

彼らの相手はゾロとサンジになりそうです。

ただいくらゾロとサンジでもすんなり倒せない相手でしょう。

特にキングはここまでの戦いで見せ場が少なかったです。

ここから真価を発揮するのではないでしょうか。

マルコとの戦いではプテラノドンの姿でしたが、ゾロが相手となるため人獣型となって腰の刀を抜くのではないでしょうか。

またキングの異名に「火災」とつくため、ゾロとの「炎分ソード」対決も見られるかもしれません。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|MADSの話

サンジの父ジャッジも参加していた「MADS」の話がクイーンの口から聞けそうです。

クイーンは人体を強化する手段の一つとして自身の体のサイボーグ化を選んだのですね。

まさしくマッドサイエンティスト。

MADSは政府の関係機関のようですが、最終的に強くなった人類で何をしたかったのかが気になるところです。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|ベビジジーチョッパーの活躍

チョッパーがランブルボールの副作用でベビジジーチョッパーになってしまいました。

体は縮み、おじいさんのような話し方となりました。

ただ知識はそのままのようでゾロ回復をサポートできました。

ずっとこのままということにはならないと思いますが、少なくとも数時間はこのままだと予想します。

回復するまで後方支援となりそうですが、体の小ささを生かして戦線を離脱、花の都への伝言役となるということもあるかもしれません。

でも「ヨボヨチ」だから早く動けないか…。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|同盟を組んだローとキッドの戦い

お玉の号令でギフターズは大暴れしてくれましたが、ビッグマムと戦っているローたちのところは描かれませんでした。

彼らの戦いにギフターズが入り込む隙はないからでしょう。

どんな戦いになっているのか気になります。

ローが協力することにしたのは、屋上でのゼウス閉じ込め作戦が成功したからというのも大きいと思います。

ということで再びキッドが磁気で何かを作る、ローがそこにホーミーズやビッグマムの攻撃を誘導するという作戦はありそうです。

またローが「共闘」ではなく「同盟」と言ったのも気になります。

ローはキッドの力だけでなくキッドの仲間の力も借りようとしているのかもしれません。

今、ハートの海賊団がルフィを救助していて、モモの助たちも鬼ヶ島から出ています。

そのことをローが知った場合、ルフィたちを前線に戻すために手を回すでしょう。

そこでキッド海賊団の力を借りたいのかもしれません。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|ジキジキの実とヘラの相性は悪い?

キッドの悪魔の実はワンピース99巻SBSで「ジキジキの実」だと判明しました。

作者の尾田先生いわくどこかでちゃんと言わなきゃという記載もあったため、ジキジキの実の能力者であるキッドが活躍する展開も近そうです。

現在、ビッグマムと対峙しているキッド。

ビッグマムがホーミーズを使う戦いをするのならキッドの方が有利ではないかと考えます。

ヘラはいくら強いとは言っても生まれたばかり。

対してキッドは海千山千の海賊です。

となるとヘラの雷撃を受けても磁力を強くするのに転用したり、金属で電気を受け流すといった対応を取り、経験の差が出るといった展開になるのではないでしょうか。

また屋上にも大量の金属を持っていっていたキッドですが、城内の方が金属量は多そうです。

この事実もキッド有利に働くのではないでしょうか。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|カイドウのワノ国だから居座る発言

ヤマトはカイドウと対峙して、カイドウをワノ国から追い出すと言いました。

するとカイドウは「ここがワノ国だから居座ってんだよ!!!」と返し、ワノ国の重要性を強調しました。

さらにヤマトにワノ国の将軍になれと言っていることから、カイドウが古代兵器を手に入れ、ワンピースを獲りに行っている間にもワノ国でやるべきことがありそうです。

カイドウほどの強さを持っていても古代兵器が欲しいというのも謎です。

どれほど大きな敵が控えているのでしょうか。

カイドウとヤマトの最強親子バトルの行方も気になるところですが、もう少し詳しく教えてほしいところですね。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|ヤマトが麦わらの一味10人目になる?

ヤマトがカイドウに「僕はルフィと一緒に海へ出る!!!」と言いました。

これはヤマトが麦わらの一味に入りたいという意味に取っていいでしょうか。

ヤマトはおでんの日誌を読んでいます。

そこで色々なことを知っているらしいのでワノ国開国後にやるべきことが見えていて、それにルフィが必要と考えているとも取れます。

一時的に仲間に入るというパターンもありそうです。

ヤマトは強いし性根が真っすぐで見た目も可愛らしいし、ぜひ仲間になってほしいところですが、ルフィはどう考えるでしょうか。

ルフィの仲間は強く、唯一無二の特性を持ち、イイ奴らばかりですが、ルフィは腕っぷしや特技、性格を理由に仲間にするわけではないようです。

条件というよりフィーリングで選んでいると考えます。

ロビンが仲間になったときとか、古くはガイモン(3巻登場)を仲間に誘ったときとかそう感じました。

ルフィは冒険に出た際、仲間は「10人は欲しいなァ!!」と言っていました。

もしヤマトが仲間になれば記念すべき10人目ですね!

またヤマトはワンピース100巻の表紙にも参加しました、他の表紙にいるメンバーはルフィ、エース、ゾロ、サンジと主要人物ばかり。

これは仲間になる伏線かもしれません。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|ワノ国編佳境での活躍が期待されるキャラクターとは

現在、ワンピースワノ国編は大変盛り上がっていますが、カイドウやビッグマムといった強敵以外は満身創痍です。

みんながみんな自分にできることを必死でこなしています。

ただ全員の活躍が描かれているかというとそうでもないです。

例えば赤鞘の侍たちを宝物殿で手当てした謎の人物。

まだ姿を見せてくれません。

あとはおでんの子・日和、刀鍛冶の天狗山飛徹、カリブーといった活躍しそうな面々もまだ動いていません。

ただ天狗山飛徹は動き始めている気がします。

ワケあって町には行けないはずなのにワンピース1016話ではおトコの手を引き、お祭りを見に来ていました。

鬼ヶ島が花の都にやってきてから何かするのかもしれませんよね。

天狗山飛徹とおでんの父・光月スキヤキはアニメでは声優が同じなため、同一人物ではないかと噂されています。

確かにスキヤキの死は明確に描かれたわけではなく、いつのまにか黒炭ひぐらしにとって代わられたという感じです。

ついにその真相が明らかになるかもしれません。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|発表済みの100巻記念企画

ワンピース連載24周年、ワンピース100巻企画が発表されています。

  • JAXAとの共同プロジェクト
  • 表紙の裏ページ:「ウォーリーをさがせ!inワンピース」
  • ワンピース1巻から90巻までの無料公開(第1部は7/19~8/1、第2部は8/2~8/15、第3部は8/16~9/2までで、ゼブラックとジャンププラスにて公開)
  • 最悪の世代3人の声優(ルフィ役の田中真弓さん、ロー役の神谷浩史さん、キッド役の浪川大輔さん)のインタビュー掲載
  • 食戟のサンジ掲載
  • ナレッジキング開催情報
  • MONSTERSボイスコミック化のお知らせ
  • 「大海賊百景」人気投票上位50位+αキャラを尾田先生が描きおろす
  • 蜷川実花監督が記念映像作品を配信
  • ニセコイの作者・古味直志さんがワンピース216話「ビビの冒険」を描く
  • トレジャークルーズのイベント開催
  • ファンアートコンテスト開催
  • 缶コーヒーWANDAのコラボ缶
  • ワンピース学園が本誌に出張「ローくんの秘密」

OP巻百記念はまだまだあるそうです。

詳細はOP.comでも順次発表されるようなので要チェックですね。

ワンピース100巻企画楽しみです!

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|ワンピースを読んだ感想や予想ツイート

ワンピース1025話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ワンピースネタバレ1026話以降の考察

ワンピース1026話以降、あるいはワノ国編のあとに明らかになりそうな事柄について考察します。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|牛丸は緑牛?

ワンピース1024話のヤマトの回想シーンで登場した鈴後の大名、霜月牛丸。

その牛丸が海軍大将の緑牛の可能性があります。

緑牛はシルエットでは登場していますが、まだ完全に姿を現していません。

牛丸と緑牛の共通点は、ご飯を食べずに生きていけることです。

牛丸は洞窟の中で侍はお腹がすかないと言っており、緑牛は3年ご飯を食べていないと言っていました。

また牛丸とゾロに血縁関係があるならば、牛丸の髪も緑の可能性があります。

このことから緑牛と言う名前は、髪色の緑に牛丸の牛で緑牛なのではないでしょうか?

牛丸は洞窟を出た後おそらくカイドウを襲撃しにいったと思われますが、その後どうなったのか描かれていません。

牛丸も緑牛もはっきりとした姿で描かれていないので、2人が同一人物である可能性は高めです。

1025話で東大寺大仏殿の焼き討ちのあの時の侍たちたちは死んだと明言してはいますが、できれば生存していてほしいですよね。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|双龍図にルフィとヤマトも入る?

ワンピース1025話タイトルともなった「双龍図」。

これは京都の建仁寺の天井に描かれた二匹の龍を描いた絵のタイトルでもあります。

龍となったカイドウとモモの助が対峙するシーンを指しているのでしょう。

また、ルフィとヤマトが同時に蛇の名前が入った技を使ったこともこのタイトルに関係しているのではと思いました。

日本では蛇と龍の境目があいまいだったり、蛇が天に昇って龍になったという伝説が存在したりもするそうです。

ルフィとヤマトは現在は蛇、しかしこの戦いで進化して二匹の龍に化けるということを匂わせたのかもしれません。

ルフィの大技は動物の名が入っていることが多く、今度はさらなる大技を放つことが予想されます。

大技になるほど強い動物の名前が入るのなら、神獣の名が入ってきてもおかしくありません。

「ゴムゴムのドラゴン○○」もありえるかも…?

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|CP0来島目的はフーズフー逮捕だけでない?

オロチに招かれたCP0はフーズフーのことを知っていました。

鬼ヶ島に来た目的はフーズフーだけではないでしょうが、本物かどうか確かめ、本人だったら倒すために複数人で来たのかもしれません。

正体を隠していたフーズフーのことがなぜバレたのかというところも気になります。

ドレークが密告したのか、それとも他にも政府側の人間が隠れているのか…。

今のところ海賊たちの潰し合いを望んでいて静観しています。

ただカイドウの血統因子からつくられた人工悪魔の実のことがモモの助龍ver.を見たことでバレたかもしれません。

彼らが動き出すことも考えておいた方がいいのかもしれません。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|キングはルナーリア族?

マルコが大看板のトップ「火災のキング」の素性について推察。

レッドラインにいたとされる火を生み出して操れる種族ではないかということです。

ワンピース951話でビッグマムが自分の国にいない3種族の内の1つだからとキングを欲しがっていましたね。

確かにキングは火を自在に操っていますが、悪魔の実は「リュウリュウの実 古代種・プテラノドン」。

火とは関係ありません。

種族由来の火だったのですね。

さらによく見ると、キングのような黒い翼って珍しいです。

つい最近ロビンが「悪魔咲き」で見せたような翼、コウモリの羽のような翼は作中でも度々登場します。

ただキングのような天使の翼を黒くしたような翼は見かけません。

同族は滅ぼされてしまったのでしょうか、それとも自然淘汰?

キングは「拷問好き」であると言われています。

この残虐性も種族由来なのでしょうか、それとも種族がいなくなったことに関わりがあるのでしょうか。

また、マルコは「火災」と「キング」の両方を強調して言いました。

これはキングがその種族の王だったのではないかという意味も含んでいるのかもしれません。

ワンピース1023話では「ルナーリア族」という単語に反応しました。

これもキングと関りがあるのでしょうか。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|白ひげの知る神の国

マルコの回想とクイーンが口にした種族からレッドラインにかつて存在した国、滅びた種族があることが分かりました。

キングがその滅びた種族「ルナーリア族」で彼らは神の国に住んでいたということでいいのでしょうか。

ルナーリア…ルナは月、リアは背後と訳せます。

月の後ろ、それとも月に隠れた太陽を意味するとか?

謎が謎を呼びますね!

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|レッドラインの秘密も分かる?

マルコはキングの同類らしき種族が赤い壁の上に住んでいたと言いました。

赤い壁というのはレッドラインのことでしょう。

グランドラインと直角になっている世界を一周する壁、レッドライン。

世界を分断するこの不自然な壁の上に住んでいるということは何か特別な種族、例えば世界の秘密を知るような種族なのかもしれません。

レッドラインとは超えてはいけない一線とも取れます。

ただ「ライン」は道という意味もあります。

そのため「赤い壁の上」とは「レッドラインの延長線上」のことで、その先にはマリージョアだけでなく未知の世界があり、キングはそこから来たとも考えられないでしょうか。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|うるティとページワンはまだ動ける?

ワンピース1022話では、飛び六胞が全滅したと明記されていました。

倒れた場所と倒れた飛び六胞たちの姿も描かれています。

ただうるティとページワンが倒れている絵はありませんでした。

二人は頑丈なことが分かっています。

倒されたけど復活し、どこかのタイミングで最後のあがきをするという展開もあるかもしれません。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|革命軍の動きが描かれる?

ワンピース1021話では久しぶりにサボの姿が見られました。

今回は回想シーンでしたが、本編での登場も近いのではないでしょうか。

世界会議レヴェリーでサボたち革命軍が動き、誰かが死亡しました。

その際サボが行方不明となったのでサボが死んだのではないかと噂されています。

しかし死亡した場合ビブルカードで分かるはずで、そのことについて作中で触れられていないことから生存の可能性は高いと考えます。

サボがビブルカードを作っているかどうかも分かっていませんが、ルフィのビブルカードをあっという間に作ったサボなら自分のだって持っていると考えるのが自然です。

そんなわけで近々サボ生存の情報が入ってくるのではないかと考えます。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|鬼ヶ島の城が燃えおちる?

ブラックマリアは城が燃えようが構わないという感じで火を放っていました。

カイドウに心酔していて事情通なブラックマリアがそんな感じなのかとちょっと違和感がありました。

さらにカン十郎も爆弾を使っていたし、「火災」のキングも戦います。

あっけなく倒されたオロチも城内に火をつけて回っていました。

オロチが何度も復活できる人物ならば再び火をつけるでしょう。

以上のことから今後城は燃えおちるのではないかと考えました。

火祭りが行われている花の都に燃える城が落下する、とんでもない大惨事になりそうです。

ただ地面に大穴を開け、地中深くに隠されたポーネグリフや古代兵器、遺跡などを発見するという意図がある可能性もありますよね。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|カリブーの「あの人」はルフィ応援中?

ワンピース1020話ではカリブーが再登場して驚きました。

物陰からルフィを見つめ、ルフィが勝たないとワノ国を出られない、しっかりしろと考えていました。

カリブーが気に入られたい「あの人」はルフィを応援しているということでしょうか。

「あの人」については黒ひげ説が有力(カリブーはゾオン系をあなどった発言をしていたため)だと思っていましたが、ルフィを応援すると何か利点があるのでしょうか。

他にルフィを応援しそうな大物としてはシャンクスが浮かびますが…接点あるでしょうか。

カリブーは中々活躍の機会はありませんが懸賞金は億超えているし、本当に強いヤツのはずです。

シーザーのように何だかんだ麦わらの一味を助ける展開になってくれると面白いですよね。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|ロビンは竜爪剣もマスターしている?

ブラックマリアと戦う中、ロビンは革命軍で過ごした日々を思い出していました。

そこで会得した魚人空手が対ブラックマリア戦の勝利の鍵となりました。

ロビンは「じゃあちょっとだけ…教えてくれる?てのひら」と言って、少しだけ教えてもらおうとしていました。

ただその後、コアラが魚人空手の奥義まで教えている描写がありました。

「ちょっと」では終わらなかったのでしょう。

サボが教えようとしていた「竜爪拳」も会得しているのではないでしょうか。

あのときのサボの手が竜爪拳の技の一つ「竜の鉤爪」の形でした。

あの技をマスターすると人の頭は卵のように簡単に砕けてしまうそうです。

もしロビンが悪魔咲きの状態でやったらとんでもない破壊力になるでしょう。

そのあとで「核」の見極めについても言及していましたので、核が重要となる「竜の息吹」も教わっているかもしれません。

「竜爪拳」には竜の字が入っています。

そのため竜爪拳はルフィのお父さんで革命軍総司令官のモンキー・D・ドラゴンがサボに教えたものではないかと噂されています。

ドラゴン秘伝の技の数々、ロビン版でも見てみたいですね!

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|ゴムゴムの実は特別?

悪魔の実は特別な力をもたらす危険なものです。

政府がCP9を使って悪魔の実を護送するのは自然なことに思えます。

しかしルフィの食べた「ゴムゴムの実」が他の実よりも特別な実だったからこそ、護送中に奪われたフーズフーが厳罰を受けたという可能性もあります。

「護送」というワードも気になります。

護りながら運ぶということは誰かに狙われる可能性があるということ。

その危険性がゴムゴムの実にあることになります。

例えば前持ち主がロジャーやジョイボーイといった政府にとって都合の悪い相手だったりとか、全ての悪魔の実に干渉できる伝説の実だったりするのかもしれません。

覚醒すると別の力を発揮するということも考えられます。

例えば周囲の物質や事象をもゴム化させることができたら…とんでもない力ですよね。

あるいはゴムゴムの実の能力者じゃないと立ち入れないライジン島のようなところがあり、そこがワンピース入手に深く関りがあるということも考えられます。

そういった特別な実だった場合、今後フーズフーの口からどう特別なのかが明かされるかもしれません(何も知らないからこそ投獄で済んだということもありえますが…)。

ルフィの強さに大きく関わるゴムゴムの実、最も特別な実だったとしてもおかしくはないでしょう。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|伝説の戦士ニカとは?

ワンピース1018話では奴隷たちを救うと言われている伝説の戦士「太陽の神ニカ」の存在が判明。

フーズフーが言っていたとおりニカの話をして看守が消されたのであれば、ニカはかなり重要な人物と言えます。

「D」の一族同様、世界の秘密に繋がる存在なのかもしれません。

ネット上ではギリシャ神話に登場する勝利の女神ニケがモデルで、ニカになったのは人を「ニカッ」と笑顔にするからではないかと噂されています。

宴をしているときのルフィとニカのシルエットが似ていることを踏まえると、ルフィとの繋がりを示唆しているとも取れます。

また、ワンピースにはこれまで太陽の神や太陽にまつわるキーワード、絵などが多数出てきました。

シャンドラには太陽の神、魚人島の悲願はタイヨウの下、エルバフの祭は「太陽の死と復活」、アラバスタの国旗に光月家の家紋、黒ひげの太陽と闇発言、廃墟にしかない太陽十字など…。

政府の手が届きにくい空島やアラバスタなどには残っていて、他の人々のところに残っているのは形を変えたもの、あとは廃墟や伝承などからも痕跡を辿れるという感じですね。

政府が存在を知ることすら禁じている信仰、しかし根強く残っていると分かります。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|ジンベエの抱える秘密

ワンピース1018話では太陽の神ニケのインパクトが強かったですが、ジンベエにも色々と注目すべき点があったように思えます。

怒りと強さに分けてみていきます。

まずジンベエがフーズフーに激怒したきっかけは魚人差別や魚人の歴史についてフーズフーが軽々しく口にしたからです。

正しいセリフは「タイヨウの海賊団には元奴隷がいたと聞く!!魚人の歴史は奴隷の歴史だろ!!?」です。

「タイヨウ」というワードに引っかかったとも取れますね。

さらに「おのれに話す事は何もありゃせん!!」という発言は、「フーズフーには」話さないという意味であって、何も知らないというわけではないとも考えられます。

奴隷解放の英雄として知られる「フィッシャー・タイガー」とも深く繋がりがあるジンベエは、太陽の神ニカについても本当は何かを知っているかもしれません。

次に強さです。

CP0たちがジンベエの強さについて言及していました。

CP9の有望株だったはずのフーズフーがジンベエと戦うと分かった際「相手はあの…ジンベエだ」と言い、フーズフーが生き延びれるかどうかすら疑問視していました。

ジンベエへの警戒感がすごいです。

さらにジンベエがフーズフーに攻撃する際、黒い稲妻のようなものを発していました。

それから「魚人空手奥義 鬼瓦正拳」はフーズフーの眼前で拳を止めて発動しました。

この描写、覇王色に見えます。

ジンベエは前から覇気を使えたようですが、覇王色を使ったことはなかったように思えます。

強い想いによって覇王色まで会得したのでしょうか。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|麦わらの帽子は太陽の象徴?

ワンピース1017話ではルフィの食べたゴムゴムの実にスポットが当たり、再注目されました。

さらにはワンピース1018話では「麦わらの帽子」というワードも出てきました。

フーズフーは「ゴムゴムの実」と「麦わらの帽子」を受け継いだから恨みの矛先をルフィに向けると言っています。

麦わらの帽子はシャンクスがかぶる前は海賊王ロジャーのものでした。

ロジャーがレイリーを海賊に誘うときにはもう被っていました(ワンピース61巻603話)

フーズフーはそれを知っているのでしょうか。

ルフィの前はシャンクス、シャンクスの前はロジャー、もしかしてその前に被っていた人物も大物なのでしょうか。

世界貴族の住む聖地マリージョアにも麦わら帽子が保管されています。

これらの事実から麦わら帽子が何か重要な意味を持っているのは間違いないでしょう。

そして今回麦わら帽子とともに太陽の神の話がでました。

麦わら帽子を上から見れば太陽にも見えます。

伝説の戦士は麦わら帽子をかぶっていた、麦わら帽子が太陽に見えたから「太陽の神」と呼ばれた、なんてこともありえるのではないでしょうか。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|麦わらの帽子は太陽の敵?

麦わら帽子の用途は太陽光を防ぐものです。

そこを考えると麦わら帽子は太陽への反発とも取れます。

だからこそ太陽の神を認めていない(と思われる)聖地マリージョアに反太陽神の象徴として麦わら帽子が保管されているのかもしれません。

フーズフーは投獄中に太陽の神ニカを信仰するようになったそうなので「麦わら帽子」が太陽の敵なのだとしたら厭う道理があることになりますよね。

反太陽神の象徴だとすると事態はかなり複雑になってしまいそう。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話考察|帽子を預けたシャンクスはワンピースを狙っていない?

ワンピース1話のシャンクスがルフィに帽子を託す名シーン。

シャンクスは「この帽子をお前に預ける」と言ってルフィに帽子をかぶせ、立派な海賊になって返しにこいとつづけました。

これはルフィ少年へのエールであり、帽子はあげてもいいけど、約束を作ることで再会に至るかもしれないという可能性に賭けたといったニュアンスで受け取っていました。

ただこの帽子は元々ロジャーのものであり、聖地にあったり、1018話のフーズフーの発言からも重要性が窺えます。

そんな帽子をルフィに預けたのは何故でしょうか。

フーシャ村に滞在した期間は1年以上とのことですが、その間にルフィには帽子を預けるだけの見込みがあると思ったのでしょうか。

また、シャンクスがロジャーの船に乗っていた頃、最後の島に行く直前で熱を出したバギーの看病を買ってでていました。

さらに「行くんだったらおれ達はいつか自分の船で行くよ!!」と言っています。

この発言、若干消極的な言い方に聞こえます。

そしてラフテルに行ったロジャーに何かを聞いたら泣いていたとされています。

これらの事実からワンピース入手には麦わら帽子が必要だった、しかし帽子がなかったからお宝は手に入らなかったという可能性が浮かびます。

あるいはシャンクスはワンピースにそこまで執着しておらず、目的は別にあるとも考えられるのではないでしょうか。

ルフィの恩人であり、四皇であり、五老星に特別扱いされるほど重要な人物シャンクス。

彼が何を考えているのか1000話を超えても分からない…早く知りたいですね!

 

ワンピースネタバレ最新話1026話確定速報

ワンピース1026話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話確定速報|発売日はいつで次回は休載?

ワンピース1026話は9月27日(月)発売の週刊少年ジャンプ43号に掲載されます。

その次のワンピース1027話は休載ではなく、10月4日発売のジャンプに掲載されるようです。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話確定速報|天王山

ワンピース1026話のタイトルは「天王山」です。

天王山は勝負の分かれ目を意味します。

鬼ヶ島(天王山)の戦いの戦いを制した者が海賊王(天下)に近付くといったことでしょう。

つまり戦いは佳境、最終局面ということですね。

表紙はナミ。

「オートクチュールナミ」を営むナミがライオンっぽいミンク族の子にTシャツを作っているところ。

デザインはベルメールさんがナミのためにひまわりをアレンジして作ったライオンひまわり。

懐かしい、かわいい…!

 

ワンピースネタバレ最新話1026話確定速報|花の都

冒頭は火祭りで賑わっている花の都から。

飛徹がおトコに楽しいかと尋ねると、おトコは肯定。

ただ飛徹の頭には鬼ヶ島に向かったお玉のことがあります。

お玉はいてもたってもいられないと言って海に出て、スピードはお玉を守ると請け負い一緒に旅立っていました。

飛徹は今、お玉は無事だろうかと思います。

鬼ヶ島の花の都到着まで時間がありませんが、花の都上空は曇っています。

花の都の人々が鬼ヶ島の接近に気付いている様子はありません。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話確定速報|メアリーズの報告

バオファンが鬼ヶ島中に屋上の状況を説明。

屋上には負傷したヤマト、カイドウ、謎の桃色の龍がいて、ルフィはその桃色の龍に乗っていると言います。

ヤマトはモモの助が大人化する前に言ったことを思い出しています。

モモの助はカイドウのように大きくなれたらみんなの役に立つのにと言っていました。

一方、クイーンはメアリーズの報告を聞き、カイドウを止めていたのはヤマトだったのかと言いました。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話確定速報|カイドウvsルフィ、モモの助

モモの助に向かって熱息(ボロブレス)を繰り出そうとするカイドウ。

ルフィはモモの助も何か吐けと言いますが、モモの助は何をだ、ムリだと慌てます。

かろうじて熱息を避けたモモの助は、戦いをしにきたわけではないと言います。

ルフィはモモの助に何かを言ったあと飛び上がり、象銃(エレファントガン)でカイドウを攻撃!

 

ワンピースネタバレ最新話1026話確定速報|モモの助の攻撃

モモの助がルフィから言われたのは、カイドウを噛めということでした。

初めは無理だと思います。

ですが、おでんが死んで屋敷をつぶしにやってきたカイドウを思い出したモモの助。

勢いよくカイドウへ噛みつきました。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話確定速報|モモの助のこれまでの想い

噛みつかれたカイドウは驚き、モモの助を睨みつけて何をすると怒鳴ります。

ただモモの助は睨み返し、噛みつくのを止めません。

カイドウがワノ国をめちゃくちゃにしたこと、父のこと、母のことを想い、より強く噛みつきます。

ヤマトも加勢しようとします。

ただルフィの方が早くカイドウの傍に行って攻撃、そのあとでモモの助をそうだと褒めました。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話確定速報|解かれたスーロン化

2階の宝物殿付近ではイヌアラシのスーロン化が解けていました。

激しく消耗しています。

ただジャックも消耗していて、あと一撃くらっていれば負けていたと言います。

そのころ、ネコマムシも同じ状況でした。

ネコマムシと闘っているペロスペローは、ネコマムシの運が悪いのではなく自分の運が強すぎたと言っています。

キャロットとワンダはネコマムシを心配します。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話確定速報|行け!

メアリーズの拡声器によってルフィの声が城中に響きます。

ルフィが「モモ」と呼んだ声は鬼ヶ島中に放送されていて、鬼ヶ島中が龍の正体がモモの助であり、ルフィが戻ってきていることを知ります。

ルフィは四皇の一人に噛みついてもまだ怖いものがあるのかと問います。

モモの助はないと答え、ルフィの「行け」という声を聞いて飛び立ちます。

ルフィは鬼ヶ島を止めろと叫びました。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話確定速報|ルフィが勝利を約束

ライブフロアにいるゾロとサンジは背中合わせで戦っています。

さっきのはモモの助なのか、まさかと会話をしています。

ルフィはさらにカイドウは任せろ、必ず勝つと宣言しました。

その言葉を聞いた麦わらの一味、侍たちは歓喜。

ビッグマムも笑っています。

キッドやローに対して、聞いたか、面白い男だと言います。

キッドは当然の話だと返し、ローは「どこで何してやがった」と言いました。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話確定速報|覇王色の覇気激突

カイドウは人獣型に変わり、ルフィと対峙。

ルフィに向かって、まだ倒せる可能性があると思っているのかと問います。

するとルフィは生きている限り無限にあると返します。

カイドウは金棒を振るおうとし、ルフィも拳を振りかざします。

両者ともに覇王色の覇気をまとった攻撃です。

黒い稲妻を帯びたその攻撃は直接触れることなく激突、すさまじい衝撃波によって空が二つに割れました。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話確定速報|満月の下

イヌアラシとネコマムシが再びスーロン化。

ジャックとペロスペローは驚いて空を見上げます。

空が割れたことで雲は晴れ、頭上には満月が輝いています。

イヌアラシは何も言うなと言い、ネコマムシは今の運はどっちにあると尋ねます。

それから二人は「おでん一刀流」を言い、最後の攻撃を放とうとします。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話確定速報|ペロスペローとジャック敗北

ネコマムシが右手で殴り飛ばす技「猫笑衝突(ネコニコバーン)」をさく裂させます。

それはペロスペローに直撃、帽子とキャンディーの腕を破壊。

一方、イヌアラシは「犬斬威矢(イヌスパイヤー)」を放ちます。

鋭い槍のような蹴りがジャックの腹を貫きました。

ビッグマム海賊団の長男ペロスペロー、百獣海賊団の大看板旱害のジャック…敗北!

 

ワンピースネタバレ最新話1026話確定速報|オロチ再び

ジャックとイヌアラシが戦っていた場所の近く。

影に潜み、彼らの闘いを見つめる一人の男がいました。

オロチです。

オロチはジャックが負けたことに驚きつつも、自分には関係のないことだと思いました。

ここでワンピース1026話は終了、次週は休載なしです。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話感想考察

ワンピース1026話では、侍たちの反撃が最高な回でした。

屋上のモモの助は勇気を出してカイドウに噛みつき、階下で戦うイヌアラシとネコマムシは会心の一撃で大看板と四皇の長男を撃破。

ルフィの覇王色の覇気をまとった攻撃とモモの助を鼓舞するシーンもかっこよかったです。

覇気がぶつかって空を割るところ、すごい迫力でした。

アニメで見るのも楽しみです。

心配なのは影からオロチがのぞいていたところ…。

ジャックがやられてもどうでもいい発言から、オロチには何か目的がある感じです。

鬼ヶ島に火をつけて回ったことも錯乱ではなく何か別のことから目を逸らせようとする行動だったのかもしれません。

それにしても四皇や新世代たちの戦いでも構わず首を突っ込みつづけるその復讐心、執着心はある意味すごいですね。

これ以外の感想考察、展開予想についても見ていきましょう。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話感想考察|覇気から分かるルフィのパワーアップ

ワンピース1026話でカイドウとルフィは天が割れるほどの覇気をぶつけ合いました。

覇王色の覇気が使える人物は何人か登場していますが、これまでに天を割る程の覇気をぶつけ合ったのはシャンクスと白ひげ、ビッグマムとカイドウ、ロジャーと白ひげのみです。

覇王色が使える中でもかなり強い人物たちのみが天を割る程の覇気を出しています。

ルフィも今までカタクリやドフラミンゴなどと覇気をぶつけ合ってきましたが、天が割れる事はありませんでした。

さらに、初めて鬼ヶ島へ上陸しカイドウと覇気をぶつけた時は、カイドウと互角の覇気を出しているように見えましたが、天が割れたわけではありません。

その時ルフィは全力でもカイドウは全力ではなかったはずですが、1026話では何度も立ち向かってくるルフィにカイドウも本気を出しているはず。

このことから、ルフィは2度カイドウに敗れ覇気をパワーアップさせているのが分かります。

元々覇王色の覇気を使え、素質があったルフィ。

カイドウと何度も闘うことで確実に戦闘中に力をつけ四皇と互角の覇気使いとなっています。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話感想考察|オロチは次斬られれば死ぬ

赤鞘の侍たちに首を斬られ、死んだと思われていたオロチでしたがやはり生きていました。

オロチは八岐大蛇の能力者で首が八つあります。

1つはカイドウによって斬られ、6つは赤鞘たちに斬られたのでオロチに頭は残り1つのはずです。

これまでは何度斬られても生きていましたが、最後の1つを斬られてしまうと本当に死んでしまうでしょう。

すでに後がないので、今後オロチは慎重に行動すると考えられます。

ですが、最後はモモの助または日和に倒されるのではないでしょうか?

そのときに使う刀はやはり天羽々斬だと考えます。

おでんの愛刀二本の内の一本で、日本神話ではヤマタノオロチを倒したという逸話もあります。

オロチを討ち取るにふさわしい刀でしょう。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話感想考察|ルフィとカイドウの一騎打ち再び

屋上には現在カイドウ、ルフィ、モモの助、ヤマトがいます。

モモの助は鬼ヶ島を止めに行くようなので、残るのはカイドウとルフィとヤマト。

このままヤマトとルフィが協力して、二人でカイドウを倒す可能性もありますが、ルフィは一騎打ちの方が全力を出せるはずです。

さらに、ヤマトはすでにボロボロでこれ以上戦える力も残っていなさそうです。

そのため、屋上での決戦は再びルフィとカイドウの一騎打ちとなるのではないでしょうか。

ヤマトが戦線離脱したあとはモモの助と共に行動するかもしれません。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話感想考察|ビッグマム海賊団の現在は?

ビッグマム海賊団はワノ国へ入る時に何度も滝から落とされ、ビッグマムとペロスペローのみ鬼ヶ島へ上陸しています。

その他のビッグマム海賊団のメンバーは現在どうなっているのか全く分かっていません。

鬼ヶ島の闘いも終盤を迎えてきているので、そろそろビッグマム海賊団が登場するのではないでしょうか?

鬼ヶ島内にビッグマム海賊団がいるとは考えられないので、花の都に到着しているかもうすぐ到着する可能性があります。

百獣海賊団と手を組んだ以上、ビッグマムとペロスペローしか協力しないとは考えにくいです。

闘いに参戦しないにしても援護といった形で協力することもありそうです。

ビッグマム海賊団がきっかけでルフィたちにはマイナスな出来事が起こる可能性もあるかもしれませんね。

 

ワンピースネタバレ最新話1026話確定速報まとめ

ワンピース1025話では、ルフィに喝を入れられ目を閉じて飛ぶモモの助。

鬼ヶ島のあらゆるところにぶつかりながら鬼ヶ島の屋上に到着。

ルフィはギア4スネークマンで大蛇砲を繰り出し、ヤマトと白蛇という技を出しました。

最新話速報としてワンピース1026話のネタバレを紹介してきました。

ワンピース1026話では、花の都が火祭りで大盛り上がりの中、鬼ヶ島の屋上ではルフィとモモの助がカイドウへ立ち向かっていました。

恐がっていたモモの助はカイドウに噛みつき、ルフィはモモの助に鬼ヶ島を止めるよう伝え、鬼ヶ島中がモモの助とルフィの活躍に期待しています。

一度スーロン化が解かれたイヌアラシとネコマムシでしたが、再び現れた月を見てスーロン化が復活しジャックとペロスペローを撃破。

ただジャックが敗れた様子をオロチがそっと見ていました。

今後のワンピースの展開も気になりますね。

以上「【ワンピースネタバレ最新話1026話】何も恐れないモモの助!」と題してお届けしました。

\ワンピースアニメも無料でイッキ見!/