ワンピース

【ワンピース1041話ネタバレ】日和ついに正体を明かす!

【ワンピース1041話ネタバレ】日和ついに正体を明かす!
Pocket
LINEで送る

2022年2月28日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース1041話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

ワンピース1040話では、ビッグマムがローとキッドによって崩れた床から下へ落とされます。

武器庫まで落ちたビッグマムは爆弾の一つを爆破させて火前坊を弱らせ、開いた穴からさらに落下。

ロジャーに向けてワンピースとは何か、どこにあるのか教えろと言い、キッドとローにこれしきでは死なないと言ったあと、ローたちが開けたワノ国の穴に落下、大爆発。

キッドとローの勝利が確定しました。

そしてモモの助がヤマトに、ジョイボーイの仲間であるズニーシャが近くにいると伝えました。

ワンピース1041話では、カイドウと闘うルフィがついに最後にして最強の新技を仕掛けます。

さらにモモの助がおでんの日誌に書かれたラフテルについて語り、小紫(日和)はついにオロチに真実を告げます。

そしてイゾウは退けられ、CP-0にはある命令が下ります。

世界トップクラスの戦いの行方とは…!?

今回は「【ワンピース1041話ネタバレ】日和、ついに正体を明かす!」と題してお届けします。

>>ワンピースの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

目次

ワンピース1041話ネタバレ考察

今後のワンピースはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ワンピース最新話1040話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

ワンピース1041話ネタバレ考察|ヤマトはおでんの日誌で全て知っている?

モモの助はヤマトにズニーシャについて話をしていました。

ヤマトはそれを聞いて、おでんの日誌に書いてあったと発言。

おでんの日誌にズニーシャとジョイボーイの関係について直接書かれていたのかは不明ですが、関連していることは書かれていたはずです。

おでんが日誌を書いていたとき、空白の100年やDの一族、古代兵器について全て知ったと考えていたので(ワンピース96巻967話)。

ヤマトとモモの助はこの日誌を読んでいるため、ズニーシャの目的やジョイボーイに関わる何かをすでに知っていると考えられます。

さらにモモの助はズニーシャと交信したため何でここに来たのかは分かったでしょう。

歩くことしか許されていないズニーシャが交信してきたということは再び命令を求めているのかもしれません。

ただモモの助は今動けません。

ヤマトに声を掛け、ズニーシャとジョイボーイの関係を話したということは、ヤマトに何かやってもらいたいことがあり、そこにジョイボーイのことも関わってくるのかもしれません。

おでんの日誌を見てモモの助は死んではいけないと感じていたので、モモの助にしかできないことがあるのは確かです。

ですが、カイドウの息子であるヤマトが直接ジョイボーイと関係はなさそうです。

そのため、ヤマトにしかできないわけではなく、ヤマトだけが知っているからできることがあるのだと思います。

 

ワンピース1041話ネタバレ考察|ゾロは死神と契約した?

ゾロの前に死神が現れてからの状況はわからず、ただワンピース1040話ではチラっと血だらけで倒れているゾロがいました。

1036話で倒れていたときは仰向け、今回はうつ伏せのため、何らかの出来事があったようです。

死神はすでに役割を終えたのかもしれません。

ゾロが死んでいる場合も、ゾロが死神となんらかの契約をして生き延びたものの大ダメージで気絶をしている場合もありえます。

ただゾロが死んでしまうと、薬を打ったミヤギたちが浮かばれないのと、ルフィがまた精神を崩壊してしまうのでできれば死亡はないと考えたいですね。

さらに死んでしまうならわざわざ死神を登場させる理由もないはず。

そのため、ゾロが死神と契約した可能性が高いと考えます。

死神と契約し、死期を伸ばしたことで死後は地獄に連れていかれるとか、閻魔と何か関係した契約をしたとか。

死神の存在についても、現在のゾロの状況についても早くはっきりしてほしいですね!

 

ワンピース1041話ネタバレ考察|雷ぞうの勝利?

ワンピース1040話で床にのたうち回っている福ロクジュと立っている雷ぞうが描かれました。

このシーンから福ロクジュは熱さに耐えらえれず術を解いたことで、雷ぞうも術を解いたのがわかります。

雷ぞうの勝利のように見えますが、完全に決着がついたわけではないようにも見えます。

福ロクジュにはオロチを迎えに行くという役目もあるため、余力があるのなら逃走という可能性もあります。

それとも重度の火傷を負った福ロクジュはもう動けないでしょうか。

雷ぞうがこのまま福ロクジュを逃がすとは思えませんし、簡単におでんからオロチに寝返った福ロクジュなので和解も考えられません。

福ロクジュの裏切り者という特性を活かすのなら雷ぞうが福ロクジュに対し、命が惜しければオロチの場所を教えろという展開もありそうです。

それとも他の誰かがやってきて2人を火の中から救うのでしょうか?

ここまで粘った雷ぞうなので、この先も福ロクジュの前では倒れないと思われるので誰かが助けにきても、自力で火の中から逃げ出しそうですよね。

 

ワンピース1041話ネタバレ考察|CP-0が本気を出す

どれだけ戦況が逆転されようと四皇が2人もいれば問題ないと感じていたCP-0。

とうとうビッグマムも倒されてしまったので焦りだすのではないでしょうか?

現在イゾウと戦闘中のはずですが、CP-0にとってイゾウは優先すべき相手ではありません。

イゾウと闘うのは1人で残りは麦わらの一味やキッド、ローたちを始末しようと動きだす可能性もあります。

特に最優先すべきロビンはブルックと火の中を逃げていて仲間と合流していません。

発見次第狙いたいところでしょう。

またはカイドウに力を貸しルフィを倒そうとするかもしれません。

今の状況ではCP-0が防ぎたかった事態には違いないので、今まで以上に本気で動き出すはずです。

 

ワンピース1041話ネタバレ考察|CP-0と因縁あり?イゾウの元にマルコ登場

CP-0と遭遇し、先へ進むのを阻止しようとしていたイゾウ。

CP-0が「イージス0(ゼロ)」だと名乗ったのに対してイゾウは「CP0(シーピーゼロ)」と呼びました。

CP-0もまた「歴史的な罪を犯した白ひげの残党」という持って回った言い回しをしています。

ここに若干の含みを感じますので、もしかしたらイゾウとCP0には何か因縁があるのかも?

因縁がなくても、菊の脱出やルフィの邪魔をさせないためにはこのまま行かせるわけにはいきません。

イゾウvsCP-0となる可能性は高いでしょう。

イゾウは血を流すほどのケガをしていますし、CP-0もドレークたちと戦って疲労している様子。

瞬殺できるのならスルーしようとしないでしょうから、CP-0も簡単には勝負がつかないと踏んでいるはずです。

ただやはりドレークを負かすほどの強さを持ち、人数的にも2対1なので、負傷しているイゾウでは敵わないと思われます。

そこで登場しそうなのが同じく白ひげ海賊団の隊長だったマルコです。

イゾウとマルコはライブフロアを出るときは一緒だったのに別行動になっている点は気になりますが、イゾウがピンチなのであればマルコは駆けつけてくれそうです。

マルコの登場でCP-0とかなりいい闘いができるのではないでしょうか?

イゾウ、マルコvsCP-0が始まればあまり描かれていなかったイゾウの活躍が見れるかも!

 

ワンピース1041話ネタバレ考察|ルフィを認めたカイドウは酒で更にパワーアップ?

ルフィの攻撃を受けて白目をむき血を吐き出したカイドウ。

倒れた描写は確認できませんでしたが、態勢は崩したでしょう。

白目をむいたカイドウとそれを睨みつけるルフィの対比構図からはルフィが優勢であるようにも見えますし、キッドもそろそろ限界がくると予告しています。

ただ、闘い続きで疲れているとはいえ、ルフィが2度も負けた相手、決着はまだでしょう。

カイドウからは「お前を認めたんだ!!」という気になる発言も出ています。

「認めた」とはルフィの強さ、サシで闘うに値する男だと認めたということでしょうか。

それとも「ジョイボーイ」関連の話も含まれているのでしょうか。

ここら辺のことも戦闘中に明らかになるかもしれませんし、まだ2人の闘いは続くと予想。

カイドウが酒を飲みつづけ、酔っぱらうことでさらにパワーアップすることもありえます。

ビッグマムの食べわずらいのように周りが見えなくなって誰も手に負えなくなってしまうかもしれません。

 

ワンピース1041話ネタバレ考察|時代を分ける数分間

鬼ヶ島がワノ国に到着するまであと数分。

新世代が大看板を撃破したことを知ったCP-0が世界が変わることを予感し、ここからは「時代を分ける数分間」になると発言。

鬼ヶ島でここから数分間で起こりうる大きなことは主に3つ。

  • 鬼ヶ島爆発or落下
  • 四皇撃破
  • 仇討ち達成

世界政府目線で見ると、利用価値のあるワノ国が大破することも、四皇を倒す者が現れても、ワノ国に新世代びいきな統治者が出ることも避けたいですよね。

もしルフィだけでなくローとキッドがビッグマムを倒せば、新四皇(五皇?)はシャンクスとキッド以外Dの一族になります。

しかもキッドもDの一族ではないかという噂も…。

時代を分ける数分間というのは本当に大きな意味を持ちそうですよね。

 

ワンピース1041話ネタバレ考察|日和のスナッチを傳ジロ―が援護?

花魁「小紫」の姿でオロチと対面した日和。

宝物殿横の部屋にいたということは、やはり赤鞘の侍たちを助けたのは日和だったようですね。

日和はオロチに対して「あの日」を忘れていない、「いつでもぬしのおそばにおりまする」と言っていました。

日和の狙いが敵討ちだとすると、おでんを陥れた日を忘れていない、一緒に地獄に堕ちてやるという意味で言ったのではないでしょうか。

今後は日和が相討ち覚悟でオロチを討とうとする、日和のスナッチが見られると考えます。

あるいは姿を消していた傳ジローが控えていて援護するという展開も考えられます。

これまで「小紫」を支え、守るという誓いを立てている傳ジロー。

宝物殿で助けてもらった時に日和の存在に気づき、援護することにしたとしてもおかしくありません。

オロチは次殺されれば7回目。

今度こそ決着がついてほしいものですね!

 

ワンピース1041話ネタバレ考察|日和が小紫として登場した理由

鬼ヶ島にいるはずのない日和がオロチの前に小紫として登場しました。

どうして日和は日和としてまずは赤鞘の前に現れるのではなく、わざわざ死んだことになっている小紫として登場したのでしょうか?

日和は天羽々斬をモモの助に届け、モモの助がオロチを討つと考えられていましたが、オロチの前にわざわざ現れモモの助が来るのを待つとは考えにくいです。

そのため日和は自ら天羽々斬を使い、オロチを討つのではないでしょうか?

日和はこれまで傅ジロ―のもとで暮らしていました。

何かあった時のために、傳ジロ―から剣術を教えてもらっていた可能性もあり、その場合かなり凄腕の剣士になっていてもおかしくありません。

 

ワンピース1041話ネタバレ考察|カン十郎がイゾウと闘う?

ウソップ、錦えもん、菊之丞の3人を逃がしたイゾウ。

周りは百獣海賊団の下っ端、白ひげ海賊団の16番隊隊長をやっていたイゾウにとってはなんともない相手なのでしょう。

刺青を見せているあたり気合も十分です。

ですが、この部屋にはカン十郎がいるはずです。

カン十郎はイゾウに比べてかなりボロボロ、しかも菊之丞から負わされた傷は「致命傷」だと本人も言っていました。

命は残り僅かなはず、まともに闘うことはできないでしょう。

カン十郎の対抗手段として考えられるのは、おでんの偽物を作り出したように白ヒゲの偽物をつくりだすこと。

白ひげが目の前に現れれば、さすがのイゾウでも動揺してダメージを受けてしまう可能性もあるのではないでしょうか。

 

ワンピース1041話ネタバレ考察|五老星が狙う人物は?

ワンピース1037話で五老星はロビンはすでに捕らえられていると考えていて、さらに誰かを殺害しても闘いの中で不自然ではないと話をしていました。

この殺害を企てられている人物とは一体誰なのでしょうか?

ロビンは連行する命令なので殺害はありえないはずです(「消すべきだ」と言った五老星だけはロビンを消すべきだと考えている可能性もありますが)

ロビン以外だとすると誰なのでしょうか。

元CP-0のフーズ・フーの可能性もありますが、ここで五老星が言及するほどの存在なのかと言えばそうでもないような気がします。

ということは別の人物。

世界政府から命を狙われている人物が他にも鬼ヶ島内にいるのではないしょうか。

オペオペの実のローなのか、CP-0が邪魔者だと言っていたドレークなのか、引き続きCP-0の動きは要チェックですね。

 

ワンピース1041話ネタバレ考察|ヤマトが麦わらの一味10人目になる?

ヤマトがカイドウに「僕はルフィと一緒に海へ出る!!!」と言っていました。

これはヤマトが麦わらの一味に入りたいという意味に取っていいでしょうか。

ヤマトはおでんの日誌を読んでいます。

そこで色々なことを知っているらしいのでワノ国開国後にやるべきことが見えていて、それにルフィが必要と考えているとも取れます。

一時的に仲間に入るというパターンもありそうです。

ヤマトは強いし性根が真っすぐで見た目も可愛らしいし、ぜひ仲間になってほしいところですが、ルフィはどう考えるでしょうか。

ルフィの仲間は強く、唯一無二の特性を持ち、イイ奴らばかりですが、ルフィは腕っぷしや特技、性格を理由に仲間にするわけではないようです。

条件というよりフィーリングで選んでいると考えます。

ロビンが仲間になったときとか、古くはガイモン(3巻登場)を仲間に誘ったときとかそう感じました。

ルフィは冒険に出た際、仲間は「10人は欲しいなァ!!」と言っていました。

もしヤマトが仲間になれば記念すべき10人目ですね!

またヤマトはルフィ、エース、ゾロ、サンジと主要人物ばかりのワンピース100巻の表紙にも参加しました。

これは仲間になる伏線かもしれません。

 

ワンピース1041話ネタバレ考察|ワンピースを読んだ感想や予想ツイート

ワンピース1041話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ワンピース1041話ネタバレ

ワンピース1041話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ワンピース1041話ネタバレ|発売日はいつで次回は休載?

ワンピース1041話は1週休載を挟み、2022年2月28日(月)発売の週刊少年ジャンプ13号に掲載されます。

ワンピース1042話は休載ではなく、2022年3月7日(月)発売の週刊少年ジャンプ14号に掲載予定です。

 

ワンピース1041話ネタバレ|タイトルは小紫

ワンピース1041話のタイトルは「小紫」です。

ついに仇討ちなるのでしょうか。

表紙連載「ジェルマ66あゝ無感情海遊記」の5話は、プリンが本に閉じ込められたニジとヨンジに”プリンパンチ”をお見舞いするところ。

プリンは二人がサンジをいじめたことに怒っていたようです。

 

ワンピース1041話ネタバレ|おでんの日誌の破られたページ

冒頭、モモの助がヤマトに向かって、前にもズニーシャと話したことを伝えます。

ただズニーシャの罪について詳しくは分からないと言います。

世界政府の船の隣にいるズニーシャはモモの助の命令を待っていて、一緒に戦うつもりです。

ヤマトは象と話せるなんてすごい、おでんの予想通り、世界を夜明けに導くのはモモの助だと喜びます。

ですが、モモの助は納得のいっていない様子。

日誌を読んで自分が死んではいけないとは分かった、ただ一番大事な部分、ラフテルのページは破かれていたと言います。

さらにロジャーが何を見て笑ったのだろう、おでんは未来を視たわけではない、今ここにいたらまだワノ国を開国すべきだと言うだろうかとつづけます。

それから、ワノ国の人を危険にさらすのなら開国したくない、それは臆病な考えなのだろうかとヤマトに問いました。

 

ワンピース1041話ネタバレ|福ロクジュvs雷ぞう、決着

城内3階の連絡通路では、焼けた福ロクジュが気を失い床に倒れています。

これまで我慢していた雷ぞうは熱さは感じないと叫びながら床に転がり火を消そうとしている様子。

長かった福ロクジュと雷ぞうの闘いは、雷ぞうの勝利で決着。

そこにジンベエが到着、雷ぞうを助けます。

まだ逃げてないのかと言われた雷ぞうは、息切れしながら急がなくては、「準備」はできていたのにと口にしました。

 

ワンピース1041話ネタバレ|日和がオロチに正体を明かす

城内2階の宝物殿では、オロチがイライラしながら福ロクジュを待っていました。

すでに1人で鬼ヶ島から逃げたのではないかと考え怒り始めています。

オロチはカン十郎が出した能力がどうなっているのか分かっておらず、城が揺れるたびに不安そうです。

そんなオロチとは裏腹に、三味線を弾きつづけている小紫(日和)。

オロチは小紫にこんなときに演奏を続けるなと言い、どうしてこの状況でも狐の面を取らないのか、なぜいつも狐の面をつけているのか聞きます。

さらに本当に小紫なのか、亡霊ではないのかと聞くオロチ。

そこで突如オロチの天井が崩れ、オロチは瓦礫の中に埋もれてしまいました。

何故か能力を出せず自力で出れないオロチは助けを求めますが、気づいていなかったのかと言う小紫。

さらに海楼石の釘でオロチを刺した、もう怪物にはなれないと言います。

オロチは自分のことを好きではないのかと言いますが、そんな感情はないと返す小紫。

それからオロチが好きな曲「月姫」は、父である光月おでんが好きだった曲だと言い、小紫は自身がおでんの子、日和であることを明かしました。

日和は、月姫が好きだと言ったおでんにもっと上手くなると約束したことを思い出します。

そんな曲をオロチの前で弾きながら笑顔になれるわけがないと日和は言いました。

 

ワンピース1041話ネタバレ|五老星からの新たな指令

地下ではイゾウとCP-0の背の高い方の男が互角の闘いを繰り広げていました。

しかしイゾウが心で菊に生きろと語りかけて撃った瞬間、CP-0も”指銃”で対抗、二人は同時にダウンしました。

マハと呼ばれるCP-0の1人は完全に気を失っています。

白ひげの隊長であったイゾウがなぜルフィたちに肩入れしているのかと不思議に感じるもう一人のCP-0。

早くニコ・ロビンを捕らえなければと考えていると、電伝虫がなります。

電伝虫の相手は五老星から新たな命令が入ったと言いました。

五老星の命令とは、ルフィの抹殺、しかも「今すぐに」でした。

それを聞いたCP-0はルフィはカイドウと闘っている最中で、カイドウの邪魔をするのは不可能だと言います。

電伝虫の相手は無理は承知の上だと言い、この闘いは世界でもトップクラスの闘いで危険、万が一を防ぐ策が必要なのだと伝えます。

そのころ、一度敗れたドレークが手ぶらでは死ねないと立ち上がりました。

電伝虫の相手はルフィたちが狙われる理由についてある「噂」があると匂わせます。

CP-0は麦わらの一味に一体何があるのかと思いました。

 

ワンピース1041話ネタバレ|崩れる城内

城内の様子が描かれます。

まずウソップとハムレットが脱出方法を探しています。

ハムレットの背中には意識のない菊と錦えもんも乗っています。

ネコマムシ、キャロット、ワンダは島の外に落ちないようドーム内へ移動。

フランキーは鬼ヶ島から落ちる寸前だったゾロを助けますが、ゾロの生死は不明。

ドーム内の百獣の湯にいるナミは、城内の騒ぎはローたちがビッグマムを倒したからだとゼウスに話しています。

ビッグマムを想い泣いているゼウスにナミは自分のどっちが大事か聞くと、ゼウスは慌ててナミだと答えます。

その場にはマルコもいて狛ちよとひひ丸を診ると、大丈夫だと診たてます。

お玉とスピードも一緒です。

お玉がひひ丸と狛ちよを労うと、マルコがここは世界で一番危険な島だから最後まで気を抜くなと言いました。

 

ワンピース1041話ネタバレ|カイドウとビッグマムの出会い

ビッグマムに勝ったキッドとロー。

キッドは穴の開いた天井を見ながらカイドウ戦に備えるべきかと聞くと、ローは必要ないだろうと言います。

もし穴から降りてくるのがカイドウだった場合、ローは闘う気力がないと言いました。

当のカイドウはルフィと闘っていました。

覇王色の覇気が激突しています。

ただふとカイドウがビッグマムの気配が消えたことを察し、ルフィにも気づいたかと聞きます。

ルフィは肯定、キッドたちをすごいと言います。

カイドウはビッグマムと出会ったころのことを思い出します。

ロックス海賊団の会議のような場所でした。

若く美しいビッグマムは、無口なカイドウに向かって年を聞きます。

15歳だと知ると驚き、ロックスを信用せずに自分を頼れと言います。

それから自分の名はリンリン、海の王となる女だと名乗り、カイドウを歓迎したのでした。

 

ワンピース1041話ネタバレ|ルフィの新技ゴムゴムの九頭竜(ヒュドラ)!

カイドウは泣き上戸になって同盟を組んだばかりなのにと泣き叫びます。

ルフィはギア4スネイクマンになり、新技”ゴムゴムの九頭蛇(ヒュドラ)”で対抗。

無数の予測不可の打撃が乱れ飛び、カイドウに命中。

ルフィは攻撃をつづけながら叫びます。

これが最後のギア4、力尽きるまで攻撃する、絶対に「ワノ国」から追い出すと宣言!

詳しくはワンピース単行本にてチェックしてみてください!

 

ワンピース1041話ネタバレまとめ

ワンピース1040話では、ビッグマムが地下へ落ち、火前坊と火薬と共に鬼ヶ島から落下。

福ロクジュは熱さに耐えられなくなり、我慢対決は敗退した様子。

ビッグマムはそのまま落ちていき、ローとキッドの勝利が確定しました。

モモの助はヤマトにズニーシャが近くにいることを伝え、ズニーシャが800年前にジョイボーイの仲間だったと判明。

最新話速報としてワンピース1041のネタバレを紹介してきました。

ワンピース1041では、モモの助がワノ国を開国すべきなのか悩んでいました。

福ロクジュと雷ぞうの闘いは雷ぞうの勝利で決着。

日和はオロチに自分がおでんの娘であると正体を明かしました。

CP-0とイゾウの闘いはマハとイゾウが倒れ、ドレークが復活。

CP-0は五老星からルフィ抹殺の命令を受けました。

ルフィはビッグマムが倒されたと泣くカイドウに向けて新技の”ゴムゴムの九頭蛇(ヒュドラ)”で攻撃。

今後のワンピースの展開も気になりますね。

以上「【ワンピース1041話ネタバレ】日和、ついに正体を明かす!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/

>>ワンピース最新刊を無料で読む方法はこちら<<

Pocket
LINEで送る