ワンピース

【ワンピース1039話ネタバレ】倒れないビッグマムvs新世代の切り札

【ワンピース1039話ネタバレ】倒れないビッグマムvs新世代の切り札

2022年2月7日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース1039話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

ワンピース1038話では、雷ぞうと福ロクジュは依然動かず、イゾウはCP0と遭遇、武器庫に到着したヤマトは火前坊と戦うことに。

ゾロは死神らしき謎のガイコツに鎌で襲われそうになりました。

一方、キッドとローはビッグマムに叩きのめされますが、ビッグマムが屋上に行こうとすると不屈の闘志で立ち上がって反撃を開始。

ローが”衝撃波動”で攻撃、キッドは巨大な闘牛”磁気大魔牛”をけしかけ、屋上には行かせないと宣言!

ワンピース1039話では、鬼ヶ島をワノ国から遠ざけようとしているモモの助が誰かに呼ばれます。

一方、ビッグマムはまだ立ち上がります。

ローとキッドは最後の攻勢に出て、一つの時代を終わらせようとします。

今度こそ決着!?

今回は「【ワンピース1039話ネタバレ】倒れないビッグマムvs新世代の切り札」と題してお届けします。

>>ワンピースの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ワンピース1039話ネタバレ考察

今後のワンピースはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ワンピース最新話1038話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

ワンピース1039話ネタバレ考察|キッド、ローvsビッグマムは決着?

巨大化したビッグマムにボコボコにされてもなお、大ダメージを与えることに成功したキッドとロー。

2人からの攻撃を受けてビッグマムは吐血したり、絶叫後に倒れたりしています。

本来なら立てないほどのダメージを与えられたキッドとローが立ち上がったように、ビッグマムもここから立ち上がるでしょうか?

キッドとローはビッグマムを屋上に行かせないという強い執念によって立ち上がったようです。

しかしビッグマムから感じられるのは「強い執念」ではなく「怒り」。

さらにローから攻撃を受ける直前には「やめろ」と言っていて、怒りよりも恐怖が勝っている感じもしました。

鬼ヶ島での戦いでは、サブタイトル「○○vs○○」という形式になった場合、そこで決着がついています。

前例どおりならビッグマムも立ち上がらないはずです。

もし立ち上がったとしても、気持ち的にビッグマムがもうすぐ負けてしまうのではないでしょうか。

決着が着いたあとはゾロやサンジのように、キッドとローも動けなくなりそうですね。

 

ワンピース1039話ネタバレ考察|ビッグマムは自滅?

キッドとローの切り札のような技によって何十年ぶりかの大ダメージを喰らったビッグマム。

ただ百獣海賊団の命を奪って味方を強化&増加させ、ビッグマム自身も寿命を使ってパワーアップしてしまいました。

あの迫力の姿を見るとひるんでしまいますが、普通に考えれば寿命には限りがあるはず。

このままヒット&アウェイ、ダメージを与え続けて寿命を削っていけば終わりは見えてくるのかもしれません。

ただダメージを受ける度に巨大化されてしまうと鬼ヶ島落下も早まりそうですよね。

それを考えると、ダメージを与えたときに海楼石で回復を防ぐ、ホーミーズを封じて島から落下させるといった手も有効なのではないでしょうか。

そういえばローは鬼ヶ島内を見て回っていたときがありました。

その際に地下の武器庫の存在を知っていれば、ルームで移動させて攻撃に転用することも可能です(量によっては鬼ヶ島ごと吹き飛びますが)。

また、ビッグマムが言った何十年前にダメージを喰らった相手というのは、ロジャーではないかと思います。

ワンピース96巻でロジャーはビッグマムからロードポーネグリフを奪ったと言っていました。

その際に戦闘があったのではないでしょうか。

海賊王ロジャーの闘いで参考にできることは少なさそうです。

ただロジャーの神避(かむさり)の効果は、能力を覚醒させたローとキッドの能力を使えば再現可能にも思えます。

 

ワンピース1039話ネタバレ考察|火前坊はカン十郎が倒れて消える?

止まることなく地下へ向かっている火前坊ですが、誰も止められず城内は崩れ始めています。

ですが、火前坊を作り出したカン十郎本人はかなり弱っているはずです。

カン十郎の近くにはダメージを受けて動けないお菊と下半身の到着を待っている錦えもんがいます。

錦えもんの場合、下半身さえ到着すればまだ闘えるはずです。

さらに錦えもんは火前坊がカン十郎の仕業だと知っています。

そのため錦えもんがカン十郎を倒し、火前坊は地下に到着する前に消えるのではないでしょうか?

 

ワンピース1039話ネタバレ考察|百獣海賊団では周知の事実?

カイドウの部下たちがヤマトのことを「鬼姫」だと言っています。

ということは、百獣海賊団の中でカイドウたちが「鬼」だということは周知の事実なのでしょう。

カイドウたちから種族の話が出てこない場合、今戦っている大看板あたりから話が出るというのもありそうです。

クイーンは前に「カイドウを守る」発言しています。

ということは、幹部たちはカイドウが持つ「弱さ」「弱点」などを知っている可能性が高いです。

鬼であるがゆえの弱点でしょうか、それとも?

 

ワンピース1039話ネタバレ考察|キングのタトゥーには隠された意味がある?

ずっと顔を隠していたキングの顔が明らかになりましたが、キングは顔の左目の周りにタトゥーが入っています。

カイドウと出会った政府の研究所にいた時点でこのタトゥーは入っています。

カイドウとの出会いが何年前か書かれていませんが、キングはかなり若いように感じますよね。

子供のころから顔にタトゥーを入れるなんて、何かしら理由があると考えられます。

そのため、このタトゥーはルナーリア族の秘密となにか関係しているのではないでしょうか?

 

ワンピース1039話ネタバレ考察|レッドラインの秘密も分かる?

マルコはキングの同類らしき種族が赤い壁の上に住んでいたと言いました。

赤い壁=レッドラインでしょう。

グランドラインと直角になっている世界を一周する壁、レッドライン。

世界を分断するこの不自然な壁の上に住んでいるということは何か特別な種族、例えば世界の秘密を知るような種族なのかもしれません。

レッドラインとは超えてはいけない一線とも取れますし、あるいは「ライン」で道とも取れます。

そのため「赤い壁の上」とは「レッドラインの延長線上」のことで、その先にはマリージョアだけでなく未知の世界があり、キングはそこから来たとも考えられます。

 

ワンピース1039話ネタバレ考察|神と崇められていたルナーリア族は政府に消された?

サンジがルナーリア族の絶滅理由を聞くとクイーンは歴史に聞けと言っていました。

しかし、ルナーリア族について誰も知らなかったということは、歴史上でも消されているということ。

そのため、ルナーリア族は空白の100年で消されているのか、政府によって何かしらの方法で歴史上からも消されてしまった可能性があります。

ですが、空白の100年は800~900年前に起こったこと。

絶滅させられたはずなのに、900年もキングの家系が絶えなかったのはおかしいし、キングが900歳ということもないかと思います。

そのため空白の100年ではなく、政府によって消されたのでしょう。

 

ワンピース1039話ネタバレ考察|ワンピースを読んだ感想や予想ツイート

ワンピース1039話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ワンピース1039話ネタバレ

ワンピース1039話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ワンピース1039話ネタバレ|発売日はいつで次回は休載?

次号ジャンプでワンピースは休載ではないです。

ワンピース1039話は2月7日発売の週刊少年ジャンプ10号に掲載されます。

表紙&巻頭カラー!

 

ワンピース1039話ネタバレ|大トリ

表紙は黒い覇気をまとうルフィとカイドウ!

巻頭カラーは麦わらの一味がジャングルで冒険していて、サルの王様にルフィが何かを教えてもらっているところ。

タイトルは「大トリ」です。

冒頭、もう少しで花の都へ到着しそうな鬼ヶ島。

そんな鬼ヶ島をモモの助は花の都から遠ざけようとカイドウが出した焔雲を使い、奮闘中です。

少し後ろにひっぱることができたと喜ぶモモの助。

しかし突然モモの助に、誰かの声が届きました。

 

ワンピース1039話ネタバレ|ローの不満

一方、ライブフロア。

キッドとローが大技を放ってビッグマムに大ダメージを負わせたことでキッド海賊団とハートの海賊団のメンバーは大喜び。

ただビッグマムはうめき声をあげているため意識はあり、ローも不満があるようです。

キッドのところに飛んだローは、これで二回目だ、自分の攻撃のあとにキッドが攻撃するとキッドが勝ったみたいに見える、自分は前座ではないと文句を言います。

キッドはくだらないと一蹴。

するとローはそう言うなら次は最初に攻撃しろ、今度こそ自分がトドメを刺すと言いますが、キッドは命令するなと返します。

ローはさらに、牛の次はカバか、ゾウかと聞きます。

キッドは切り札を明かすと思ってんのかと怒りました。

 

ワンピース1039話ネタバレ|復活するビッグマム

ここでビッグマムが血まみれながらも立ち上がりました。

右腕が折れているのが見て取れるほか、ビッグマム自身もあばらも折れたと言います。

しかしビッグマムはソルソルの実の能力で、再び自らの寿命を使い骨折を治して高笑い。

ローは今度こそ力が尽きる、次が最後だからとキッドに先制するよう言います。

ビッグマムはプロメテウス、ナポレオン、ヘラに声を掛け、”鳴光剣(メーザーサーベル)”を仕掛けます。

 

ワンピース1039話ネタバレ|母を訪ねて…

鳴光剣はキッドの牛を破壊、ビッグマムはお前たちのような若者を何百人も退けてきた、何十年もそうやって君臨してきたのだと凄みます。

キッドは鉄に磁力を与え、ビッグマムを塔にくっつけて足止め。

しかしビッグマムは塔ごと起き上がり、ヘラたちが合体させ”母訪砲三千里(バホウホウミザリ)”を照射。

それから合体したヘラたち「ミザリー」にトドメを刺せと命じます。

ここでローが”タクト”で建物を動かし、ビッグマムの頭上に落として再度足止め。

 

ワンピース1039話ネタバレ|ワノ国まで届くローの攻撃

ローは最後の力を振り絞って跳びあがり、ビッグマムの胸に剣を刺しました。

ビッグマムはまたかと激昂、ローが刺した剣は前よりもぐんぐん伸びていきます。

ビッグマムはローを殴りますがローは剣を手放そうとしません。

伸びていく剣は鬼ヶ島を突き抜けてワノ国にまで突き刺さりました。

ワノ国にまでつづく大きな剣を見た火前坊と戦闘中のヤマトは、何が起こっているのかと不思議に思います。

ローの最大にして最後の攻撃は”穿刺波動(パンクチャーヴィレ)”という衝撃波。

喰らったビッグマムは叫びながら吐血。

ですがそれでも意識があります。

 

ワンピース1039話ネタバレ|キッドの切り札

最後の切り札を出したローはもう動けず、キッドにトドメを刺すよう言います。

今度はキッドが跳びあがり、指図をするなと言いつつも巨大な大砲のような銃をつくります。

ビッグマムは銃を向けられてもなお、自分はビッグマム、倒すことなんてできないのだと言います。

キッドは切り札、”電磁砲(ダムドパンク)”を放ちます。

それは見事命中、絶叫するビッグマムに向かってローは、ビッグマムたちの時代は終わりだと言いました。

ここで終了のようです。

次週も休載ではありません。

 

ワンピース1039話ネタバレまとめ

ワンピース1038話では、雷ぞうと福ロクジュは火に耐えていて、副作用に苦しんでいるゾロの前に死神らしきものが登場し、イゾウの前には急いでいるCP-0が現れます。

武器庫に到着したヤマトは火前坊との闘いを開始。

ビッグマムに一時は倒されたキッドとローは、立ち上がってビッグマムが屋上へ行くのを何としても止めようとしました。

最新話速報としてワンピース1039話のネタバレを紹介してきました。

ワンピース1039話では、鬼ヶ島の衝突を防ごうとしているモモの助は、何者かからの声を聞きます。

ローとキッドの攻撃を受けたビッグマムは、寿命を使い復活。

ローは最後の力を使い剣でビッグマムを攻撃し、剣はワノ国まで届くほどの大きさになりました。

ローの攻撃を受けても倒れないビッグマムに、キッドは最後の切り札を使い攻撃。

今後のワンピースの展開も気になりますね。

以上「【ワンピース1039話ネタバレ】倒れないビッグマムvs新世代の切り札」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/

>>ワンピース最新刊を無料で読む方法はこちら<<