ワンピース

【ワンピース1033話ネタバレ】ゾロが覇王色で閻魔解放!

【ワンピースネタバレ最新話1033話】ゾロの閻魔が黒刀化?

2021年11月29日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース1033話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

ワンピース1032話では、ヤマトとフーガにつづきロビンとブルック、ロビンたちを追うCP-0も階下に行きました。

それからCP-0はアプーとドレークと遭遇し、闘いが始まりました。

さらにキングに苦戦していたゾロの持つ閻魔に異変が起こります。

どこからか聞こえてきた三味線の音に反応して覇気を放ち、これまで以上にゾロの力を吸い出したのです。

そして三味線の音に引き寄せられたオロチが日和を発見!

ワンピース1033話では、ゾロが力を増した閻魔を使いこなそうと奮闘。

その中で閻魔や和道一文字を作った人物「霜月コウ三郎」の正体も明らかになります。

そしてキングの種族についてクイーンが言及。

二人の戦いの行方とは…!?

今回は「【ワンピース1033話ネタバレ】ゾロが覇王色を使う!」と題してお届けします。

>>ワンピースの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ワンピース1033話ネタバレ考察

今後のワンピースはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ワンピース最新話1032話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

ワンピース1033話ネタバレ考察|ゾロがキングとの闘いで覇王色の覇気発動?

ゾロはカイドウとビッグマムの闘いで大ダメージを受けていましたが、超回復薬で回復し現在はキングと闘っています。

キングは百獣海賊団の大看板で未だ謎に包まれた人物であるものの、戦闘能力はかなり高めでしょう。

そんなキングにゾロが勝利するには、今まで以上の戦闘力が必要となるはずです。

ゾロは能力者ではないため、パワーアップするには覇王色の覇気を発動させるしかないでしょうか?

ゾロは片目が隻眼ですが、隻眼となった理由も明かされていなければ本当に隻眼なのかも不明です。

いざと言う時のために力を温存し、隻眼の目が開かれた時に本来の力が最大限に発揮できる、なんてことも考えられるでしょう。

キングとの闘いで今まで以上に強いゾロが見られるはずです。

 

ワンピース1033話ネタバレ考察|ワンピースを読んだ感想や予想ツイート

ワンピース1033話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ワンピース1033話ネタバレ

ワンピース1033話の一部内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ワンピース1033話ネタバレ|発売日はいつで次回は休載?

次号ジャンプでワンピースは休載ではありません。

ワンピース1033話は、11月29日(月)発売の週刊少年ジャンプ52号に掲載されます。

また、ワンピース1034話は12月6日(月)発売の週刊少年ジャンプ1号に掲載されるようです。

 

ワンピース1033話ネタバレ|霜月コウ三郎

ワンピース1033話のタイトルは「霜月コウ三郎」のようです。

霜月コウ三郎とはゾロが持つ「和道一文字」、おでんの愛刀「閻魔」を作った人。

また、55年前にワノ国を離れてイーストブルーに行ってシモツキ村で道場を始めたとも言われていますね。

一体何が描かれるのでしょうか。

表紙は子ペンギンたちとヒーローごっこしているたしぎ。

たしぎはゾロっぽいサメの被り物をかぶって悪の怪人役をやってあげています。

 

ワンピース1033話ネタバレ|閻魔暴走?

ワンピース1033話はゾロとキングの戦いから始まります。

三味線の音に反応して力を解放した閻魔。

ゾロはそんな閻魔に対し、誰が力を解放していいと許可をだしたと叫びます。

キングは突然ゾロの前に立ちはだかり、ゾロはわけがわからないままキングを攻撃。

するとキングは「当たり」と伝えて爆発しました。

 

ワンピース1033話ネタバレ|クイーンがキングの素性を話す

サンジとクイーンの戦いも描かれます。

サンジとゾロの電伝虫での会話を聞いていたクイーンは、ゾロはキングに負けると言います。

それからクイーンは、キングははるか昔に絶滅させられた「ルナーリア族」の唯一の生き残りであると暴露。

さらにルナーリア族は、どんな過酷な場所でも生き残ることのできる怪物で、かつては神と崇められていたとも言います。

サンジはそんな強い種族が何故滅びたのだと尋ねます。

するとクイーンは、歴史に聞けと返しました。

 

ワンピース1033話ネタバレ|止まらない閻魔の暴走

キングの爆発を武装色でカバーしたゾロ。

ゾロは爆発した本人であるキングが生きていることに驚きつつ、ゾロは”死・獅子歌歌(しししそんそん)”でキングを攻撃。

ただキングには効かず、キングはゾロの背後を取ります。

キングが再び”貂自尊皇”を繰り出そうとしたとき、閻魔が再び解放状態に入ってしまいゾロは攻撃をまともに喰らいます。

刀に振り回されている剣士なんて初めて見たと言うキング。

飛ばされた勢いで、ゾロの三代鬼徹が飛ばされそうになりますが、空中で摘み取ります。

ふと三代鬼徹も妖刀と呼ばれていたこと、それを作った飛徹のことを思い出します。

 

ワンピース1033話ネタバレ|三代鬼徹と和道一文字

ゾロはくいなの形見である和道一文字を取りに行きます。

キングは刀のために死ぬ気かと声をかけて追撃。

ゾロはそれでも和道一文字を取り、くいなの分まで強くなる、大剣豪になると誓ったことを想います。

さらに飛徹から聞いた話について考えます。

それは和道一文字と閻魔は霜月コウ三郎によって作られたということ。

ゾロはワノ国の刀が何故イーストブルーにあったのかと疑問に思います。

 

ワンピース1033話ネタバレ|村の”ジジ―”はコウ三郎

キングが無数の斬撃を飛ばす新技”刃裏双皇(バリソウドン)”を放ちます。

ゾロはそれを喰らってしまい再び刀から手を離し、倒れてしまいます。

それから自身の故郷のこと、いつも村の海岸にいたジジーを思い出します。

そのジジーはくいなの祖父でへんくつな男でした。

しかしゾロに「スナッチ」のことを教えてくれて、ゾロがくいなに連敗していて特訓に励んでいると2本の刀をくれました。

ゾロはそこで、ジジーが50年以上前にワノ国を違法出国したワノ国の侍、シモツキを作った人物・霜月コウ三郎だと気づきます。

 

ワンピース1033話ネタバレ|閻魔に選ばれし男

またコウ三郎はゾロに対し、刀にはそれぞれの個性がある、刀に選ばれ、刀を服従させるのが剣士、それができない弱い剣士が個性を呪いと呼ぶと言います。

さらに人生最高の一振りに地獄の大王の名前を付けたとも言っていました。

今、ゾロはそのことを思い出して地獄の大王とは「閻魔」だと確信。

「来たんだな…おれを選んでおれを試しに…!!!」と思い、閻魔を掴んで立ち上がりました。

 

ワンピース1033話ネタバレ|ゾロが覇王色で閻魔を解放!

ゾロは勝手に解放状態になる閻魔に対し、これが個性、悪意はない、扱えないのは自分の力が足りないからだと言います。

さらに、もしかしておでんはこれだけ覇気を奪われても自由に戦っていたのかと閻魔に問い、この量の覇気を奪いつづけられたら命取りだと考えます。

そんな中、百獣海賊団がゾロを見つけて攻撃しようとします。

ゾロは「いや…それでいい!!」と思い直し、三刀流の構えに入ります。

 

ワンピース1033話ネタバレ|王の素質を持つ男

ゾロが覚悟を決めて構えに入った瞬間、覇王色の覇気が放出。

近くにいた敵は全て失神します。

キングは「成程…」とつぶやき、王にでもなるのかと聞きます。

そこでゾロはルフィの言葉を思い出します。

海賊王の仲間なら世界一の大剣豪くらいになってくれないと困るという言葉です。

そしてゾロは「そうだな…船長と…親友との約束があんだ!!!」と力強く応えました。

ここでワンピース1033話は終了です。

次回は休載ではないようです。

 

ワンピース1033話ネタバレまとめ

ワンピース1032話では、ヤマトが火前坊の狙いに気づき、フーガとともに先を急ぎます。

ロビンを追いかけているCP-0は出くわしたアプーとドレークと対戦。

キングと闘っているゾロはキングの種族がわからず、かなり苦戦していましたが、三味線の音を聞いた閻魔が覇気を放出。

三味線を奏でていたのは小紫こと日和。

オロチは小紫との再会で歓喜していましたが…。

最新話速報としてワンピース1033話のネタバレを紹介してきました。

ワンピース1033話では、クイーンがキングはルナーリア族の生き残りだと暴露。

爆発してもなお生きているキングと、閻魔に振り回されるゾロ。

ゾロは刀一本一本の思い出と、飛徹から聞いた刀の生みの親霜月コウ三郎のことを考えます。

また、シモツキ村で出会った”ジジ―”から刀についてきいた話を思い出し、”ジジ―”が霜月コウ三郎だったと気づきます。

閻魔に覇気を奪われてもなお覇気を弱めなかったゾロにキングは、王にでもなるのかと聞きます。

するとゾロはそうだなと答え、ルフィとくいなとの約束を果たす覚悟を新たにしました。

今後のワンピースの展開も気になりますね。

以上「【ワンピース1033話ネタバレ】ゾロが覇王色の覇気を使う!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/