キングダム

【キングダム740話ネタバレ】肥下城を見て唖然とする李牧

【キングダムネタバレ最新話740話】李牧が人質奪還の策を練る
Pocket
LINEで送る

2022年11月24日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム740話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

キングダム739話では、本国からの加勢を待とうとする信達ですが、桓騎は冷静に援軍は駆けつけないと言います。

桓騎は昔から周りが見えていて、その事を偲央はやがて苦痛に感じると言っていました。

そして李牧率いる30万の軍勢が宜安城をあっという間に落としましたが、桓騎軍はほとんどいませんでした。

その代わり、宜安城にいた兵士達の遺体があって、肥下に向かう事が血で書かれていました。

李僕は桓騎がただでは命を落とすつもりが無い事を察します。

キングダム最新話740話についての考察、ネタバレをお伝えしていきます。

今回は「【キングダム740話ネタバレ】李牧が人質奪還の策を練る」と題し紹介していきます。

>>キングダム最新話ネタバレ<<

 

キングダム740話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム739話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム740話ネタバレ考察|李牧が人質奪還の策を練る

739話で桓騎軍が肥下の皆を人質にする可能性が出てきました。

それを感じ取った李牧は人質を取られた時に備え、作戦を講じると思います。

それを行わないと兵士達の中に不満や動揺が広がる恐れがあるので必ず行わないといけません。

幸い、李牧は30万の兵力がある状態です。

30万の兵士を分散させて動かせて、民衆を逃がさせようとするんじゃないでしょうか。

 

キングダム740話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム739話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム740話ネタバレ

キングダム740話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム740話ネタバレ|迅速に動く

李牧は大軍を引き連れて肥下へと進軍する事にしました。

しかも肥下で大勢の者達を始末するつもりなので、より迅速に進軍していきます。

普通は迅速に動く事は出来ないが桓騎が行った所業や二度も同じ事をさせないという思いが彼らを走らせていました。

 

キングダム740話ネタバレ|慕われる桓騎

一方、桓騎軍は無事に肥下へと到着していました。

摩論は桓騎が行おうとしている事に不安を抱くが、厘玉に窘められます。

厘玉は盗賊していて、特に大きな野望は無かったが、つまらない人生は送りたくは無かった事を告白。

そして桓騎の部下になったら、人生が楽しくなったし、これからどうなるかは分からないけど、今は最高だと言います。

他の者達も同じ思いを抱えていたのか、大声を出しました。

対する桓騎は自分の部下もそれ以外もクソだが、自分は立ち塞がる奴らを蹴散らしただけであり、失敗は乗っ取りを目論んだ摩論を手にかけれなかっただけと言います。

そして指示通りにしておけば、問題ないと豪語するのでした。

 

キングダム740話ネタバレ|肥下の結末

そして李牧率いる軍勢が迫っていて、袁環率いる軍勢が先頭を切っていました。

しかし、肥下城は火の海になっていたのです。

その事を知った李牧は唖然とし、人質を取らなかった桓騎の事を愚かと評します。

しかし、冷静に考えてこの先桓騎を討ち取れても、北部の者達を守り切れなかったと言う事実が残って、従ってくれない恐れがあると考えたのです。

そうなるとこちらも負けになるし、桓騎はこれを狙っていたのだと気づきました。

 

キングダム740話ネタバレまとめ

最新話速報としてキングダム740話のネタバレを紹介してきました。

キングダム740話では、桓騎の部下達にとって、桓騎は尊敬できる相手だったと言う事がわかりましたね。

桓騎は彼らを助けるために部下にしたわけではありませんが、部下達にとっては桓騎は感謝してもしきれない存在です。

殆どの部下は盗賊をしていて、まともな生活や野望を持つ事が出来ませんでした。

桓騎の部下になり、生きるのが楽しくなったから、感謝していて、尊敬しているのでしょう。

今後のキングダムの展開も気になりますね。

以上「【キングダム740話ネタバレ】肥下城を見て唖然とする李牧」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る