キングダム

【キングダム687話ネタバレ】扈輒軍の躍進!

【キングダムネタバレ687話最新話確定速報】桓騎の雷土へ思い

2021年7月29日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム687話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム686話では、趙国に捕まった雷土の状況が描かれました。

趙国本陣、総大将の扈輒将軍のいる天幕で雷土は連れと一緒に捕まり、後ろに手を縛られて座らせられています。

扈輒将軍は龍白公とは若い頃から戦場を共にしてきており、家族同然だったと言っていました。

その龍白公の息子を弄び殺し、更に父親の龍白公も殺した雷土の事を軍人としては優秀だと言いました。

流石にこれには龍白公の息子竜布は驚いています。

ただ仲間の手前このまま帰す訳にはいかないと言い、遂に拷問を始めました。

指を切られ、腕を落とされ、足の爪も剥がされ、連れの二人は既に事切れています。

それでも桓騎の策を雷土は決して言いません。

今後どのような展開になるのでしょうか?

今回は「【キングダム687話ネタバレ】扈輒軍の躍進!」と題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム687話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム686話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム687話ネタバレ考察|雷土は本当に策を言わないのか?

キングダム686話で雷土は趙国軍に捕まり凄惨な拷問を受けています。

雷土は桓騎がすぐそばにいたら、さっさと情報を言ってしまえばいいのにと笑うだろうと言ってました。

桓騎からしたら、長年共に戦ってきた雷土の命の重さは、秦国の勝利よりきっと重いのでしょう。

それほどに桓騎にとって雷土の存在は大きかった思います。

趙国の拷問官によると今以上の苦痛を与えるから絶対に口を割ると言っていました。

扈輒将軍も死ぬまでに必ず情報を聞き出せと言ってました。

まだまだ続く激しい拷問、雷土の意識も朦朧としてきてます。

死の縁で悟る桓騎の事、もっと桓騎と話したいと言っていた雷土が生き延びる為には口を割るしかないようです。

しかし桓騎への思いがあるからこそ、桓騎の思い描く先を見たいからこそ、情報は言いたくても言わないを事を選んだんでしょう。

 

キングダム687話ネタバレ考察|岳白公との一騎討ち

飛信隊と亜花錦による挟撃で窮地に立たされた趙国軍はこのままでは戦況がひっくりかえると判断した岳白公自ら前面に出て来ました。

その巨漢に圧倒される飛信隊ですが、ここは間違いなく李信が参戦するでしょう。

趙国三大天の龐煖を倒した李信です。

確かに蒙武クラスの巨体を誇ったとしても、武力、経験は龐煖を勝る事はないでしょう。

趙国軍にとっては龍白公らと並ぶ将軍でありますが、その武は底が見えてるように感じます。

李信も一時は苦戦するかも知れませんが、岳白公を追い込む事でしょう。

李信の武力に圧倒され逃げ出すなんて事もあるかも知れません。

そこを羌瘣に狙われるという展開もありそうですね。

 

キングダムネタバレ686話最新話考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム686話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です.

 

キングダム687話ネタバレ

キングダム687話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム687話ネタバレ|扈輒軍の攻めが苛烈に

キングダム687話は桓騎軍が扈輒軍に追い込まれるシーンから始まっています。

桓騎軍の右翼と中央軍は扈輒軍にかなり攻め込まれてます。

桓騎軍は雷土を失った事で指揮系統が取れておらずバラバラで戦っています。

趙国軍の左翼は龍白が引き継いで指揮をとっている様子です。

武力もさることながら、将としても中々の才能を発揮をしています。

更に父親と弟を殺された怒りもあり感情も昂り、相当士気も高まっています。

そして中央軍も虎白公の活躍もあり桓騎軍も分断されたままでどんどん追いこまています。

雷土軍は壊滅状態です。

 

キングダム687話ネタバレ|扈輒の抜かりない配備

扈輒本軍では雷土への拷問が終わってました。

最後まで何も言う事はなかった雷土に対して、やはりこのまま桓騎は終わらないと察知する扈輒将軍。

扈輒としては、このまま桓騎軍を壊滅して終わりではなく、万が一を考え影丘を抜かれる可能性、そして王翦軍が動いてきた時も考えています。

この事から、扈輒の意識が少しずつ桓騎軍から他の軍へ意識が向かっているのがわかります。

もしやそれが既に桓騎の狙いなのかも知れません。

扈輒も今までの戦経験から、とても辛い痛みを感じていたかのような表情をします。

影丘では王賁軍の副将、関常が残っている王賁軍をまとめ上げています。

そして飛信隊と合流して攻めています。

 

キングダム687話ネタバレ|岳白公の体術

影丘では李信と岳白公の大将同士の一気撃ちが始まっています。

李信の強烈な一撃がどんどん岳白公を攻めて行きます。

しかしそれを全て受けきり、更に李信に対して強烈な一撃を加えます。

謎の強さを見せる岳白公、羌礼や羌瘣みたいに片足を上げてまるで舞っているような攻撃をしかけます。

あの巨体で信じられない動きです。

このままでは上手く攻めきれないと判断した李信は尾平を呼びました。

 

キングダム687話ネタバレまとめ

キングダム前話686話では、扈輒に捕まった雷土への苛烈な拷問が描かれており、雷土の桓騎への思いが見事に表現されておりました。

最新話速報としてキングダム687話のネタバレを紹介してきました。

そしてキングダム687話ではその後の扈輒軍、秦国軍の様子が描かれておりました。

龍白公の亡きあと、竜布がその後を継ぎ桓騎軍右翼をどんどん攻めていきます。

雷土にやられた父親と弟の分の怒りも相まって相当の勢いで攻めてきます。

また、扈輒自身も今までの戦の経験で痛みがあり、相当念入りに軍を配備しています。

万が一を考え、影丘を抜かれる事、王翦軍が攻めてくる事を考えて、桓騎軍の事も考え抜かりなく軍を横に配備していきます。

これが既に桓騎の術中かも知れません、意識が既に他へ逸れていってます。

そして影丘では大将同士の一気撃ちが苛烈を極めてます。

岳白公の体術に翻弄され苦戦をしてしまう李信は何を思ったのか尾平を呼ぶ事にしました。

何故、戦力的に圧倒的に劣る尾兵を呼んだのでしょうか?

李信の秘策とは?

今後のキングダムの展開も気になりますね。

以上「【キングダム687話ネタバレ】扈輒軍の躍進!」と題してお届けしました。

\ワンピースアニメも無料でイッキ見!/