キングダム

【キングダム718話ネタバレ】蒙恬の閃きが青歌の二将を討つ

【キングダムネタバレ最新話718話】飛信隊と楽華隊の共同戦線

2022年4月28日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム718話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

キングダム717話では、李信がこのままでは火が消えるという事で火の起こしどころを探していました。

そこで突如、自分の持ち場である右翼の守りを捨て、飛信隊全軍を引きつれ移動を始めます。

当然飛信隊の軍師の河了貂は李信の行動に反対しようとしますが、李信が飛信隊の隊長の将軍の俺を信じろと言うと、河了貂は納得し行動を共にしました。

中央軍の壁将軍の前もスルーして李信が向かった先は秦国の左翼の楽華隊の所。

蒙恬は李信が左翼に来た事に一瞬驚きはしたものの、すぐ李信の行動に納得しました。

先ほどまででは秦国全軍が壊滅は免れない状態でした。

しかし李信が来た事で左翼は趙国軍の右翼の戦力を上回る兵力数になりました。

今回は「【キングダム718話ネタバレ】蒙恬の閃き、青歌の二将を討つ」題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム718話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム717話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム718話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム717話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム718話ネタバレ

キングダム718話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム718話ネタバレ|秦軍左翼に北東軍5万を当てる

キングダム717話では、火の付け所を見つけた飛信隊全軍が右翼の守りを捨てて、蒙恬のいる左翼へと行きました。

キングダム718話ではその続きから描かれました。

飛信隊が左翼へと合流した事で秦軍の右翼の守りがなくなり、桓騎本陣への壁が無くなった状態でした。

この隙を李牧が見逃す筈がなく、趙国軍の左翼攻勢を強め一気に本陣を狙おうとします。

桓騎軍の軍師摩論はこのままでは良くないと判断し、右翼の守りに急遽ですが北東軍の残党の5万をそこに当てる事にしました。

おそらく桓騎の指示ではあると思います。

桓騎は自軍を守る為に北東軍の兵士の壁を用意。

北東軍は桓騎の事を英雄視しており、その桓騎の指示を受けて右翼の守りにつけた事に意義を感じ嬉しくなり士気が上がっています。

ただ桓騎はそんな気持ちを知るよしもなく肉の壁ぐらいにしか思ってないかも知れません。

 

キングダム718話ネタバレ|飛信隊と楽華隊の強み

飛信隊は左翼の楽華隊に合流し、趙国軍右翼と応戦しています。

飛信隊と楽華隊は今までも共闘したくさん戦場を生き抜いてきました。

そして今回も共闘する事になりましたが、お互いの軍の隊長同士の息が合うせいなのか、配下の兵士もお互いに上手く支えあってるように見えます。

陸仙と那貴が上手く連携をとったりして、趙国軍を倒したり、防戦一方だった愛閃の軍を羌瘣の軍が救ったりととても良い感じです。

しかし今はお互いに上手く連携が取れてるように感じますが、それでも趙国の数の暴力にはいずれ屈してしまうかも知れません。

このままではまだ防戦一方、攻めに転ずるにはまだ決め手にかけるように感じます。

 

キングダム718話ネタバレ|蒙恬の閃き、青歌の二将を討つ

秦国の左翼は飛信隊が合流した事で一時的ではありますが趙国に対応出来る戦力を手に入れました。

しかしそれでもまだ少し物足りないのが現状です。

そこで蒙恬はこの一大戦力で趙国の右翼の将軍、青歌より将兵されてる上和龍と楽彰を討つ事を決めました。

青歌より来た、この二将を討つ事で、趙国の指揮系統を乱し、そこから一気に火を燃え上がらせ大火と変え炎のように戦場熱くしたいのでしょう。

本能型の李信の直感に応えるように、楽華隊の蒙恬はこの閃きに至りました。

同期でもある二人の戦い方でこの戦場が大きく揺らぐ事になるのは間違いないでしょう。

ここでキングダム718話は終わります。

 

キングダム718話ネタバレまとめ

キングダム前話717話では、李信は火の付け所を見つけ、楽華隊の蒙恬のいる左翼に飛信隊全軍を移動させました。

最新話速報としてキングダム718話のネタバレを紹介してきました。

キングダム718話では、飛信隊が全軍移動した事により秦軍右翼の守りがなくなり、趙国軍の李牧がそれを見逃す訳もなく、桓騎軍本陣を全力で狙っていきます。

流石にこのままではまずいと判断した摩論は桓騎と話したのか、北東軍5万を急遽右翼の守りに当てました。

北東軍は右翼の守りにつけた事、六大将軍の桓騎の守りにつける事を嬉しく思っています。

桓騎はおそらく自軍の兵士を減らしたくないので、一時しのぎの壁程度にしか思っていないでしょう。

そして蒙恬は飛信隊が加わった事によるこの一大の戦力を持って一気に趙国の右翼の将軍、青歌の二将、上和龍と楽彰を討つつもりのようです。

今後のキングダムの展開も楽しみですね。

以上「【キングダム718話ネタバレ】蒙恬の閃き、青歌の二将を討つ」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/