キングダム

【キングダム717話ネタバレ】李信は楽華隊のいる左翼に合流

【キングダムネタバレ最新話717話】李信が火をつける

2022年4月21日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム717話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム716話では、趙国と秦国が正面からぶつかりあっています。

その中でも壁将軍が奮戦し横陣を守りながら戦っていますが、趙国軍に将軍らしき男がいると狙われ出します。

その窮地をナジャラ族が救いました。

指揮官が前線を離れる訳にはいかないと言いますが、ナジャラ族はこの場にいると大凶だと感じて無理やり引き離します。

桓騎軍の摩論もこのままではまずいと、中央軍が突破されるとこのままでは本軍が狙われるのではと援軍を出すことを進言。

しかし桓騎は焦るなと、まだ戦いは始まったばかりだと一切動じてません。

趙国軍の傅抵はこの自軍の有利すぎる状態も悪くないと珍しく静観しています。

李牧はこのまま秦国軍を数の有利で攻め切るつもりです。

今回は「【キングダム717話ネタバレ】李信は楽華隊のいる左翼に合流」題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム717話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム716話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム717話ネタバレ考察|李信が火を付ける

キングダム716話では、李信は趙国が有利すぎる展開に流石にやばいと感じています。

このままでは数の有利に飲み込まれどうしようもなくなってしまうと判断し、いつもなら率先して乱戦に入っていくのですが、今回は違います。

李信は本能的に危機を感じ、どこか火の付けどころがないか探っています。

そして戦況を見守り遂に見つけました。

右翼の守りを捨て横陣を解いて前進を始めました。

李信は守りを捨て一体どこに向かうのか?

桓騎も戦いは始まったばかりだと絶対的な不利な状態においても焦らずに援軍を送らずに様子を見ています。

李信は一体にどこに火をつけるのか?

右翼の守りを捨て、敢えてそこを趙国に狙わせ、誘いこむ事でその隙を狙っていく、または趙国の将軍を見つけ、そこをピンポイントで狙いに行くのか?

李牧の詰んだ盤面を打開するのは、李信の出方次第と言えるでしょう。

 

キングダム717話ネタバレ考察|李牧はどこまで先を

キングダム710話で太原で秦国の北東軍に奇襲を仕掛ける事を趙国三大天の李牧は半年以上前から読んでいたとの事でした。

また閼与城で王翦将軍が留まる事に関しては、一つの賭けだったのかも知れません。

北東軍の中にまだ王翦将軍が合流してない事に少し安堵していました。

逆を言えば、桓騎軍であれば李牧は討てると確信を持っているのかも知れません。

以前、李牧は桓騎将軍の弱点を見つけたと言っていました。

現在、読者目線でわかる桓騎の弱点と言えば、野党集まり故の結束力の弱さ、そして城攻めなどの基本となる戦術が必要な攻め方が苦手、そして桓騎の智力に次ぐ実力者がいない事。

そして桓騎を諫める人物がいない事です。

李牧は桓騎将軍が攻めてきた事を好機と捉え、より万全の状態で迎え撃つ事でしょう。

 

キングダム717話ネタバレ考察|蒼波広の実力

キングダム709話で秦国の北東軍を引き連れる大将が新登場しました。

その名も「曹波広(そうはこう)」と言います。

側近との言葉のやり取りを見るかぎり決して賢いようには見えません。

六大将軍はもちろんの事、他の田里弥や若き将軍達と比べても見劣りするのは否めません。

しかし、大将となるという事はなんらかの実力や実績がないとなれないでしょう。

おそらく、智力というよりは武力と長年の大きくはないけど、小さな実績を積み重ねてきたのではないでしょうか?

側近にはこのまま趙国を攻めきる事が出来れば六大将軍の席も手に入るのではと言われていますが、そこまでの実力は秘めてないでしょう。

 

キングダム717話ネタバレ考察|羌瘣は李信を想う

キングダム707話で李信は見事その武力で龍白公を討ち取りました。

その時黒桜らに一度生け捕りにしろ、殺すなと言われましたが、一切聞かずに一瞬で討ち取りました。

討ち取ったあとの李信はどこか悲しげな表情でした。

そんな李信を羌瘣は心配するように見つめていました。

李信は今回の10万の虐殺の事を非常に悔しく思っており、その辛い思いを戦場で嬴政と共に分かち合う事で何とか乗り越えようとしてました。

例え敵国であっても、捕虜となった戦う意思のない相手を虐殺するのは、李信の信念に背く事だったのでしょう。

しかし、趙国は恨みの怨念に囚われ続け、また桓騎軍も雷土の復讐に囚われ、負の連鎖がガチガチに絡まってる状態を李信を快く思ってませんでした。

李信はその復讐心、恨みを全て受け止める覚悟を持って、余計な一切な感情入れずに敵将、龍白公を討ち取ったのです。

その全ての感情を受け止める覚悟は李信を将軍としても、人としても成長させてるように見えます。

李信の器が大きくなる様子が見て取れます。

羌瘣はそんな李信を無理しすぎてないか心配し、李信を思い側にいる事を選択し追いかけていったのでしょう。

 

キングダム717話ネタバレ考察|金剛の剣で盾である信

キングダム700話で、李信は嬴政の金剛の剣であると明言していました。

その言葉に心から、お前という存在に本当に助けられると嬴政が思った程です。

これから他国を滅ぼしていく時に並々ならぬ覚悟で攻めて行かなくてはいけないのです。

嬴政一人では、迷って折れてしまいそうになる時も、天下の大将軍になると目標を掲げ、攻めてくる敵の強い思いも承知の上で戦うと言い切る李信に嬴政は心から救われるのです。

以前の合従軍戦の蕞での防衛戦でも嬴政は李信に救われていました。

李牧が攻めてくる中でも、金剛の盾として守り切りました。

今後他国を滅ぼし、中華統一していく中で嬴政の思いを元に戦っていく李信の成長、活躍から目が離せませんね。

 

キングダム717話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム716話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム717話ネタバレ

キングダム717話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム717話ネタバレ|李信は蒙恬のいる左翼へ

キングダム716話のラストで、李信はこのままでは戦場の火が消えると危機を感じ、戦場全体を見て火の付け所を探していました。

そして火の付け所を見つけた李信は突如飛信隊全軍に右翼の守りを捨て、ついてこいと指示。

キングダム717話では飛信隊のその後が描かれました。

李信は今のままでは敗戦濃厚で良くないと本能、すなわち今までの経験と勘を信じて移動始めました。

右翼の守りを捨てどこに行くかと言えば、蒙恬のいる楽華隊の左翼。

当然ながら河了貂はそんな作戦を止めようとしますが、李信は俺を信じろと言い、河了貂も自軍の大将を信じてついて行く事にしました。

摩論は飛信隊の動きを見て逃げる気かと思ったようです。

一方趙国の総大将李牧も飛信隊の動きに気づきますが、一先ずは様子見を選択しました。

 

キングダム717話ネタバレ|右翼の守りを捨て、左翼に合流

飛信隊が左翼に大移動するのを壁将軍も気づきましたが、壁将軍も自軍の守りで精一杯、そこまで気を割けてません。

そして飛信隊は左翼の楽華隊に合流しました。

蒙恬は飛信隊の今回の動きに、李信の閃きが突破口になる、活路を見出しそうだと期待を寄せています。

今、秦国にとって大切なのは、李牧の想像を超える、想定外の戦術です。

そうなると必要なのは、李信のような本能型の戦場での閃きがとても重要となってきます。

今回の飛信隊の動きを桓騎は笑って見ています。

キングダム716話で摩論が桓騎に援軍を出さないのか?を聞いた時に、桓騎はまだ始まったばかりだと動かなかったのは楽華隊、または飛信隊が何かするだろうと踏んでの事だったのでしょうか。

桓騎はこれから自分のいる本陣が直接狙われる恐れがあるというのに不敵な笑みを浮かべています。

 

キングダム717話ネタバレ|李牧はそのまま秦国右翼を攻める

李牧は飛信隊の動きに気づき右翼の守りを捨てた事に驚いてはいるものの、そのような奇策に惑わされず好機と捉え、秦国軍の右翼を攻める事にしました。

李牧は飛信隊の李信の動きを見て、李信がひょう公将軍に近づいているように感じています。

今回の件で桓騎軍が直接狙われる事になります。

そしてここまできてようやく桓騎軍が動き出すように見えます。

しかし、軍師の摩論はこのような乱戦や、本能型の奇策について行く事に抵抗を感じている事でしょう。

一体今後どのような展開になって行くでしょうか?

ここでキングダム717話は終わります。

 

キングダム717話ネタバレまとめ

キングダム前話716話では、李信はこのままでは戦場の火が消えると、火の付け所を探して遂にそれを見つけ飛信隊全軍で移動を始めました。

最新話速報としてキングダム717話のネタバレを紹介してきました。

飛信隊は軍師の河了貂の反対を押し切り、大将の李信を信じ全軍左翼へ移動します。

壁将軍も飛信隊の動きに気づきますが、中央軍の守りで手いっぱいです。

趙国の李牧もその動きに気づきますがそのような動きに窓わされずに右翼の守りがなくなった秦国本陣を攻める事にしました。

無事蒙恬のいる、左翼に飛信隊は合流出来ました。

蒙恬は今までの飛信隊と共に戦ってきた経験からこの合流が秦国軍全体にとっての活路になるのではと捉えてるようです。

その頃総大将の桓騎はこの飛信隊の動き笑って見ています。

まるで戦そのものを楽しんでいるように見えます。

物事を俯瞰で見る、まるで読者目線で桓騎は見てさえ感じさせました。

今後のキングダムの展開も楽しみですね。

以上「【キングダム717話ネタバレ】李信は楽華隊のいる左翼に合流」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/