キングダム

【キングダム713話ネタバレ】壁将軍の手柄で赤麗陥落

【キングダムネタバレ最新話713話】壁将軍の攻城戦

2022年3月17日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム713話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム712話では、風范将軍率いる北東軍5万と合流した桓騎軍が宣安を目指して北上を始めました。

その道中、趙国軍の奇襲に会うんじゃないかと不安に駆られながら、警戒しながら行軍しています。

実際桓騎ら秦国軍はこの趙国の土地は未踏のため、地形を利用されてどこから攻められるかわからなく、河了貂は常に地形を確認しながら声をかけています。

しかし一向に趙国軍が攻めてくる気配がなく北上に成功、宣安の城の手前の赤麗城に到着しました。

この赤麗城を攻略できれば、この先の宣安を攻めるに当たって拠点となり、野営ではなく城で休めることになるため兵士にとっては全然違います。

そして今回この赤麗を攻めるのは蒙恬将軍の進言もあり、壁将軍が行う事になりました。

壁将軍の攻城戦とは…!?

今回は「【キングダム713話ネタバレ】赤麗陥落?壁将軍の手柄」と題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム713話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム712話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム713話ネタバレ考察|壁将軍の攻城戦

キングダム712話で秦国軍は軍議を開き、赤麗城を攻めるのはどの軍にするかとなりました。

その際に蒙恬は飛信隊でもなく、楽華隊でもなく、ましてや桓騎軍でもなく壁将軍の軍にお願いしたいと告げました。

理由は蒙恬将軍からの言葉でわかるように、壁将軍の軍が最も正攻法で戦う事が出来る、軍としの統率が取れているとの事でした。

壁軍は桓騎軍ような奇策が得意でもなく、飛信隊のような武力がある訳でもなく、楽華隊みたく柔軟な戦いが得意な訳でもないです。

しかし、壁将軍の軍は今までの戦歴からもわかるように基本的な戦い方、陣形、戦術に関しての総合力は他の軍に引けを取らないとの判断でしょう。

ましてや犠牲ありきの攻城戦において自軍の将軍への信頼がないとやりきれないという事もあります。

部下からの信頼の厚い壁将軍がどのように赤麗を落とすのか気になりますね。

 

キングダム713話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム712話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム713話ネタバレ

キングダム713話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム713話ネタバレ|赤麗も戦闘なく開城

キングダム712話で秦国軍の桓騎、摩論、李信、河了貂、蒙恬、壁らが趙国軍の赤麗城を前にして軍議を開いていました。

それは赤麗攻城戦を行うのはどの軍かという事。

蒙恬の進言もあり、軍の強みを活かすため正攻法が得意な壁将軍の軍が行う事になりました。

そしてキングダム713話においてその後が描かれました。

攻める前から何か違和感を感じていた羌礼。

壁将軍の軍が攻めようとしてるのに、赤麗城は軍を配備したり、軍旗振りかざすそぶりもなく、ましてや矢で射ってくる事もありませんでした。

流石の壁将軍も不思議に感じ攻めようとすると赤麗城が開城し門が開きました。

閼与城の時みたいに騎馬隊が奇襲を仕掛けてくる訳でもなく、老人が現れ、白旗を降っています。

城の中に入ってみると老人や病人の姿しか見れず、ましてや兵士の姿が見えませんでした。

 

キングダム713話ネタバレ|沈黙の李牧、今何が行われる?

赤麗城が結果として、誰の血も流す事なく開城しました。

今までの趙国軍の戦い方したら今回の赤麗での開城はありえない程です。

李牧がいる宣安を前にして桓騎達は万全な状態で体勢を整える事が出来ました。

野営も覚悟してた兵士が城内で眠りにつけるだけでも全然違います。

故に李牧が一体何を狙っているのか全くわかりません。

桓騎と那貴が久々に話をしていました。

どう思うかを那貴に聞くと、桓騎が周りの意見を聞こうとする姿勢に驚くばかりです。

この事からも、戦の天才桓騎ですら、李牧の考えが読めないのです。

情報が入ってこないというのはこれだけ相手に不安にさせてしまう物なのですね。

 

キングダム713話ネタバレ|燕のオルド将軍の読み

現在の趙国と秦国の戦いはちょっとした膠着状態になっています。

理由は趙国軍が自国に攻めてくる敵に対して、守りや攻めを行っていないからです。

この現在の戦いの情報は趙国の隣国の燕にも届いていました。

燕の重臣達はこのまま趙国が侵略されたら次は自分達だと不安に駆られてますが、オルド将軍は全く動じていません。

何故なら秦国相手に合従軍で李牧という男の戦い方、知慮の深さを知ってるからこそです。

むしろ趙国の犠牲より、秦国の犠牲を考えてます。

李牧の張った罠に六大将軍ですら餌食になるであろうと。

そしてオルドの描写の後に桓騎が描かれます。

ここでキングダム713話は終わります。

 

キングダム713話ネタバレまとめ

キングダム前話712話では、赤麗城を前に秦国軍は軍議を開き誰の軍が攻めるか決め、今回は壁将軍の軍が攻城戦を行う事になりました。

最新話速報としてキングダム713話のネタバレを紹介してきました。

キングダム713話では、赤麗城は秦国軍の強い気持ちとは裏腹にまさかの一滴も血を流す事もなく、軍を配備する事なく開城されました。

門から出てきた、老人が白旗を振って降参宣言をしております。

流石のこの対応に桓騎も李牧の考えわからずにいます。

それは那貴との会話でもわかる程です。

趙国の隣国、燕のオルド将軍もこの戦いの行方を見守っています。

オルドの読みは李牧の策が静かに深く展開されており、秦国の六大将軍ですら犠牲になるだろうと思ってます。

今後のキングダムの展開も楽しみですね。

以上「【キングダム713話ネタバレ】赤麗陥落?壁将軍の手柄」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/