キングダム

【キングダム708話ネタバレ】閼与城陥落!

【キングダム708話ネタバレ】閼与城陥落!

2022年2月3日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム708話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム707話では、虎白公と龍白公は決死の思いで城を出て、田里弥将軍を討ち取る事は難しいと判断し、そのまま桓騎本陣を狙おうとしました。

桓騎軍の本陣に向かいますがそこに飛信隊が現れて道を塞ぎます。

龍白公個人の武力も相当なもので飛信隊の前衛を蹴散らしますが、そこに李信が現れ大分勢いを止めます。

虎白公は勢いが止まった事に気づき援護に向かい、両端に壁を作るようにして、龍白公が抜ける道を作り、見事にそこを抜け桓騎軍本陣へ向かって行きました。

しかしそれを見過ごす李信ではありません。

龍白公は桓騎本陣へ突撃しましたが、そこに再度李信が追いつきました。

李信は、復讐の連鎖を断ち切るかのように龍白公を斬り伏せました。

敵将を討ち取ったのにどこか悲しい表情の李信は一体何を思っているのでしょうか?

今回は「【キングダム708話ネタバレ】閼与城陥落‼︎」と題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム708話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム707話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム708話ネタバレ考察|虎白公vs羌瘣

閼与城より決死の覚悟で攻めてきた扈輒将軍の元側近の二人の将軍。

虎白公と龍白公、この二人は扈輒将軍を討たれた事、更に龍白公は実の父親と弟を桓騎軍に殺され相当の恨みを持っております。

今回閼与城で守りの戦いをしていましたが、仇をとりたい一心でまさかの奇襲を仕掛けてきました。

田里弥将軍への奇襲は、王翦将軍の機転により防がれましたが、そのまま桓騎将軍を狙う事に。

そのまま桓騎本陣へもう少しの所で、飛信隊のオールスター揃い踏みで登場しました。

虎白公将軍と直接対決するのは羌瘣ではないでしょうか?

羌瘣は羌礼との戦いの後休養もあり、ほぼ万全な状態で戦に臨んでおります。

しかし、決着がつきそうになれば、舜水樹と話した通りに逃げるのではないでしょう?

終始、羌瘣優勢で戦いが進むと思います。

 

キングダム708話ネタバレ考察|閼与の戦力

閼与の城を守るのは李牧の右腕とも言える、舜水樹。

そこを守る兵は以前、桓騎に虐殺された10万の兵の残された家族でした。

強い復讐心と仇討ちの思いがものすごく強いです。

更に奇襲を仕掛けてきたのは、扈輒将軍の精鋭部隊でもあった虎白公、龍白公の二人の将軍でした。

戦力は本当にこれだけでしょうか?

以前初登場した、カン将軍とジ将軍ももしかしたら潜んでいるかも知れません。

仮に閼与の門が開き攻めた所でそれだけの一大戦力が潜んでいれば、閼与攻略はより難しい事でしょう。

李牧がどのような軍配備をしてきてるのか気になります。

 

キングダム708話ネタバレ考察|王翦軍一時撤退

閼与城に梯子をかけ一気に攻める田里弥軍。

しかし趙国軍の決死の巻き添えの作戦もあり、攻めていた兵も高所から落ちてしまっています。

そして、突然城門が開き虎白公と龍白公が精鋭を引き連れ、田里弥将軍の本陣に奇襲を仕掛けていきました。

流石の王翦将軍もこの状況はまずいと判断しています。

5ヶ月も準備の時間を設けて一気に攻めに転じたのに、こんな反撃にあうだなんて王翦将軍も思っていなかったでしょう。

このままでは、無闇に戦力が削られて行くだけなので一度前線を下げ、一時撤退の命令をするのではないでしょうか?

そして再度戦略を立て直してから攻めるのではないでしょうか?

田里弥将軍が臨機応変にこの窮地に対応出来るのか気になります。

 

キングダム708話ネタバレ考察|桓騎軍が反撃

現在王翦軍は趙国軍の思わぬ反撃を受けて、苦戦を強いられてます。

虎白公、龍白公の奇襲を受けてこのままではまずいと王翦将軍も判断しています。

このような乱戦こそ、桓騎将軍が力を発揮する場面ではあります。

しかし、現在桓騎将軍はこの後の李牧がいる宣安を攻める事を考え、戦力温存との事で後方で食事をしながら待機しています。

本来であれば秦国一丸となって数で圧倒したい所ではありますが、この後の李牧の事を考えるとそうは行きません。

そうなると、この場面を打開出来る秦国の戦力と言えば、若き将軍達、飛信隊、楽華隊となってきます。

この二つの戦力をどこで使うかによって戦局は大きく変わってくるでしょう。

早速、李牧と王翦の智力の勝負が静かに始まろうとしています。

 

キングダム708話ネタバレ考察|桓騎らしさが無くなる

嬴政自ら桓騎の元へ訪れたため、今後は桓騎との対話が行われるはずです。

さらに嬴政は軍としての規律を再度正す事になると思われます。

今まで桓騎は他の将軍が思い浮かばないような戦略を駆使して、数々の戦に勝利してきました。

相手からしたら想定外の戦い方が最も厄介だったのに、軍の規律を守る事で自軍によって封じられてしまうのです。

本来の桓騎らしい戦い方が今後出来なくなってしまいます。

結果、今後行われる、李牧との戦いの敗北に繋がるのではないでしょうか?

嬴政と桓騎の間に出来てしまった溝が今後どのように桓騎の戦いに影響されるのか気になる所です。

 

キングダム708話ネタバレ考察|遂に李牧が召集される

キングダム696話で扈輒将軍の敗北、そして趙国が敗北した事が邯鄲の郭開も知る事となりました。

流石に郭開もこのまま、秦国が攻めてくれば趙国が滅んでしまうと本能で感じます。

そこで、李牧を呼びよせる事になります。

一度は追放紛いの事をしましたが、その実力はやはり認めざるを得ないのでしょう。

史実でも李牧がこの後戦いに加わる事は明らかになっています。

そして李牧と桓騎の戦いが描かれる事になっています。

李牧は以前の戦いで桓騎の弱点を見破ったと取れる発言をしていました。

早くも李牧と桓騎の再戦が叶うと思うと嬉しくなりますね。

 

キングダム708話ネタバレ考察|龍白公の逆襲

扈輒が討たれた事によって軍が機能しなくなり、趙国軍は逃げるしかありませんでした。

また、龍白公自身も、黒桜の軍に追われ大分壊滅的なダメージを受けた事が伝わってきました。

黒桜が言うには野たれ死んでるのでは?という事ですが、あれだけの武将です。

このまま退場という事はないでしょう。

合従軍戦で登場した、万極将軍のように恨み、復讐心を持って再度登場する事になるでしょう。

そしてこの戦いで、父親、弟を殺された挙句に信頼してる将軍も殺され、更に自軍の兵10万もの首を切られるのですから、万極以上の恨みを募らせるはず。

あの気性荒そうな性格を見る限り、より深く闇に入り、復讐を誓う事でしょう。

 

キングダム708話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム707話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム708話ネタバレ

キングダム708話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム708話ネタバレ|李信が両軍に一喝‼︎

キングダム707話で龍白公を討ち取りました。

桓騎軍は雷土の仇なのに、拷問したかったのに何故殺したと糾弾。

趙国軍も将軍龍白公が討たれた事を恨み、互いの軍が罵詈雑言を吐きあっています。

李信はそれに耐えかねて、双方に対して「うるさい」と一喝します。

李信の声はビリビリと周りの空気を変えてしまいました。

平陽の戦いでの10万の首の重さを李信は知ってます。

摩論は戦略的に10万の首切りは仕方なかったと言います。

しかし、李信にそんな言い分は通用しません。

「絶対に許さない」と言い切ります。

 

キングダム708話ネタバレ|李信は桓騎を許してない

李信が一喝する姿に桓騎軍は、恐ろしさを感じています。

今の李信にはそれだけ迫力と威厳が増したという事でしょう。

羌礼は羌瘣に、李信を見て戦の分からない所が少しわかったと言ってました。

李信は桓騎軍に龍白公を渡せば、大変残虐になる事がわかっていました。

それ故に今回の行動を取りました。

さらに趙国軍に対して一つ提案をします。

龍白公の遺体を渡すから、城に引き下がれと。

しかし、李信の優しさを受け止めず、一度決めた決死の気持ちで引き下がる事が出来ず、向かって行きます。

ですが李信の前に、羌瘣、羌礼が立ち塞がり打ち破りました。

桓騎はこのやりとりを全て見ていましたが、目の前の正義感、理想を掲げる李信よりも雷土の事を思い出してるように見えます。

そして、虎白公は桓騎を討てないで討ち死にする事は無駄死にだと判断。

悔しながらも、戦線離脱します。

 

キングダム708話ネタバレ|閼与城陥落‼︎しかし被害も3倍

王翦軍は引き続き閼与城を正攻法で陥落させましたが、自軍の被害は想定の3倍でした。

王翦の計算より3倍も兵を失ってしまったのが今後どのように影響が出てくるでしょうか。

舜水樹は地下道を通って閼与から脱出。

戦線離脱してきた虎白公と合流したあと、李牧のいる宣安に向かいました。

王翦将軍は閼与城を陥落させるも、李牧のいる趙国軍を攻める事の難しさ再度噛み締めていました。

王翦の想像以上に厳しい厳しい戦いとなりそうです。

また今後桓騎がどのように動いてくるのか楽しみですね。

キングダム708話はこれで終了となります。

 

キングダム708話ネタバレまとめ

キングダム前話707話では、桓騎軍に乗り込んできた龍白公は、李信の前にあえなく討ち取られてしまいました。

最新話速報としてキングダム708話のネタバレを紹介してきました。

キングダム708話では、その後が描かれます。

雷土の仇として、拷問にかけたかった黒桜ら桓騎軍と龍白公を討たれた趙国軍同士で互いに罵りあってますが、李信がうるさいと一喝。

桓騎軍に捕まったら大変な事になる事を李信は知っていました、双方に対して圧力をかけます。

李信は、平陽の10万の首切りをした桓騎を絶対許さないと言い切りました。

桓騎軍は李信に対して恐れを感じ始めていました。

将軍としての威厳も相当出てきてます。

李信はある意味、優しさから龍白公の遺体を渡すから引きさがれと言います。

しかし決死の思いで出てきた、龍白公の軍は引き下がれず挑んできますが、羌瘣、羌礼の前に討ちはてます。

一方閼与城は王翦軍により陥落しましたが、想定の3倍の犠牲が出てました。

王翦はこの後の宣安攻めをより一層厳しくなる判断しています。

舜水樹は地下道を通って脱出、そして戦線離脱してきた虎白公と合流し、李牧のいる宣安まで向かいました。

今後のキングダムの展開も楽しみですね。

以上「【キングダム708話ネタバレ】閼与城陥落‼︎」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/