キングダム

【キングダム691話ネタバレ】戦の天才桓騎が扈輒の天幕に迫る

【キングダムネタバレ最新話691話】敵を出し抜く桓騎の思惑

2021年9月9日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム691話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム690では、遂に飛信隊が影丘を攻略。

李信は岳白公の素早い動きを止める事に成功、王騎の矛を受け取るとそのままの勢いで岳白公を斬りました。

岳白公が李信に討たれ、趙国軍は士気が衰えるかと思われましたが、そのような事はなく副将指示のもと趙国軍が攻めてきます。

そこに羌瘣隊が到着して趙国軍の騎馬隊を迎えうちました。

羌瘣隊の活躍も飛信隊の窮地を救いました。

更に後軍も迫ってきていましたが、そこは亜花錦が別働隊と共に本陣を急襲して副将の首を取りました。

そして岳白公討死の報せは扈輒将軍の所に届き、同時に影丘攻略は桓騎の元にも届いてました。

今後キングダムはどのような展開になるのでしょうか?

今回は「【キングダム691話ネタバレ】戦の天才桓騎が扈輒の天幕に迫る」と題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム691話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム690話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム691話ネタバレ考察|扈輒の読み

キングダム687話で、扈輒と副将らしき夏満という男が話し合っています。

現状は桓騎軍は龍白公や虎白公の怒涛の攻めで趙国軍が優勢に見えます。

このまま趙国が押し切りそうな勢いですが、扈輒達は一切油断をしてません。

何故ならば、右には王翦軍がいる事、そして影丘の戦局が気になっています。

影丘は抜かれる事はないと踏んでいますが、王翦の出方次第では扈輒軍は軍の配備を変えないといけません。

しかしそれにもすぐ対応出来るよう準備してます。

夏満曰く扈輒は痛みを知ってる、桓騎程度では相手にならないとタカを括ってます。

扈輒なりに桓騎という男を読んでいますが、桓騎はあの王翦を持ってしても読めない男と言わしめた程の男です。

桓騎からすれば、痛みなどとうに忘れたと言いかねません。

扈輒がいくら戦局を読めても、桓騎という男を読めぬ限りこの戦いの鍵を握る事は出来ないでしょう。

長年連れ添った雷土ですら、桓騎のほんの一部しか理解出来なかったのですから。

 

キングダム691話ネタバレ考察|雷土のその後

キングダム685話の最後に趙国軍に捕縛された雷土達がいました。

趙国も龍白公、そしてその倅も殺され怒り心頭です。

久々にあれをやると言ってました。

あれ?とは一体なんだったのでしょう?

おそらく、趙国に伝わる激しい拷問、残酷な拷問でしょう。

以前は雷土はこの戦いが終わったらお頭を酔わせてみようぜ、と言っていました。

まさかあれが死亡フラグになるだんて本誌を読んでる時は思いもしませんでした。

このまま雷土が残酷に処刑されてしまい、桓騎がそれを見てしまったら…とても恐ろしい事になりそうです。

雷土は桓騎軍の古参である事は間違いなく、飛信隊の羌瘣みたいな立ち位置、副長といったイメージです。

その副長がやられてしまうのです、史実にもあるようにこの事がきっかけで趙国軍の10万の首を切ったとしても不思議ではありません。

雷土への餞として扈輒軍は凄惨な最後を迎えてしまうかも知れません。

 

キングダム691話ネタバレ考察|亜花錦は桓騎並の才を秘めてる

亜花錦が影丘の上に現れた事で一気に戦況は逆転しました。

亜花錦は王賁の指示もあり影丘開戦前から別働隊として既に動いてました。

多くの犠牲を出しながらも、影丘の裏を取る事に成功した亜花錦軍。

しかしそこには一方的にやられてる玉鳳隊が見えました。

助けに行く選択もある中で亜花錦は敢えて待機するという選択をしました。

そしてそこに現れたのは見事影丘を登りきって奮戦する飛信隊でした。

この機を待っていた亜花錦は一気に趙国軍の背から攻め出しました。

亜花錦はこの戦況を読んでいたのでしょうか?

だとすれば、桓騎クラスの智略を秘めた天才だと言わざるを得ないでしょう。

一見、粗暴に見える振る舞いも実は計算されてるのかも知れません。

桓騎クラスの戦況を読みとる亜花錦の天才ぶり、今後の玉鳳隊にとっても大きな存在になるでしょう。

 

キングダム691話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム690話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です.

 

キングダム691話ネタバレ

キングダム691話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム691話ネタバレ|秦国中央軍は壊滅状態

キングダム690話では、影丘攻略した李信ら飛信隊で秦国優勢かと思われる一幕もありました。

しかし、戦場を全体を見ると中央では、桓騎軍は圧倒的な数の趙国兵にほぼ壊滅状態に追い込まれておりました。

逃亡する桓騎兵、更に攻め込む趙国兵達。

中央では趙国軍の武将、虎白公が戦場全体を見渡し桓騎軍の残党を余さず狩り尽くそうとしてます。

もう後は桓騎兵を狩って、武将達を倒して、桓騎本人を倒すだけの趙国軍。

しかしその桓騎を見つけきれない虎白公は、冷静に指揮を取りつつも、どこか苛立ちを感じてるようにさえ見えます。

 

キングダム691話ネタバレ|龍布が激昂し桓騎兵を虐殺

桓騎を未だに見つけられない趙国兵は、大勢は決しつつも苛立ちと焦りを感じています。

何せ相手にしてるのは六大将軍になったあの桓騎将軍。

桓騎は自軍の兵5万を犠牲にしてでも、大将首一つを当たり前のようにとる将軍です。

趙国武将である龍布は父親と弟を殺された恨みを昂らせ、その勢いのまま、どんどん秦国兵を倒していってます。

さらに龍布は桓騎兵の兵や武将達を倒しては、首を切り、台にどんどんと首を並べていました。

その表情を見るに正に鬼のような形相…冷静な虎白公とは真逆です。

 

キングダム691話ネタバレ|天才は天才を知る。

戦場が激化していく一方、盤上を見て、戦況を見ている王翦がいました。

盤上を眺めながら桓騎の策を読もうとしていますが読みきれません。

その時、王翦はふと蒙恬の意見を思い出します。

「桓騎は普通に扈輒の首をとるつもりだ」と言っていた、王翦はとうとう桓騎の狙いに気づきます。

正に戦の天才王翦だからこそ、天才の桓騎の策を読みとる事が出来たのでしょう。

 

キングダム691話ネタバレ|戦の天才、桓騎

趙国軍の総大将、扈輒将軍の本陣は少し高い丘の上にありました。

そこに突如現れる桓騎兵達。

中央での戦いで散り散りになっていた桓騎兵達は、いつの間にか虎白公の包囲網を抜け本陣に近づいていたのです。

あまりにも急な事で焦りまくる扈輒側近達がいます。

そして悠々と歩いてくる桓騎。

兵力差をものともせずに桓騎は扈輒本陣を見つけ攻め込んできました。

扈輒の天幕まで後少しです。

ここでキングダム691話は終了です。

 

キングダム691話ネタバレまとめ

キングダム前話690話では、岳白公を李信が討ち取り、玉鳳隊と羌瘣隊、それから亜花錦らの活躍によって見事影丘を1日で攻略。

最新話速報としてキングダム691話のネタバレを紹介してきました。

キングダム691話では、桓騎の見事な策略がハマって参りました。

どう探しても見つからなかった桓騎が突如扈輒本陣に現れたのです。

もう趙国軍からしたら混乱しかありません。

桓騎の策を幕僚の蒙恬の助言によって見事読む事が出来た王翦は、それに合わせて次の一手を組み込んでくるでしょう。

そして桓騎兵を追い込んでいた、虎白公や虐殺を繰り返していた龍布達が本陣を急襲された事でどう動いてくるのでしょうか?

ここから桓騎のよりカッコいい戦いを見れるかと思うとゾクゾクしますね!

今後のキングダムの展開も気になります。

以上「【キングダム691話ネタバレ】戦の天才桓騎が扈輒の天幕に迫る」と題してお届けしました。

\ワンピースアニメも無料でイッキ見!/