彼女お借りします

【彼女お借りします216話ネタバレ】千鶴が麻美に反論!

【彼女お借りしますネタバレ最新話216話】千鶴は封筒を受け取らない?

2021年12月8日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「彼女お借りします(通称かのかり)」本誌216話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

彼女お借りします前話215話では、麻美が自らの過去を振り返りました。

厳しい親の下で育った麻美は浦島太郎と恋をして父に反発します。

しかし父は良家である白馬の長男を麻美の許嫁とし、手を回して太郎と別れさせました。

結果、麻美は恋を見ると壊したくなる女性になり、千鶴と和也の関係も壊そうとしています。

彼女お借りします216話では、千鶴が麻美にレンタルされることを拒みます。

ただ麻美についていくと言い、部屋に指輪を取りに戻りました。

すると麻美は木ノ下家のことを語り出し、千鶴が顔色を変えます。

ついに千鶴のターン!?

「【彼女お借りします216話ネタバレ】千鶴が麻美に反論!」と題してお届けします。

>>彼女お借りしますの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

彼女お借りします216話ネタバレ考察

今後の彼女お借りしますはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

彼女お借りします最新話215話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

彼女お借りします216話ネタバレ考察|千鶴は封筒を受け取らない?

麻美から最終通告を受けた千鶴。

彼女お借りします215話ラストでは「ぐっ」という擬音とともに覚悟を決めたような顔をしていました。

受け取ると決めたという風にも、拒否すると決めたとも取れる顔です。

千鶴の性格的にありそうなのは、封筒は受け取らない、ただし本当のことは自分の口から話すと言うパターン。

これまでさんざん麻美に圧されてきた千鶴。

そろそろ反撃に出てほしいですね!

 

彼女お借りします216話ネタバレ考察|栗林と瑠夏ついに話す

栗林が勇気を出してプールに行きました。

瑠夏に対し、君に会いに来たと堂々宣言。

このまま告白でもしそうな勢いでした。

ただこれまでのいざこざもあるし、まずは話し合いをしたり、レンカノで揉めた件を謝ったりすると予想。

また、旅行での栗林の態度や発言を見る限り、瑠夏を好意的に見ているのは間違いありません。

和解した上で友達になろうとしたり、デートの約束をしようとしたりなどのステップアップも狙うかもしれません。

 

彼女お借りします216話ネタバレ考察|千鶴は麻美の計画に手を貸す?

千鶴は麻美の言葉を一旦信じてみるようです。

疑いすぎた、祖母に怒られると自分を戒めていたくらいです。

ただ麻美の言葉を信じたとしても、麻美の計画に乗って和也を貶めようなんてことは思わないはずです。

そのため麻美がしようとしていることを聞きだし、止めようとするのではないかと予想。

千鶴は和也に何でも共有してと言いましたが、今こそ和也と連携をとった方がいいはずです。

水着の紐の件で少し信頼度は上がったようです。

そろそろ和也に頼るという選択肢が生まれてもいいと思います。

 

彼女お借りします216話ネタバレ考察|瑠夏と栗林の和解

過去のいざこざからちょっと気まずい瑠夏と栗林。

ただ瑠夏は今、いざこざも和也と千鶴を邪魔するという目的もちょっと忘れ、プールを楽しんでいます。

一方、栗林は瑠夏(の足)を見て絶賛していました。

そのあとは瑠夏の後を追ってウォータースライダーに登ったり、フラダンスショーではすぐ後ろの席に座っています。

物理的に距離を縮めようとするあたり、わだかまりはなくなりつつあるのかもしれません。

あとは彼女お借りします192話で栗林が瑠夏に聞いた「レンタル彼女をやっているかどうか」の質問意図が明らかになれば、友達くらいにはなれるのではないでしょうか。

 

彼女お借りします216話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が彼女お借りします215話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

彼女お借りします216話ネタバレ

彼女お借りします216話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

彼女お借りします216話ネタバレ|千鶴の手を引く麻美

千鶴は麻美に手を引かれながら自分の部屋に向かっていました。

歩きながら千鶴は、さっきロビーで起こったことを思い出します。

ロビーで封筒を差し出した麻美は、今から千鶴をレンタルさせてと言いました。

ただ千鶴はついていくからしまってほしいと言います。

麻美は少し考えたあと、分かったと言って封筒をしまい、和に電話をします。

少しでも時間を稼ごうと思っていた千鶴はビックリ。

麻美は和に対し、千鶴と一緒にいる、直接話がしたいから和がいる8502室に行くと言います。

それから千鶴に手を出し、「行こっちづるさん!」と笑いかけたのでした。

千鶴は蒼白のままその手を取りました。

 

彼女お借りします216話ネタバレ|千鶴は悪くない

部屋に向かう途中、麻美は「心配してたんだけど」と前置きし、亡くなった千鶴の祖母には本当のことを言ったのと聞きます。

千鶴は祖母小百合の最期を思い出し、「…いえ」とぶやきます。

すると麻美は千鶴を抱きしめ、慰めます。

大変だったろうけどもう心配ない、自分が一緒に説明してあげる、千鶴は悪くない、和也が悪いと言いました。

 

彼女お借りします216話ネタバレ|栗林の話

一方、プールでは、栗林と瑠夏がまだ並んで座っていました。

栗林は黙ったままで、瑠夏は内心気まずい、沈黙に耐えられないと思います。

それから話は何だと切り出しました。

さらに苦情だったらいくらでも聞く、どうせあの日レンカノをレンタルしたことをバラしたことでしょう、ご自由に罵詈雑言をどうぞとたたみかけます。

しかし栗林は違う、「会えて嬉しかった…」と言います。

瑠夏は面食らって「…は?」とつぶやきます。

栗林はサイトから名前が消えていたから少し心配していた、怒っていない、見栄を張ろうとした自分が悪い、そのことだけを伝えたかったと言います。

言い終わると、自分も戻ると言ってプールから出ていきます。

残された瑠夏は「もうっ何なのよ」と言いました。

 

彼女お借りします216話ネタバレ|麻美が木ノ下家を盛大にディスる

千鶴の部屋で指輪を手に取った麻美。

デザインが古い、昭和の結婚指輪だと笑い、嵌めてみたかと尋ねます。

千鶴が一度も嵌めてないと言うと、流石にビビるよねと返します。

麻美は和も悪い、付き合って1年にも満たない彼女に結婚指輪は重いと言い、自分もデート3回目のときに祖母に会って欲しいと言われたなと振り返ります。

さらに和も悪い人ではないけれど木ノ下家は家族ぐるみでどうかしている、千鶴だって和也の好意に気づいているのだろうと聞きます。

それから千鶴の答えを待たず、和也はワンチャンいけると思っている、だから規約違反承知でこんなことをつづけている、「一度信じたら思い込みが激しい」と言いました。

 

彼女お借りします216話ネタバレ|千鶴の地雷

麻美は止まりません。

ああいう人達は苦労知らず、望めば叶うと思っている、「理想主義(ゆめみがち)と言えば聞こえはいいけどただのバカじゃない?」と言います。

千鶴の顔色が変わります。

麻美はそこではっとし、和が待っているのだった、行こうと言い、千鶴のポケットに指輪をしまいます。

しかし千鶴は動きません。

昏い目をした麻美が「…ちづる…さん…?」と尋ねると千鶴は麻美を見据えます。

そして「今の発言は撤回してください!」ときっぱり言います。

麻美は「…は?」と言いました。

彼女お借りします216話は終了です。

 

彼女お借りします216話ネタバレまとめ

彼女お借りします前話215話では、麻美の初めての恋と自立への失敗、挫折、屈折が描かれました。

厳しい親の下で育ち、浦島太郎と恋をしたことで初めて親に反発しますが、恋はあっけなく壊れてしまいました。

麻美は家を出るという選択肢を選ばず、恋を壊すという行動をとることにしました。

そんな麻美に対して、千鶴は何かを決意したような表情を見せています。

最新話速報として彼女お借りします216話のネタバレを紹介してきました。

彼女お借りします216話では、麻美が千鶴の手を引いて指輪を取りに行きました。

麻美は指輪から木ノ下家から全て批判。

それから和也のことをただのバカと言うので、千鶴は麻美に対し発言の撤回を求めます。

ついに反撃開始!?

今後の彼女お借りしますの展開も楽しみですね。

以上「【彼女お借りします216話ネタバレ】千鶴が麻美に反論!」と題してお届けしました。

\彼女お借りしますアニメも無料でイッキ見!/