はじめの一歩

【はじめの一歩1400話ネタバレ】踏み込んでいくリカルド

【はじめの一歩ネタバレ最新話1400話】ウォーリーとミゲルが浮かない顔をする原因が明らかに!
Pocket
LINEで送る

2022年10月26日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「はじめの一歩」本誌最新話1400話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

はじめの一歩1399話では、ウォーリーはリカルドの目を狙っていて、そこに攻撃を当てて弱らせてから一気に勝負をつけようとしていました。

それ故にリカルドは守りに徹していたのですが、彼の性分としてこのままやられるのはごめんなのでウォーリーがボディを狙った瞬間に反撃しようとします。

しかし、ウォーリーがそれを読んで回避すると目に攻撃を繰り出すも、リカルドはグローブを間に挟めることで目に当たらないようにしたのです。

そして第3ラウンドが終わりましたが、ウォーリーとミゲルは浮かない顔をします。

はじめの一歩1400話以降どうなっていくのか考察、ネタバレしていきます。

今回は「【はじめの一歩1400話ネタバレ】ウォーリーとミゲルが浮かない顔をする原因が明らかに!」と題してお届けします。

>>はじめの一歩最新話ネタバレはこちら<<

 

はじめの一歩1400話ネタバレ考察

今後のはじめの一歩はどうなっていくのでしょうか。

次回以降のはじめの一歩で考えられる展開を紹介していきます。

はじめの一歩1399話までのネタバレがありますのでご注意ください。

 

はじめの一歩1400話ネタバレ考察|視界がくらむリカルド

1399話でウォーリーのカウンターを何とか防ぎ切ったリカルド。

しかし、防いだとはいえ、目には衝撃が走ったと思います。

そのせいで視界がくらんだりし始めるんじゃないでしょうか。

もしそうならば、第4ラウンドでかなり不利になって来ると思います。

それをウォーリーが気づいて、反撃してくるんじゃないでしょうか。

 

はじめの一歩1400話ネタバレ考察|これまで通り攻めるウォーリー

浮かない表情をミゲルと共にしていたウォーリー。

しかし、作戦通りに進んでいることも確かですし、このまま攻めても問題ないと思います。

ミゲルは念押しするようにウォーリーに目を狙うように指示するでしょう。

そしてウォーリーも第4ラウンドではこれまで通り動くんじゃないかと思います。

そうしているうちに勝利も転がり込んでくるでしょう。

 

はじめの一歩1400話ネタバレ考察|攻めあぐねるリカルド

ウォーリーから目を狙われ、攻撃を受けまくってしまうリカルド。

反撃は一度試みようとしましたが、それも出来ません。

何故なら一度でも反撃に転ずれば、目に攻撃を当てられるし、一方的に殴られてしまいます。

伊達の時は一方的にならないかんじだったので打ち合っていましたが、ウォーリーの場合は一方的になるので防御に徹しているのです。

しかし、守ってばかりも仕方なく、攻める事も難しいので攻めあぐねる状態になるのではないでしょうか。

 

はじめの一歩1400話ネタバレ考察|ビルが策を授ける

リカルドはかなり攻めあぐねている様子をセコンドのビルも見ています。

このままではポイントの差でウォーリーの勝ちとなってしまうので、それを阻止するために何か欠点を探すのではないでしょうか。

負けたにしてもずっとこのままで負けてしまったら、見栄えが悪いと思います。

それを何としても阻止するために、ビルは何とかウォーリーの弱点を探ると思いますね。

そして見つけると共に、第3ラウンドが終わったリカルドに伝えるんじゃないかと思います。

 

はじめの一歩1400話ネタバレ考察|まだ反撃に出ないリカルド

ラウンド2が始まる前、リカルドはウォーリーみたいな対戦相手は見た事ないと心の中で思っていました。

それ故にまだ様子を見るんじゃないでしょうか。

もうちょっとデータが欲しいんじゃないかなと思います。

しかし、何時までもやられっぱなしと言うわけにはいかないでしょうね。

データを得ている最中に少しでも隙が生まれたら攻撃をしようと考えているんじゃないでしょうか。

 

はじめの一歩1400話ネタバレ考察|リカルドはウォーリーにペースを乱される

今回の話でウォーリーは突進して避けられるも、一回転してコーナーを蹴って方向を変えると言う離れ業をやってのけました。

改めて運動神経の高さを証明させた形となります。

この事にはリカルドも驚いている様子を見せていたのです。

しかし、ウォーリーの常識に当てはまらない動きはここからが本番と言えます。

今までの対戦相手とは全然違う事に、リカルドはペースを乱されてしまうのではないでしょうか。

 

はじめの一歩1400話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下がはじめの一歩1399話にまつわる感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

はじめの一歩1400話ネタバレ

はじめの一歩1400話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

はじめの一歩1400話ネタバレ|リカルドなりの攻め

ウォーリー優勢で試合が進んでいるものの、一歩は何かしらの違和感を抱いていました。

その間にミゲルはウォーリーにより激しく攻めるように指示し、リカルドもここまでである程度のデータが揃ったと言って立ち上がります。

第4ラウンドが始まり、リカルドはウォーリーの体重移動の様子から進行方向を先読みするも、ウォーリーはジャンプしていました。

そして連打攻撃を仕掛けていき、リカルドは防ぎきると共にロープに逃げたウォーリーを追いかけるも、リーチを生かした攻撃を仕掛けられたのでガードします。

それから無防備な状態のウォーリーに攻撃を叩き込もうとするも、ウォーリーはロープを使って移動する事で回避したのです。

 

はじめの一歩1400話ネタバレ|作戦

リカルドはウォーリーはリングの中のものを使えるだけ使い、勝つならどんな手をも使い、立体的な動きをする野生児だと考え、下手に動けばジャングルの中にいるウォーリーのいいようにされるので躊躇します。

かつて戦った事がある一歩もリカルドの気持ちを理解していたのです。

団吉は一歩にウォーリー達は早い段階でポイントを稼ぎ、自分達が有利な間合いへリカルドを引きずり込もうとしていると伝えます。

 

はじめの一歩1400話ネタバレ|敢えて誘いに乗る

そしてウォーリーは再び挑発を行い、観客は怒るもここまでの彼の動きから余りブーイングが起こらなかったのです。

セコンド側も千堂対策として、限りなく近い存在であるウォーリーをチャレンジャーとして呼んだのだが、ここまでやるとは思っていなかったのです。

リカルドは野生を経験するために、逃げずに間合いへと入っていきました。

 

はじめの一歩1400話ネタバレまとめ

最新話速報としてはじめの一歩1400話のネタバレを紹介してきました。

はじめの一歩1400話では、ウォーリーの動きに関して完全に予想を上回っていたんだなと思いましたね。

千堂に対抗するために、彼に近い野生児と戦って経験させるためにウォーリーを呼びました。

しかし、データとかを見て、実際に試合をしてみると思っている以上に動き回り、あり得ない攻撃をしてくるので想定外に感じているのでしょうね。

ウォーリーが相手なのだから、どんな相手が彼と対峙しても麺を喰らうんじゃないかなと思います。

今後のはじめの一歩の展開も気になりますね。

以上「【はじめの一歩1400話ネタバレ】踏み込んでいくリカルド」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る