僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ337話ネタバレ】使い捨てと言われた青山に差し出すデクの手!

【ヒロアカネタバレ最新話337話】真の内通者である青山にデクはどう動く?

2021年12月13日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌337話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ336話では、内通者が本当は青山と判明しました。

それぞれA組の生徒たちがパワーアップを図っている中、葉隠が衝撃的な場面に立ち会っていましたね。

まさか青山優雅だけではなく、その両親も含めて家族ぐるみでオールフォーワンと繋がっているとは思ってもみませんでした。

そして青山もデクと同じように、かつて無個性であったということも分かりました。

個性を持たない息子のためになんとか個性を与えようとして、青山の両親はオールフォーワンという悪魔の誘いに乗ってしまったようです。

そんな誘いを今となっては後悔しているようですが、やらなければ殺されてしまうからと青山にオールフォーワンの指示に従うように説得します。

しかしその場面を葉隠だけでなく、デクにも見つかってしまいました。

呆然とするデクに、もう噓はつけないと判断した青山が自分が内通者だと宣言しました。

衝撃のどんでん返しとなってしまいましたが、内通者と判明した青山にデクはこの後そのような行動をとるのでしょうか。

そして青山に下したオールフォーワンの指示とは何なのでしょうか?

今回は「【ヒロアカ337話ネタバレ】真の内通者である青山にデクはどう動く!?」と題しお届けします。

>>ヒロアカの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

ヒロアカ337話ネタバレ考察

今後のヒロアカはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ヒロアカ最新話336話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ヒロアカ337話ネタバレ考察|青山をデクは説得できる!?

偶然森にやってきたデクは、青山達の会話を聞いてしまい、青山が内通者であると知ってしまいました。

デクがどこから聞いていたのかは明らかになっていません。

しかし青山がかつて無個性であり、オールフォーワンから個性を貰ったところを聞いていれば、説得の余地があるかもしれません。

青山は、オールマイトからではなくオールフォーワンから個性を貰ったデクの様な立場でしょう。

ある意味似た境遇を過ごした二人は、分かり合えると思います。

青山はA組の仲間に戻りたい気持ちが少なからずあると思われるので、引き戻せる可能性はあるでしょう。

青山がA組に戻るか、オールフォーワンの手駒で居続けるかはデク次第でしょうね。

 

ヒロアカ337話ネタバレ考察|ヒロアカを読んだ感想や予想ツイート

ヒロアカ337話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ヒロアカ337話ネタバレ

ヒロアカ337話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ヒロアカ337話ネタバレ|オールフォーワンにとっての『使い捨ての道具』

場面はオールフォーワンのアジトから始まります。

オールフォーワンが言った「友達」に、荼毘はその存在が雄英側にバレれば自分たちが不利になるのでは、と問いかけます。

しかしオールフォーワンにとっては内通者である青山家族は100円のライターと同じ存在だと言います。

安くあれば便利だけれども火が付かなくても軽い落胆だけ、『使い捨ての道具』にそこまでの思い入れはなく、あくまでも場を面白くさせるための存在なのだと言いました。

そんな『使い捨て』と称された青山が内通者と知ったデクに、場面が変わります。

デクに内通者だとバレてしまったと理解した青山の両親は、泣き崩れる青山を連れて逃げようと走り出します。

そんな青山の家族三人を、デクと葉隠は追いかけていくのでした。

 

ヒロアカ337話ネタバレ|青山の絶望の叫び

逃げる中で青山は、両親が富裕層の生まれで何不自由なく育てられたことから、青山が無個性であることに青山以上に狼狽していたのだと思い出します。

青山以上に『みんなと違う』ことに恐れた両親は、藁にも縋る思いでオールフォーワンの噂を聞き、青山に個性に与えたのです。

本来の青山とは個性と体質とが合わず、それでも両親は大変な思いをしながらも青山を育てられ、いつしか青山は両親にしてもらったように人の為になりたいと思ったのでした。

しかし青山の脳裏にはオールフォーワンの指示の声が、雄英に入れられ、A組が孤立するUSJのことを告げ、合宿を教える、命令に従い怯える自分が過ぎりました。

そしてオールフォーワンから、デクが一人になるように誘き出すように、と命令を今回受けたのです。

青山はデクが雄英を出ていったとき、デクが無個性だったことを知ってすべてに絶望してしまったのだと、心の澱を叫びました。

叫ぶ青山はレーザーを出す構えを取り、デクが止める言葉も聞かずに『ネビル・ワンフォーオール。レーザー』をデクに向けて放ったのでした。

 

ヒロアカ337話ネタバレ|透明な葉隠の流した涙

デクに向かったレーザーですが、しかし葉隠がレーザーを屈折させたことによって当たりませんでした。

葉隠は今までの状況にみんなが死ぬかもしれなかったこと、そして今結果的に日本中がおかしくなってしまったと呟きます。

透明なはずの葉隠れの頬には、屈折の角度で見える一筋の涙を流しているのが見えました。

何を考えながら教室にいて、寮でみんなと暮らしていたのかと糾弾する葉隠に、青山の表情が再び崩れます。

そんな青山を守ろうと両親が駆け寄りますが、デクの黒鞭によって三人は捕らえられてしまいました。

デクは葉隠がもう青山が誰も傷つけないようにレーザーを止めて言葉をぶつけたのだと言い、そしてデク自身も青山に「もうやめよう」と言いながら大粒の涙を流すのでした。

そしてデクによって拘束された青山たちは雄英の教師や塚内によって取り調べを受け、青山たちの事情を知ったオールマイトは絶望の色をその顔に浮かべていました。

付与されたのが10年前だからか、レディ・ナガンのように裏切ったことで爆発しない青山を見ながら、しかし「下がるように」と部屋の入り口にいるA組の生徒たちに塚内は言います。

 

ヒロアカ337話ネタバレ|差し伸ばされた手

塚内の言葉で引くはずもなく、A組の一同が動揺する中で尾白が詰め寄り、切島が青山が内通者だと信じたくないと叫び、爆豪は珍しく落ち着いた様子でいます。

黙ったままの青山を見ながら、塚内はオールフォーワンに知っていることを言うように指示しますが、青山の父親が「自分たちは指示が来たら動くだけで何も知らない」と言います。

さらにその脳裏には裏切った人間の末路を見せられたときを思い出し、青山自身は悪くないのだと父親は言いました。

しかし青山は、自分が殺すかもしれない人間と傍にいて仲間の顔をして笑い、デクの事情を知って心配するよりも自分の惨めさに絶望したと吐露し、性根が腐っていると自嘲します。

根っからの敵だと自称する青谷に、デクは合宿で爆豪や常闇を救ったこと、チーズを並べたのは青山のSOSで、それはオールフォーワンの指示ではなかったはずだと言います。

全てをオールフォーワンに委ねなかったレディ・ナガンを脳裏に描きながら、青山は心が押し潰されただけで、罪を犯したから一生敵ではないのだと手を差し伸べます。

「君はまだヒーローになれるんだから!!」と言って、青山に手を掴むように誘うのでした。

 

ヒロアカ337話ネタバレまとめ

最新話速報としてヒロアカ337話のネタバレを紹介してきました。

ヒロアカ337話では、青山の罪の告白とデクによる救済がありました。

デクが同じ元無個性であると知った青山は、オールフォーワンに屈してしまい縋り付いている自分の惨めさに絶望したのだと口にしました。

自分たちがオールフォーワンの使い捨ての道具だとしても、周りと同じでなければならず、オールフォーワンの手を掴んでしまったことに両親ともに青山は負い目を感じていたようですね。

デクからは逃げれないと観念した青山家族は、大人しく雄英の教師や塚内にすべてを話し、A組の生徒たちもその事実を知りました。

青山は自分は敵なのだと言う中で、デクは青山は全てをオールフォーワンに従ったわけではなく、レディ・ナガンのような状態だったのだと悟ります。

まだ遅くないと、デクは心の中で助けを求める青山に改めて手を差し伸べたのでした。

手を差し伸べたデクの手を青山は取ると思われますが、今後青山はどのような処遇となるのでしょうか。

そして青山という道具がいなくなったオールフォーワンは、どのように動くのでしょうか?

今後のヒロアカの展開も気になりますね。

以上「【ヒロアカネタバレ337話最新話確定速報】『使い捨て』と言われた青山に差し出すデクの手!」と題してお届けしました。

\新規登録キャンペーン実施中/