僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ映画第三弾ネタバレと評価や感想!あらすじと時系列やラストどうなるかまで紹介!

ヒロアカ映画第三弾ネタバレと評価や感想!あらすじと時系列やラストどうなるかまで紹介!

ただいま全国の劇場で「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」が大ヒット公開中です。

既に歴代ヒロアカ映画の中でも第一位の興行収入を記録しました。

ヒロアカ映画第三作目となる今回の作品は、第一作や第二作と同様に、劇場版のために書き下ろされたオリジナルストーリーです。

原作者の堀越耕平が総監修を務め、全世界を舞台にした壮大なオリジナルストーリーを描かれているということで、公開前からかなりの期待が寄せられていました。

そんな「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」のあらすじ、映画を観た人たちの評価や感想などが気になるところですね。

映画の時系列や、ネタバレを含めた感想なども紹介していきたいと思います。

今回は「ヒロアカ映画第三弾ネタバレと評価や感想!あらすじと時系列やラストどうなるかまで紹介!」と題しお届けします。

 

ヒロアカ映画ワールドヒーローズミッションのあらすじ

雄英高校一年A組がインターンに励む中、個性が人類史を終焉に導くという「個性終末論」を掲げ、世界中の個性保持者の撲滅を目論む謎の集団「ヒューマライズ」がテロを起こしました。

この事件で世界中のプロヒーローとインターン中の雄英高校生が招集され、「世界選抜ヒーローチーム」が結成されます。

各国に派遣されたA組の生徒たちですが、エンデヴァー事務所にインターンに来ていたデク、爆豪、轟は日本から遠く離れた国「オセオン」に派遣されました。

ヒューマライズが保有する「個性因子誘発爆弾」の回収に努める中、デクたちはオセオンの街中で宝石強盗に遭遇。

宝石を持った運び屋のロディ・ソウルを追跡します。

しかしそこにヒューマライズ本部から何かを持ち出したアラン・ケイが攻撃を受けて手放したケースと、ロディが持っていた宝石の入ったケースが入れ違ってしまいます。

間違えたケースを持っていることに気付いたロディにデクが追い付きますが、何故かオセオン警察に発砲されます。

それからデクがロディを連れて逃げたところ、全国指名手配されてしまいます。

謎の敵からも逃げながらロディの過去や家族を知り、交流を深めるデクですが、無情にも首謀者であるフレクトが「タイムリミットは二時間」と言い放ちました。

世界中がパニックを起こす中、ヒーローチームは爆弾を回収できるのでしょうか?

そしてデクとロディはヒューマライズの指導者フレクトの陰謀を止めることができるのでしょうか?

 

ヒロアカ映画ワールドヒーローズミッションの時系列は?

今回の映画はA組の生徒たちがインターン中の話です。

原作漫画では26巻、デクと爆豪、轟がエンデヴァー事務所にインターンにいったところです。

原作にはない、原作者の堀越先生の考えた映画オリジナルストーリーとなっています。

アニメでいうとちょうど今放送されている第五期に起きた話ですね。

第五期のアニメのなかで、今回の映画に繋がるオリジナルストーリーが組み込まれていました。

ちょうど第五期の最新話まで視聴したアニメ派の方々は内容が分かりやすいでしょう。

インターン編で出てきたプロヒーローたちも多く出演するので、まだ見ていない方は先にアニメを最新話まで見ることをお勧めします。

 

ヒロアカ映画ワールドヒーローズミッションのラストはどうなる?

ヒロアカ映画「僕のヒーローアカデミア  ワールド ヒーローズ ミッション」のラストはどうなるのでしょうか?

ネタバレを含む展開を紹介します。

 

ロディの過去

母親が亡くなってしまい、男手一つで育ててくれた父とロディ、弟のロロと妹のララで仲睦まじく暮らしていました。

しかしヒューマライズの団員だった父親が突如失踪、ロディたちはつらく苦しい生活を強いられる羽目になってしまいます。

幼い弟と妹を養う為、ロディは運び屋の仕事をはじめとした汚い仕事に手を出すようになりました。

相棒の小鳥ピノを連れて悪事に手を染めてスラム街で生き続けていました。

パイロットになることが夢だったけど、今は弟と妹を養うことで精一杯だということを、心を許したデクに打ち明けます。

そして利益目的で活動しているヒーローは、ロディの住むスラム街にはほとんど助けに現れなかったことから、ヒーローへの不信感を持っていました。

しかしデクの「困っている人を助ける」という精神に胸を打たれ、考えを改めたのでした。

 

明らかとなるフレクト・ターンの野望

ロディが取り違えたケースの中からは、かつてロディの父親がよく作っていた立体パズルが現れ、中から鍵のようなものとSDカードが入っていました。

SDカードのデータファイルの中からアランが遺した動画を見つけ、そこでフレクトの真の目的とヒューマライズの悪行が明らかになります。

ヒューマライズは多くの科学者たちを拉致し、彼らの家族を人質に取って個性因子誘発爆弾の製造を強要してきました。

フレクトはプロヒーローたちを集めて個性因子誘発爆弾を使い、そのヒーローたちを根絶やした後に混乱に乗じて個性保持者を絶滅させ、無個性のみの世界にするつもりでした。

中に一緒に入っていたのはその個性因子誘発爆弾の解除キーでした。

フレクトの目的を知ったデクたちは他のプロヒーローたちが動けないことを知り、合流した爆豪と轟、ロディとともにヒューマライズの本部に乗り込みます。

行く手を阻むヒューマライズの団員たちを次々と撃破するのでした。

 

爆豪VSサーペンターズ

先陣を切ってヒューマライズの団員たちの撃破をしていた爆豪は、ヒューマライズの団員である双子の敵サーペンターズのエナとディオと対峙します。

戦いながら手榴弾を柱に仕込み、最大火力による爆破で撃破したと思いきや、サーペンダーズは薬を使って個性「ソード・キル」を暴走させます。

束となった剣が爆豪を貫きますが、爆豪はその束を柱に括り付けます。

なんとか抜け出そうとするサーペンダーズですが、腕に着けていた籠手を発射し、顔面にぶつけて爆破させます。

目も眩むような爆発に苦しみ悶えるサーペンターズに爆豪は最大火力で爆破をたたき込み、勝利をつかみ取りました。

 

轟VSレヴィアタン

爆豪に先に進むように言われたデクとロディ、轟はそこで薬によって暴走するヒューマライズの幹部レヴィアタンと遭遇しました。

轟が相手をすることとなり、デクたちを先に進ませます。

指先や頭の角からねじれた水流を作り出す、レヴィアタンの個性「ヘリカルサイズ」に轟は苦戦を強いられていました。

レヴィアタンの触手や本体を凍らせても、レヴィアタンは轟の氷を打ち破ってきます。

轟が左手に熱を集め、圧縮した炎の塊を連続で放っても、レヴィアタンは逆にその炎を操って特攻してきました。

それを見た轟は、極限まで高めた炎を集中して放つ「赫灼熱拳」と、氷結版の「噴流熾炎」で止めを刺し、レヴィアタンを倒したのでした。

 

デクVSフレクトの死闘

フレクトのいる神殿にたどり着いたデクはフレクトと戦いますが、苦戦を強いられるなかでフレクトの話を聞きます。

フレクトはあらゆるエネルギーを反射する個性「リフレクト」を持っていました。

その為フレクトは個性のせいで、誰からも愛されず触れ合うこともできない孤独にずっと苛まれていたのです。

制御できない個性を恨み、無個性になることを焦がれ続け、いつしか世界中全ての人々が無個性になってしまえばいいと考えるようになったのでした。

倒れたデクを支えるロディは、団員たちに「解除キーを渡せばオセオンは爆破しない」という言葉を信じ、フレクトに制御キーを渡そうとします。

しかしロディの個性「魂(ソウル)」であるピノが首を横に振ったことで、ロディが渡すつもりはない事を悟りました。

ロディが隙を作った瞬間、デクがフレクトに特攻を仕掛け、ロディは解除キーを持って制御室へ向かいます。

しかしその時フレクトのレーザー攻撃によって致命傷を負ってしまい、なんとか制御室にたどり着きますがあと一歩のところで力尽きてしまいます。

一方神殿ではデクの個性とフレクトの個性がぶつかり合い、肉弾戦による死闘を繰り広げられていました。

フレクトの個性がついに限界を迎え始めた瞬間、デクは満身創痍の体に100%のフルカウルを纏い、全身全霊の一発を叩き込みました。

同時にタイムリミットが過ぎてしまいましたが、爆弾は爆発しません。

ロディの個性であるピノが解除キーを差し込んだことで、爆破を回避したのでした。

 

夢へ向かってそれぞれを進む

その後、ヒューマライズの幹部たちとフレクトは無事逮捕され、満身創痍で見つかったデクたちも無事に回収されました。

オセオンの病院に入院していたデクたちは治療を受け、退院の日を迎えます。

そして日本への帰国当日、爆豪たちと共に飛行機に乗ろうとするデクに、駆け付けたロディが声を掛けました。

口では釣れないことを言うロディでしたが、ロディの本心であるピノは別れを惜しんでいます。

それを見たデクも別れを惜しみながら、笑ってオセオンを発ったのでした。

ロディは危ない仕事から足を洗い、カフェで働きながらパイロットの勉強に励み、家族三人で暮らしていくのでした。

 

ヒロアカ映画ワールドヒーローズミッションのツイッターでの評判は?

以下、ヒロアカ映画 ワールド ヒーローズ ミッションを観ての、ツイッターの感想です。

 

ヒロアカ映画ワールドヒーローズミッションのまとめ

いかがでしたでしょうか?

現在大ヒット公開中の劇場版ヒロアカ ワールド ヒーローズ ミッションの紹介をしてきました。

物語のあらすじから時系列、ネタバレを紹介してきましたが、これから見る人もより深く物語に入り込んで観られることでしょう。

また時系列を改めて見直すことで、原作の話の間にこんな出来事があったのかと原作も楽しめると思われます。

ゲスト声優が担当したオリジナルキャラクターもとても魅力的ですよね。

以上「ヒロアカ映画第三弾ネタバレと評価や感想!あらすじと時系列やラストどうなるかまで紹介!」と題しお届けしました。