キングダム

【キングダムネタバレ最新話694話】桓騎と扈輒の過去

【キングダムネタバレ最新話694話】桓騎と扈輒の過去

2021年9月30日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム694話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム693では、本陣を急襲された扈輒将軍は桓騎軍に囲まれて逃げるしか手は残っていませんでした。

そしてその逃げた先に桓騎が待ち受けていたのです。

扈輒軍の側近の兵達は精鋭ばかりでその数は100人程。

対して、桓騎の兵も精鋭200人です。

しかも桓騎の懐刀と言われています。

同じ精鋭ならば、シンプルに数が多いほど勝ちます。

扈輒の側近兵はどんどんやられ、夏満も果敢に桓騎に挑みますが、片手で振り払われてしまいます。

そして胸を刺され、顔を斬られ絶命します。

扈輒の精鋭兵と言えど、桓騎にとっては赤子の手をひねるような物で、底知れぬ桓騎の実力が垣間みえました。

今後キングダムはどのような展開になるのでしょうか?

今回は「【キングダムネタバレ最新話694話確定速報】桓騎と扈輒の過去」と題し紹介していきます。

 

現在キングダムでは激化する影丘の戦いが描かれています。

クライマックスを迎える前にキングダムの最新刊を読みませんか?

せっかく漫画を読むのならお得に読めた方がいいですよね。

ただ無料で読める海賊版サイトは違法だし危険です。

逮捕の可能性があったり、ウイルス感染や個人情報漏洩の心配もあります。

そこでおすすめしたいのが公式で安全なサイトU-NEXTです。

U-NEXTは今なら31日間無料トライアルキャンペーンを実施中、漫画をお得に読めるポイントがもらえます。

さらには漫画だけでなくキングダムのアニメも無料で見られます。

キングダム1~3期まで配信中なので、1話からイッキ見できますよ!

配信ラインナップは充実していて、色んなアニメやドラマ、映画も無料で見られます。

もし解約したくなった場合、31日間の間に解約することで無料で利用を終えることが出来ます。

前に無料期間内に解約した際には0円のまま31日間利用できました!

キングダム最新刊をお得に読むことができ、アニメも無料で見れてします。

コロナ禍を経て会員数も増えたため、キャンペーンが終わる可能性もありますので今がチャンスです。

電子書籍なら外出せず、売り切れも気にせず、しかもお得に読むことができます。

キングダムを読み返したいと思ったら、下のリンク先でおすすめのサイトを紹介中なので、ぜひチェックしてみてください。

\キングダムアニメも無料でイッキ見!/

本ページの情報は2021年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

キングダムネタバレ最新話694話考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム693話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダムネタバレ最新話694話考察|扈輒の過去

扈輒将軍が仕切りに言う「痛み」とはなんなのでしょうか?

おそらくそれは扈輒将軍の過去の戦が関係しているのでしょう。

側近の夏満も言っていましたが、それは過去の燕との戦いが関係してそうです。

趙国と大国燕では激しい戦いが繰り広げられました。

きっと生き延びる為に、止むをえず仲間を手にかける、または犠牲にする事もあったのでしょう。

その結果、勝利を収めたのかも知れませんが、仲間の死や痛みを忘れない為にも、顔に痛みを伴う装飾をつけているのではないでしょうか。

まあそれでも桓騎からしたら、この戦国の世の中、いちいち騒ぐほどの事ではないのでしょう。

だから、浅いと言われたのでは?

次回、そんな扈輒の過去が明らかになると思います。

 

キングダムネタバレ最新話694話考察|桓騎の過去

桓騎は扈輒の側近兵に、顔を近く見られ、何も感じないと、扈輒様の痛みを知る強さに比べれば何もないと言われます。

しかし桓騎からすれば、痛みに底があるとか言ってる時点で浅いと一言、一蹴されます。

痛みに底なんてねーんだよと。

扈輒は確かに他の人が感じる事がないような酷い過去があったかも知れませんが、桓騎の過去からしたら、日常茶飯事だったみたいなものでしょう。

野盗の集団をあそこまでまとめ上げるのは、相当な事がないと無理でしょう。

そもそも桓騎自身まとめてるなんて思っていないし、一緒にいる一家を利用してるだけにすぎません。

同時に桓騎の配下、部下達の大半も桓騎を利用しているのです。

忠誠心なんてある訳もなく、昨日まで仲間だと思ってた奴に襲われた事もあるでしょう。

もちろん大切な人を失くす事も…。

扈輒の痛みなど只の偽善に過ぎないと言わんばかりの過去があった事は間違いないのではないでしょうか。

 

キングダムネタバレ最新話694話考察|桓騎が雷土の事を知る

扈輒は自決しようとする前に、一言、先に雷土と酒でも呑んでいようと言いました。

その発言によって今まで一切動揺なんてした事なかった桓騎がピクっと反応しました。

桓騎がこの後、雷土の現状を知る事になるでしょう。

扈輒は身勝手に思えます。

自ら拷問を指示して絶命まで追い込んでおいて、自分が死ぬとわかったら、先にあの世にいって酒を呑んでいようなどと、どの口が言うのでしょう。

この後、雷土がされた事、腕がなく、爪が剥がされ、更に拷問された雷土を見て桓騎は静かにキレるでしょう。

そして痛みを知るとか、ほざいてた扈輒に趙国兵10万の首を死を見せるのではないでしょうか?

雷土への餞と扈輒への見せしめの為に。

趙国10万の死を決めたのは扈輒将軍のせいでしょう。

 

キングダムネタバレ最新話694話考察|ゼノウの実力

キングダム692話で扈輒本陣を攻めるにあたり、桓騎は自軍の主力と言っても過言ではない、ゼノウ一家を伏兵として隠れさせてました。

扈輒軍もただの伏兵数百なら対応出来たものの、ゼノウ一家が相手となると話は別。

桓騎軍の武力の象徴と言えば、雷土、そしてゼノウの二人が上がってくるでしょう。

その桓騎の左手と言わんばかりのゼノウを中心として兵では流石に趙国軍にとっては厳しい戦いとなるでしょう。

ゼノウは飛信隊で言う所の羌瘣と実力だけで言えば大差ありません…見た目は美女と野獣ぐらいの大差ですが。

そのゼノウが攻めてきたという事はもう桓騎はこの戦いを決めにきたのでしょう。

おそらく桓騎軍の元野党上がりの一家達の中でもゼノウは武力No.1です。

そして本陣に戻ってきた龍白公とゼノウの戦いも見れるかも知れないですね。

 

キングダムネタバレ最新話694話考察|桓騎の罠

扈輒将軍は桓騎の策にハマってしまい、本陣が逃げないといけなくなってしまいました。

そして逃げた先に桓騎が現れるという偶然。

いえこれは偶然ではなく、桓騎に巧妙に仕組まれた罠だったのです。

桓騎は自軍の軍師の摩論の知恵を借りる事なく、桓騎自らここまでの計画、流れ、策を見出したのです。

扈輒本陣を攻めてきた伏兵達は3方向から攻めてきたのです。

何故取り囲むように四方向からでなく、三方向だけだったのでしょうか?

それは桓騎が事前に戦場の土地を調べて、もし本陣を攻めた時に、扈輒が逃げるとしたら何処に来るかも読んでいたのです。

開戦当初から、桓騎は出口までの戦略を決めていたのです。

結果として扈輒将軍は逃げ場所もなく、見事に桓騎の罠に見事に嵌りました。

 

キングダムネタバレ最新話694話考察|桓騎の実力

桓騎将軍は扈輒将軍を迎え討つべく、逃げて来る事も予想、逃げて来る場所さえも誘導して見せました。

ここで気になるのが、桓騎将軍と扈輒将軍の一騎討ちが行われるかどうか?という事です。

今まで桓騎と言えば、元野党らしく不意打ち、騙し打ちで敵の将軍の首をとってきたイメージ。

これは、一見卑怯に見えるかも知れませんが、この春秋戦国時代において、卑怯もへったくれもありません。

正に勝てば官軍です。

そして、今までの相手は桓騎の武力を見せるまでもない相手だったとも言えます。

桓騎は元野党で沢山の凶悪な一家をまとめてきました。

そして雷土や、砂鬼一家、ゼノウ一家すらもまとめあげてきました。

特筆すべくは、あの狂気の武の塊、ゼノウが桓騎の下についてるという事です。

ゼノウが桓騎を認めて下についてるのは、智力が優れてるからじゃありません。

純粋に武力が凄く、過去にゼノウも敗れて桓騎の下につく事にしたのではないでしょうか?

それを考えると今後桓騎の純粋の武力を見てみたくもあります。

 

キングダムネタバレ最新話694話考察|備えていた扈輒将軍

キングダム691話で桓騎が多大な犠牲を払いながらも趙国総大将の扈輒将軍の本陣を見つけ出し、取り囲む事に成功しました。

少し高い丘の上に扈輒本陣はありました。

度重なる本陣急襲の知らせに戸惑いと緊張が趙国軍に走っています。

そこに一人堂々と現れる桓騎。

桓騎は相手に見つからないように小隊すら作らず、指示を出しながら戦場を巡りこの時を狙っていたのでしょう。

自軍は壊滅状態だと相手に思わせる事から始まり、趙国軍は前線を前に押し出しすぎてしまったのです。

その結果前線は混戦状態で誰がどこにいるのか非常に分かりづらくなってしまったのです。

そしてその混乱に乗じて桓騎は扈輒本陣を狙ったのです。

扈輒将軍は周りの兵が怯え、緊張していても全く動じていません。

扈輒将軍は本陣がこのように狙われれる事も既に予想していたのでしょうか?

そうでなければあの落ち着きようが中々説明出来ません。

痛みを知る扈輒将軍もまた怪物なのでしょう。

 

キングダムネタバレ最新話694話考察|桓騎はいつからこの計略を?

桓騎は見事に扈輒本陣を見つけ出し、兵を少しずつ集めて、そして取り囲む事に成功しました。

では一体桓騎はいつからこの計略を計り仕組み動き出していたのでしょうか?

おそらく桓騎は武城と平陽をとる為に、この地形を見た時から直感からの裏付けの計算をしたのでしょう。

王翦は桓騎の策に気づき過去の斉の将軍軍師、孫臏の策かと言いましたが、きっと桓騎は孫臏など知らないでしょう。

桓騎は直感的に過去の孫臏と同じような策を閃いたと考えます。

正にこういう人の事を天才と呼ぶのでしょう。

玉鳳隊だけでは影丘を抜けない事、援軍の飛信隊が来て初めて影丘を抜ける事。

まともに正面から趙国軍にぶつかったら勝てないという事。

逃げていると思わせる事で、相手の陣地深くまで潜り込む事。

桓騎はこれを全て地形を見て、相手国の兵数を知り、犠牲も全て計算してその場で決めたのでしょう。

本当に恐ろしいぶりの天才です。

野党上がりから六大将軍になり得る器を持っていた事をさらっと証明したのです。

 

キングダムネタバレ最新話694話考察|雷土の犠牲も計算済み?

桓騎がここまで計算し尽くしていたのは本当に驚くばかりです。

そしていよいよ扈輒のいる天幕に戦いを挑む事になるのですが、やはり気になるのは雷土との対面はなるか、と言った所でしょう。

考えたくはないのですが、雷土の犠牲は桓騎の指示かもしれません。

雷土を趙国に捕まえさせる事で、その後を配下に尾行させて本陣を暴く…そんな作戦です。

この桓騎の作戦は散り散りなる兵だけでは、相手を騙すのは物足りない、だからこそ自分の側近すら駒として使ったのではないでしょうか?

桓騎がわざわざオギコを呼び出し必ず伝えたかった伝言とは一体?

もし桓騎が雷土の犠牲ありきでこの計略を計っていたとしたらと本当に恐ろしい将軍です。

桓騎のオギコを使った伝言が気になります。

 

キングダムネタバレ最新話694話考察|李信の怪我、疲労感

キングダム690話で遂に岳白公を倒しました。

しかしその代償は大きく、李信も満身創痍と言えるような状態です。

致命傷になるような怪我はないかも知れませんが、岳白公にやられた細かい傷、打撲等は相当な物でしょう。

他の兵、武将達ではやられていてもおかしくありませんでした。

王賁程とは言えないですが相当なダメージのはず。

今後出てくる強敵がいたらより厳しくなるでしょう。

今回の扈輒戦では、出番が少し無くなるかも知れませんね。

そしてここで飛信隊で活躍するのが羌瘣副隊長でしょう。

まだまだ万全な羌瘣が李信の分以上に活躍が願われますね。

 

キングダムネタバレ最新話694話考察|羌瘣の躍進

影丘攻略戦にて、岳白公が討たれた後も勢いが衰えない趙国軍でしたが、そこに颯爽と現れた羌瘣隊。

羌瘣と羌礼が同じ馬に乗り現れました。

とても絵になる二人の登場に読者の心も躍った事でしょう。

そして円錐型の陣で趙国軍を撃退しました。

この瞬時の判断が出来る、智略の武将型こそ、羌瘣の強みの一つですね。

今後の羌瘣は、更に扈輒本陣に攻撃を仕掛けて行くでしょう。

そしてここで虎白公が現れるのでは?と思います。

虎白公と羌瘣の戦いはあり得るのではないでしょうか?

智勇兼ね備えてる羌瘣が趙国軍の武将、虎白公相手に立ち回る姿、是非見てみたいです。

 

キングダムネタバレ最新話694話考察|桓騎の秘策

扈輒将軍は影丘を攻略された事でこのまま本陣を強襲されてはマズいと判断。

前に待機させていた、虎白公の軍5000を北上させ、飛信隊にぶつけようとしました。

その結果、扈輒本陣は守るべく盾が無くなってしまったも同然です。

そしてそれに気づいた桓騎が遂に動き出しました。

この乱戦状態こそ、桓騎が待ち望んでいた状態なのでしょう。

影丘攻略にあたって、王賁にあれほど言われても桓騎は自軍の兵を出していませんでした。

その意味がここでわかるのではないでしょうか?

まだまだ登場してない、桓騎軍の将として、ゼノウや砂鬼一家がいます。

桓騎は決して直感だけで策を練ってきません。

誰もが想定しない想定外の所から策を練ってくる天才型です。

今回の戦いの一番の見どころになりそうですね。

 

キングダムネタバレ最新話694話考察|竜布が龍白公として戦場へ

父親の龍白公が殺された竜布は、扈輒将軍の命令により、趙国軍の左翼の将を任される事になりました。

また父親が亡くなった事もあり、龍白公名乗るように言われました。

竜布は雷土を捕らえた将でもあります。

その実力は父親に勝るとも劣る事はないように感じます。

趙国軍の中では、一番バランスの取れた武将のような気がします。

今はまだ若さもありますが、李牧の下についてればもっと成長し活躍を期待されていてもおかしくありません。

しかし今回の相手はあの桓騎軍です。

いくら潜在能力が高くても桓騎軍を相手では、活躍は見込めそうにありません。

このまま戦場で指揮をとる事になりますが、おそらく桓騎の手に落ちるでしょう。

願わくば、龍白公を相手に桓騎個人の武も見てみたいですね。

 

キングダムネタバレ最新話694話考察|桓騎の雷土への思い

雷土は桓騎軍の最古参と言っても間違いないでしょう。

盗賊時代から桓騎の下で共に戦ってきたのでしょう。

蒙鷲将軍に拾われる前から桓騎を支えてきた武将です。

扈輒将軍に捕まり、拷問を受けてる雷土の事は間も無く桓騎の耳にも入るでしょう。

その時桓騎は何を思うのでしょう。

いつもどんな事があっても不敵な笑みを浮かべてる桓騎、真のポーカーフェイスとも言えるは桓騎。

きっと雷土の事を聞いても顔色一つ変えずに、大馬鹿野郎がとでも呟きそうです。

そして心の中では、鬼のような形相をしてる事でしょう。

桓騎は何かに飢えてると言っていた雷土でしたが、雷土を失った桓騎はより渇き、飢えてしまうのではないでしょうか。

その代償として趙国軍の大量の兵士の命を奪う事になるでしょう。

桓騎にとって雷土一人は敵国の10万以上の命より重いはずです。

 

キングダムネタバレ最新話694話考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム693話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です.

 

キングダムネタバレ最新話694話確定速報

キングダム694話の内容がわかりましたらネタバレを追記いたします。

週刊ヤングジャンプ発売週の水曜日あたりに更新いたしますのでブックマークなどしてチェックしてみてください。

 

キングダムネタバレ最新話694話確定速報まとめ

キングダム前話693話では、見事に桓騎の策に嵌った扈輒将軍は本陣から逃げ出すも、桓騎軍に囲まれ、精鋭の兵達もやられ孤立無援となってしまいました。

扈輒はこの度の桓騎の策を一切認めていません。

何故なら、自軍の兵が万単位で犠牲が出る事をわかってる上でやってのけたのです。

扈輒から言わせればただの殺戮者だと言わんばかりの事を言ってますが、桓騎からすれば負け犬の戯言です。

痛みの底を知ってると言う扈輒に、桓騎は遮り浅いと言います。

痛みに底なんてないんだよと、桓騎は言います。

そして扈輒はこのまま首をとられるぐらいならと自決しようとします。

先に雷土と酒でも呑んでいようと言い、桓騎はピクっと反応します。

キングダム694話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

今後のキングダムの展開も気になります。

以上「【キングダムネタバレ最新話694話確定速報】桓騎と扈輒の過去」と題してお届けしました。

\ワンピースアニメも無料でイッキ見!/