キングダム

【キングダム702話ネタバレ】李牧と王翦再び

【キングダム702話ネタバレ】李牧と王翦再び

2021年12月2日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム702話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム701話では、窮地に追い込まれてる趙国軍側の描写から始まりました。

平陽の戦いで扈輒将軍が討たれてしまった事、その戦いで数万の兵士が殺されてしまった事。

家族が殺されてないか名簿を見て探し、悲しむ人達がいて、そこに更に情報として戦って死んだのではなく、投降して捕虜になったのにも関わらず無抵抗の状態で殺されてしまった事。

趙国内の民の怨嗟は止まりません。

嬴政が危惧したように趙国内の士気が物凄く高まっております。

そして今の趙国内の情報を知った楚国にいる廉頗は、祖国を心配し戻っても良いと伝令に伝えます。

伝令は泣きながら感謝しますが、趙国の郭開が廉頗の帰国を拒みます。

今の王の異質さを見逃していた自分達の立場が無くなってしまう、追い出されてしまうと判断し王に嘘の情報を流すのです。

その結果、趙国の王は郭開の話を信じ、廉頗を呼ぶ戻す事はなかったのです。

一度の食事の最中で三度失禁したとまで、史記に残ってる程です。

今後のキングダムからも目が離せないですね。

今回は「【キングダム702話ネタバレ】李牧と王翦再び」題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム702話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム701話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム702話ネタバレ考察|何故数万の大量の捕虜が?

キングダム694話で遂に扈輒将軍を破り、趙国戦にほぼ勝利が確定したと言っても過言でない状況になりました。

そして、数万単位と言われる大量の捕虜が出来ました。

全ての情報が入ってくる摩論は流石に驚きを隠し切れてません。

まさか、ここまで桓騎の計略が見事に嵌ると思っていなかったからです。

人徳がある王翦将軍が10万の兵士を連れてやってくる、残虐な桓騎に捕まるより王翦の捕虜になった方がいいという選択をした趙国兵。

総大将扈輒が討死に、混乱につぐ混乱で思考が停止してしまったからでしょう。

これも全て、李牧がいればこんな事にならなかったでしょう。

1番の敗因は李牧の追放の結果、無能と言われても仕方ない扈輒を総大将としてしまった事でしょう。

扈輒が辱めを受けたくないと理由で最後まで足掻かなかった事が、趙国にとっての惨劇の招く訳です。

 

キングダム702話ネタバレ考察|桓騎はいつからこの計略を?

桓騎は見事に扈輒本陣を見つけ出し、兵を少しずつ集めて、そして取り囲む事に成功しました。

では一体桓騎はいつからこの計略を計り仕組み動き出していたのでしょうか?

おそらく桓騎は武城と平陽をとる為に、この地形を見た時から直感からの裏付けの計算をしたのでしょう。

王翦は桓騎の策に気づき過去の斉の将軍軍師、孫臏の策かと言いましたが、きっと桓騎は孫臏など知らないでしょう。

桓騎は直感的に過去の孫臏と同じような策を閃いたと考えます。

正にこういう人の事を天才と呼ぶのでしょう。

玉鳳隊だけでは影丘を抜けない事、援軍の飛信隊が来て初めて影丘を抜ける事。

まともに正面から趙国軍にぶつかったら勝てないという事。

逃げていると思わせる事で、相手の陣地深くまで潜り込む事。

桓騎はこれを全て地形を見て、相手国の兵数を知り、犠牲も全て計算してその場で決めたのでしょう。

本当に恐ろしいぶりの天才です。

野党上がりから六大将軍になり得る器を持っていた事をさらっと証明したのです。

 

キングダム702話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム701話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム702話ネタバレ

キングダム702話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム702話ネタバレ|李牧が3年ぶりの前線復帰

趙国の最大のピンチに伴い、李牧が遂に郭開ら大臣の使命もあり前線で軍の最高司令に復帰。

対秦国に向けて、李牧軍の幹部と共に軍議を開いています。

軍議の場には、馬南慈、カイネ、傅抵が揃っています。

その後李牧はその前線を一度、舜水樹に任せて移動する事にしました。

李牧はカイネと共に宣安に向かいました。

季節は冬。

雪が降る中、李牧はその地形を見ながら、「思った通り悪くない」と及第点を付けました。

秦国と趙国の命運をわける、歴史に残る大戦が今始まろうとしてます。

 

キングダム702話ネタバレ|飛信隊は平陽の城を攻略中

李牧が着々と戦いの準備を始める中、飛信隊は平陽の城を攻略していました。

時は始皇14年(紀元前233年)雪が降る中の戦いです。

飛信隊が平陽の城に向かってる最中に桓騎軍の兵士が現れます。

オギコとは違いますが、立ち位置的にはギャグ担当みたいな感じです。

オギコと同じく真面目だけれど賢くはないイメージの新キャラが現れました。

そのキャラは不格好な紅春という名前をつけた、井闌車みたいな物を作り突撃しますが、案の定失敗してしまいます。

 

キングダム702話ネタバレ|王翦は先に前線を視察

各戦場で動きがあったように、同じく王翦にも動きがありました。

王翦はただ闇雲に攻めるのではなく、敵地を視察する為に少数で平陽と武城の間を抜けて行きます。

そしてその先で見た邯鄲近くには、丘の上に作られた現代の万里の長城のような壁があるのでした。

崖のイメージとしては、影丘の崖を更に厳しくした感じです。

右も左も先が見えないぐらい続いてます。

王翦は配下にどこまで続いてたか聞きます。

そして、250里は続いてたと急ぎの報告を受けました。

ここ2、3年の間にはなかった壁に驚きを隠せません。

容易に攻略出来るものでないと判断した王翦はどのように攻めるかを考え始めます。

 

キングダム702話ネタバレ|王翦も宣安を狙う

王翦が攻略が容易でないと判断した連なる壁は、李牧が3年前から邯鄲の最終防衛ラインとして建設を進めてきたもの。

李牧が邯鄲から追われた後も、この壁の建設は引き続き郭開によって行われていました。

王翦はこのまま力任せの突破は不可能だと判断して、趙国全体がわかる地図を広げて策を再度練ろうとしてます。

そして王翦も李牧と同じく、宣安に目をつけます。

しかし宣安は既に李牧が防錆線を引き始めてます。

一体桓騎はこの李牧と王翦の間にどのように割って入ってくるのでしょうか?

 

キングダム702話ネタバレまとめ

キングダム前話701話では、趙国の窮地に伴い、廉頗将軍が来るかと思われましたが、郭開の愚策により廉頗は封殺され、代わりに李牧が召集される事になりました。

最新話速報としてキングダム702話のネタバレを紹介してきました。

キングダム702話では、李牧が3年ぶりに前線に復帰しました。

そして、李牧が秦国と戦う為に前線の視察に現れました。

カイネと共に各地を周り、宣安にて秦国を迎えうつ事を決めました。

一方その頃、飛信隊は平陽の城を攻略し始めて、王翦はその先を少数で抜け視察に現れていました。

王翦がその先で見た物は250里はあろうかと報告を受けた長城でした。

正面突破は無理だと判断して王翦は、李牧と同じく宣安に目を向けました。

この数年も前から建設された城の建設を見るとやはり李牧の手腕には驚かされるばかりです。

今後のキングダムの展開も楽しみですね。

以上「【キングダム702話ネタバレ】李牧と王翦再び」と題してお届けしました。

\ワンピースアニメも無料でイッキ見!/

>>今すぐお得にキングダムを読む!