キングダム

【キングダム701話ネタバレ】郭開の愚策で廉頗将軍封殺

【キングダム701話ネタバレ】郭開の愚策で廉頗将軍封殺

2021年11月25日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム701話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム700話では、桓騎との話を終えた嬴政が一人、大量の骸の前で座りこんでいた所に李信が現れる所から始まります。

こんな戦場の最前線で再会するなんて思っていなかったとお互い驚いています。

それから李信が今回の戦いについての戦況を報告、玉鳳隊の影丘での戦いの踏ん張り、そして飛信隊の功績を伝えます。

しかし、それも桓騎の策の中にあり、その間に扈輒将軍を討っていたという事実にその実力を認めざるを得ない天才だという事も言及。

その後の虐殺を考えると、断罪しなければいけなかったが今の秦国には桓騎は必要だとも伝えました。

歯がみし、悔しい思いの嬴政に李信は堂々たる態度で、これから恨みをもって、高い士気で向かってくる趙国兵も承知の上で戦うと言います。

自らを嬴政の金剛の剣だと語る李信に対して、嬴政は自らを理解し共感してくれる李信に感謝し、更に強い覚悟を決めるのでした。

今回は「【キングダム701話ネタバレ】郭開の愚策で廉頗将軍封殺」題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム701話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム699話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム701話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム700話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム701話ネタバレ

キングダム701話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム701話ネタバレ|窮地の邯鄲、廉頗の心意気

趙国の首都邯鄲では、桓騎が行った捕虜の虐殺によって秦国への恨みが強まり、怨念にも似た士気が高まっています。

決して思慮深くはない趙国大臣の郭開もこれは窮地だと理解し、神経質になっています。

大臣の中にはまだ大量の兵が残っている、慌てるような状態ではないと言ってる者もいましたが、趙国内では財産を持って逃げ出し始める者もいました。

いざとなったら自国の王を逃す事も考えている模様です。

ただ郭開はこの窮地においても決して逃亡したくありません。

何故なら今の自分の地位が危ぶまれるからです。

一方その頃、楚国に身を寄せて、楚軍の兵を引き連れて魏国にどんどん攻めて一向に衰えを感じさせない戦いぶりをしている廉頗将軍がいました。

元趙国の三大天の一人として名を馳せた大将軍の廉頗。

祖国の趙が秦国に攻められて窮地に晒されているという事で、今の楚国の地位を捨ててでも趙国に戻る事を決意しました。

 

キングダム701話ネタバレ|郭開の愚かな行為、封殺廉頗

楚国にいる廉頗は、平陽まで秦国の刃が届いた事で趙国は風前の灯火だと言います。

戻る事を決意した廉頗でしたが、ここで郭開が我が身かわいさに愚かな行為をします。

郭開は王に偽の情報を伝えたのです。

今や廉頗は座っている状態、三度も失禁してしまう程で使い者にならないと言います。

郭開から見ても、今の趙国の王は前の王の悼襄王より異質で愚王だとわかっていました。

その愚王に仕えている大臣達も愚かだと思われても言い返すこともできず追い出されてしまってもおかしくないはず。

さらに廉頗が戻って来て趙国軍の実権を握れば、自分を含め軍内部の人間達、現大臣達は一掃されてしまうかも知れないと考えたのです。

郭開は自分の愚かさを弁えている愚か者だったのです。

郭開の守るべき物は趙国ではなく、今現在の自分の立ち位置、権利、富、名誉のみ。

だからこそ、今廉頗が戻って来ては郭開ら大臣には不都合しかないと考えたのでした。

 

キングダム701話ネタバレ|李牧大将軍が三年ぶりに邯鄲へ

郭開の情報を信じた趙国内部は、廉頗に戻ってきてもらう事を断りました。

これによって廉頗大将軍は二度と趙国に戻る事なく封殺されたと言っても過言ではない状態になりました。

しかし、趙国にいくら兵力が残っていると言っても、それを指揮する将軍はいませんでした。

そこで郭開は止むを得ず、李牧を呼び戻す事にしました。

そして李牧が邯鄲に3年ぶりに戻る事となります。

一度は追われた趙国に再び戻る事が出来た李牧。

これから史記にも記されている、桓騎と李牧な有名な戦いが繰り広げられる事になります。

ここでキングダム701話は終了です。

 

キングダム701話ネタバレまとめ

キングダム前話700話では、李信と嬴政が戦場の最前線で再会し、お互いを称え合い再度中華統一の為の趙国を滅ぼす事を決意していました。

最新話速報としてキングダム701話のネタバレを紹介してきました。

キングダム701話では、秦国に対しての趙国側の対策が描かれています。

窮地に立たされているものの兵力はまだ残ってる趙国ですが、それを率いる将軍がいません。

そこで、自分の祖国の危機を感じとった廉頗将軍が戻る事を決意してくれましたが、郭開がそれを拒みます。

今の地位を守りたい郭開は廉頗が戻ってきたら、愚かな王に仕えてる自分は追い出されてしまうと考え、廉頗の嘘の情報を流したのです。

今の廉頗は衰え、座ってる状態で三度失禁してしまう程で使い者にならないと言います。

廉頗の使いの者は驚きを隠せず落胆してしまいます。

しかしこのままでは秦国に滅ぼされてしまうと考えた郭開は悔しながらも一度は追い出した李牧を呼び戻す事を決めるのでした。

今後のキングダムの展開も楽しみですね。

以上「【キングダムネタバレ最新話701話】郭開の愚策で廉頗将軍封殺」と題してお届けしました。

\ワンピースアニメも無料でイッキ見!/

>>今すぐお得にキングダムを読む!