キングダム

【キングダム699話ネタバレ】嬴政が桓騎を不問とする!

【キングダムネタバレ最新話699話】嬴政と桓騎の対話の先

2021年11月11日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム699話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム698話では、秦国王の嬴政が王都軍を引き連れて桓騎の元へ向かいました。

王を出迎えろと指示を受けて慌てふためく摩論がいました。

一国の王が戦場に赴くなんて異例中の異例です。

断罪するだけなら王都に呼べばいいのにも関わらず王自らが戦場に現れたのです。

摩論はゼノウや朱摩一家など、主力の一家を呼び寄せました。

下手したら、内乱になりかねないのです。

そして嬴政を出迎える桓騎でしたが、机に足をかけ、腕を組むといった不遜な態度をとったため、晶文君が血管が浮き出るほどブチギレています。

桓騎はこの後に及び一体何を考えているのでしょうか?

今回は「【キングダム699話ネタバレ】嬴政が桓騎を不問とする」題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム699話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム698話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム699話ネタバレ考察|嬴政と桓騎の対話の先

嬴政は虐殺の人数や今まで殺す必要のない人を殺し続ける桓騎を戒めようと詰めます。

しかし、桓騎はそもそも嬴政が、中華統一を掲げ侵略を広げているお前が何を言うと反論。

侵略をし続けるお前が一番人を殺してると言うのです。

確かに事実としては桓騎が言っている事も正しいです。

けれど嬴政はそんな短い期間の事だけを見て言っている訳ではないのです。

今もずっと続いてる戦乱の世を治める、戦いを終わらせる戦いを嬴政はしているのです。

過去にもある程度の犠牲は出る事は承知している的な発言もしてました。

嬴政が信じる人の本質は光だと言う信念は揺るぎないのです。

ここからは嬴政のとても強い光に当てられて、遂に桓騎の闇が明らかになり、桓騎の過去が少しは描かれるのではないでしょうか?

 

キングダム699話ネタバレ考察|摩論の憂鬱

キングダム696話では天幕で頭を抱える摩論のところに厘玉が現れました。

そして一言、全部終わったぞと告げます。

摩論は今まで見た事ないぐらい、悩ましい顔をしてました。

これは扈輒将軍に攻めこまれ敗戦濃厚だったとき以上に追い詰められた表情です。

何故摩論はここまで頭を抱えてたのでしょうか?

摩論の倫理観に反したのでしょうか?

どちらかと言えば、歴史に残りそうな大虐殺を行った事で、趙国軍の恨みを買ってしまった事、そして秦国の首都咸陽からお叱りをきつく受ける事を恐れて頭を抱えたのではないでしょうか?

摩論が考える悩みはもっともの事で、せっかく六大将軍まで登り詰めた桓騎の立場が危うくなる、すなわち自分の立場も危うくなると考え悩んでいるのではないでしょうか?

この後の桓騎の処遇についても気になる所ではありますね。

 

キングダム699話ネタバレ考察|ゼノウの実力

キングダム692話で扈輒本陣を攻めるにあたり、桓騎は自軍の主力と言っても過言ではない、ゼノウ一家を伏兵として隠れさせてました。

扈輒軍もただの伏兵数百なら対応出来たものの、ゼノウ一家が相手となると話は別。

桓騎軍の武力の象徴と言えば、雷土、そしてゼノウの二人が上がってくるでしょう。

その桓騎の左手と言わんばかりのゼノウを中心として兵では流石に趙国軍にとっては厳しい戦いとなるでしょう。

ゼノウは飛信隊で言う所の羌瘣と実力だけで言えば大差ありません…見た目は美女と野獣ぐらいの大差ですが。

そのゼノウが攻めてきたという事はもう桓騎はこの戦いを決めにきたのでしょう。

おそらく桓騎軍の元野党上がりの一家達の中でもゼノウは武力No.1です。

そして本陣に戻ってきた龍白公とゼノウの戦いも見れるかも知れないですね。

 

キングダム699話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム698話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム699話ネタバレ

キングダム699話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム699話ネタバレ|嬴政と桓騎が衝突

キングダム698話のラストで桓騎は嬴政に対し、殺した数だけで言えば、今侵略を行ってるお前が一番殺していると言いました。

キングダム699話ではその続きが描かれます。

桓騎の発言に対して嬴政は、幼稚な理論に付き合う気はないと言い切ります。

桓騎の言い分に理解を示した嬴政は話を元に戻します。

嬴政は桓騎の暴虐を処罰する為に来たと言います。

さらに桓騎が行った捕虜の虐殺には、軍律違反や倫理感といった以上に過去の白起のように趙国側の怨念を大いに買ってしまった、その事に問題があると言いました。

 

キングダム699話ネタバレ|白起が行った40万の大虐殺

嬴政は過去に秦国の大将軍、白起が行った趙国民の大虐殺について語ります。

勝利が確定した後も趙国民40万人を生き埋めにした白起。

その行いのせいで秦国は趙国から怨念めいた恨みを買いました。

過去に行った事が未だに忘れ去られない中、更に数万の捕虜の虐殺を行ったのです。

桓騎が行った事は趙国民にとってそれを思い出させる事だと言います。

そのような事をやってのける国に侵略されて、統治されても趙国民が許す事はないでしょう。

嬴政の話を聞いた桓騎は再度、反論します。

 

キングダム699話ネタバレ|桓騎の恨み、そして怒り

桓騎は本当に中華統一が心を一つに為されるのか未だに疑問を持っています。

桓騎は黒桜に問います、雷土の死を持って何を感じたか?と。

黒桜は雷土を殺されたことの恨み、怒りがあるから趙国民を全員を殺すと言います。

このように侵略された相手を、家族、仲間を殺された恨みは無くならないし、許したりする事はないと言います。

嬴政に対して桓騎は、人へ過度な期待をしていると言います。

しかし嬴政は、それが何が悪いのだと一切怯む事なく言い放ちます。

更に桓騎に対して嬴政は、あなたのように絶望はしていないと、桓騎の本質を見抜いた上で言いました。

 

キングダム699話ネタバレ|桓騎は不問とする

桓騎が結局どうするのだと問います。

すると嬴政は桓騎を不問にすると言います。

本当に理由なく、虐殺を行ったのであれば、断罪する予定だったけれど、軍師摩論が述べたように今回は正当な理由があると判断したようです。

何より桓騎軍だけで扈輒を討ち取った功績は何より大きいと言います。

周りは不問とした事に対して、大変驚いています。

桓騎も六大将軍もそのままかと問います。

嬴政はそのままだと返します。

今後中華統一していく上でやはり桓騎の力は必要と判断したのでしょう。

 

キングダム699話ネタバレ|嬴政と李信が再会

嬴政はこの度の事は不問とする、しかしまた同じ事があれば当然断首すると言います。

晶文君も王の前でまた足を上げればその両足を叩き切ると言いました。

それから嬴政は一人大量の骸の前に行き、積み重ねられた髑髏を見て、頭を抱えていました。

そして一人、苦悩を抱えてる嬴政のもとに李信が現れたのでした。

ここでキングダム699話は終了となります。

 

キングダム699話ネタバレまとめ

キングダム前話698話では、戦場の最前線に王都軍をひきつれた嬴政を桓騎が失礼極まりない態度で出迎え、この度の虐殺について口論を繰り広げておりました。

最新話速報としてキングダム699話のネタバレを紹介してきました。

キングダム699話では、怒る嬴政に対して、そもそも論で屁理屈をこねる桓騎でしたが、幼稚な論理に付き合う気はないと突き放されます。

更に今回の虐殺は過去の白起の大虐殺を彷彿させる、これから沢山の国を侵略し、後に統治していく中で決して良くないと言います。

すると人に絶望している桓騎は、中華統一しても心が一つになどならないと返しました。

嬴政は人に期待している、桓騎ほど絶望していないと言います。

そして揉めに揉めた結果、摩論の言い分を信じ、そして何より扈輒軍を討った功績を称え、この度の事を不問とする事を言い渡しました。

六大将軍もそのままにするとの事でした。

その後、一人頭を抱える嬴政の元に李信と再会するのでした。

今後のキングダムの展開も楽しみですね。

以上「【キングダムネタバレ最新話699話】嬴政が桓騎を不問とする」と題してお届けしました。

\ワンピースアニメも無料でイッキ見!/