キングダム

【キングダム697話ネタバレ】嬴政が桓騎の元へ!

【キングダムネタバレ最新話696話】李牧が遂に呼ばれる

2021年10月28日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム697話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム696話では、桓騎が扈輒軍を打ち破って見事勝利したことが秦国と趙国の両方に知れ渡りました。

当然趙国の郭開の耳にも入り、驚きを隠せずに動揺していました。

秦国の咸陽でも驚きを切れません。

つい昼ごろの情報では桓騎軍が劣勢で、飛信隊が援軍に加わったということでした。

それが夕方の情報では逆転し、敵国の総大将の扈輒まで討ち取って戦いに勝利したというのですから、喜びもありますが大変驚いています。

そして、桓騎はただただ冷静に趙国軍の10万の首切りを指示するのでした。

各地の捕虜は数十人ずつ解放すると言われ、どこか遠い所に連れて行かれます。

何人かの係に分かれ、中継地点を繋ぎ最終地点で処刑されていきました。

そして天幕で頭を抱える摩論に厘玉が報告します。

終わったぞ全部と言い、10万の首切り完遂を告げたのでした。

今後キングダムはどのような展開になるのでしょうか?

今回は「【キングダム697話ネタバレ】嬴政が桓騎の元へ!」題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム697話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム696話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム697話ネタバレ考察|桓騎が一度咸陽に呼ばれる?

桓騎はこの度の戦いで投降して捕虜となった趙国兵約10万以上の兵士を処刑、大虐殺を行いました。

秦国の咸陽では、扈輒将軍を討ち取り、戦いに勝利した事までは知っていますが、どのように勝利したかは知りません。

後ほど伝令より聞く事となるでしょうが、流石にこの歴史にも残る程の所業を見過ごす訳にも行かずに、嬴政、昌平君は説明を求める為に呼ぶのではないでしょうか?

そして桓騎はこの趙国兵の虐殺を秦国にとってどれだけメリットがあるかを説くでしょう。

逆襲される恐れや兵糧の問題を話し、しかし心から理解される事はなく、どこかわだかまりを残して桓騎は再度戦地に赴くのではないでしょうか?

そして桓騎は乗り気にもなれず戦う事になり、この後の悲劇に繋がるのではないでしょうか?

 

キングダム697話ネタバレ考察|桓騎軍オアシス、黒桜

キングダム694話で見事に形勢逆転した桓騎軍。

龍白公等の将軍もいましたが、そこは勝利濃厚と判断した一家がたくさん戻ってきて勢いをました黒桜を中心に抑えこみました。

そして黒桜の命令でどんどん戦い続ける桓騎軍の兵達でしたが、その返事はとてもデレデレしてました。

例えるなら、飛信隊の羌瘣の兵達のようです。

辛く厳しい戦いの中でも、美人なリーダーがいるだけで奮戦出来る事が表現されていました。

黒桜は桓騎軍にとっての唯一のオアシス的な存在なのでしょう。

美人すぎる人の命令であれば例え無茶な指示でも頑張れてしまう、元野盗集団の桓騎軍…。

 

キングダム697話ネタバレ考察|李信の怪我、疲労感

キングダム690話で遂に岳白公を倒しました。

しかしその代償は大きく、李信も満身創痍と言えるような状態です。

致命傷になるような怪我はないかも知れませんが、岳白公にやられた細かい傷、打撲等は相当な物でしょう。

他の兵、武将達ではやられていてもおかしくありませんでした。

王賁程とは言えないですが相当なダメージのはず。

今後出てくる強敵がいたらより厳しくなるでしょう。

今回の扈輒戦では、出番が少し無くなるかも知れませんね。

そしてここで飛信隊で活躍するのが羌瘣副隊長でしょう。

まだまだ万全な羌瘣が李信の分以上に活躍が願われますね。

 

キングダム697話ネタバレ考察|桓騎の秘策

扈輒将軍は影丘を攻略された事でこのまま本陣を強襲されてはマズいと判断。

前に待機させていた、虎白公の軍5000を北上させ、飛信隊にぶつけようとしました。

その結果、扈輒本陣は守るべく盾が無くなってしまったも同然です。

そしてそれに気づいた桓騎が遂に動き出しました。

この乱戦状態こそ、桓騎が待ち望んでいた状態なのでしょう。

影丘攻略にあたって、王賁にあれほど言われても桓騎は自軍の兵を出していませんでした。

その意味がここでわかるのではないでしょうか?

まだまだ登場してない、桓騎軍の将として、ゼノウや砂鬼一家がいます。

桓騎は決して直感だけで策を練ってきません。

誰もが想定しない想定外の所から策を練ってくる天才型です。

今回の戦いの一番の見どころになりそうですね。

 

キングダム697話ネタバレ考察|桓騎の雷土への思い

雷土は桓騎軍の最古参と言っても間違いないでしょう。

盗賊時代から桓騎の下で共に戦ってきたのでしょう。

蒙鷲将軍に拾われる前から桓騎を支えてきた武将です。

扈輒将軍に捕まり、拷問を受けてる雷土の事は間も無く桓騎の耳にも入るでしょう。

その時桓騎は何を思うのでしょう。

いつもどんな事があっても不敵な笑みを浮かべてる桓騎、真のポーカーフェイスとも言えるは桓騎。

きっと雷土の事を聞いても顔色一つ変えずに、大馬鹿野郎がとでも呟きそうです。

そして心の中では、鬼のような形相をしてる事でしょう。

桓騎は何かに飢えてると言っていた雷土でしたが、雷土を失った桓騎はより渇き、飢えてしまうのではないでしょうか。

その代償として趙国軍の大量の兵士の命を奪う事になるでしょう。

桓騎にとって雷土一人は敵国の10万以上の命より重いはずです。

 

キングダム697話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム696話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です.

 

キングダム697話ネタバレ

キングダム697話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム697話ネタバレ|大量虐殺報せが各地に届く

キングダム696話で桓騎軍が趙国の捕虜10万の首切りを行い、更に遺体を燃やしました。

キングダム697話ではその後の展開が描かれています。

戦場では骸骨の頭が大量に積み重ねられています。

そして各地に大量虐殺の報せが届きます。

趙国首都の邯鄲にもその情報は入り、兵士の家族達は泣きじゃくっています。

大変な恨みを買う事をしてしまったと分かります。

歴史に名を残す、桓騎の所業。

同時に秦国の首都にも報せが届いています。

その情報を知った嬴政は思わず頭を抱えて階段に座り込んでしまう程のショックを受けました。

 

キングダム697話ネタバレ|李斯から攻められる嬴政

李斯はこの報せを聞いて物凄く怒っています。

昌文君は驚きと焦りを感じる表情。

昌平君は極めて冷静ではあるものの、大変遺憾だと思っているというのがその表情から読み取れます。

そして李斯は嬴政に詰め寄り、だから言ったのだと、あの男を六大将軍に任命すべきではなかったと責めたてます。

このままでは中華統一を行う上で良くないイメージが出てしまうとも言います。

侵略された国は、侵略してきた相手に対してタダでさえ嫌悪感を抱いている、なのにこんな事をしては拍車がかかって恨まれるだけだと。

桓騎は昌文君が恐れて、忠告した事をやってのけたのです。

 

キングダム697話ネタバレ|李信が桓騎の元へ向かおうと

各地に情報が行き渡ったように、李信の元にも当然情報が入ってきました。

桓騎軍が行った大量虐殺を聞いた李信はやはりブチ切れています。

桓騎の元へ向かい、虐殺した数だけ桓騎軍を倒すと言いますが、河了貂に止められます。

昔と違い、信は将軍になってる、自国の将軍同士が戦うなんて事が起きたら内戦が起きてしまうと言います。

またその隙に他国に攻められたらどうする、今は趙国軍に攻められないように防衛線をきちんと守る事が大切だと言いました。

河了貂は冷静に振舞おうとしています。

ただその顔からはこの悲しい事実に涙をあふれ、それでも李信を諭そうとしていました。

 

キングダム697話ネタバレ|嬴政が王都軍を連れ桓騎の元へ

摩論自身も今回自軍の将軍がやってしまった事を悔み、天幕で頭を抱えてました。

その摩論の元に秦国の王、嬴政がやってきたという情報が入りました。

摩論はとても驚きます。

このタイミングで嬴政が戦場に赴いたのは、間違いなく桓騎将軍の件で間違いないでしょう。

嬴政は本来、王都を守るはずの王直属の兵士、黒騎兵団を引き連れてきました。

しかも数万の大軍、桓騎軍を滅ぼしかねない軍勢です。

そして嬴政と桓騎将軍が戦場で出会う事になります。

ここでキングダム697話は終了になります。

 

キングダム697話ネタバレまとめ

キングダム前話696話では、趙国軍に勝利した報せで喜びに沸く秦国軍が描かれました。

最新話速報としてキングダム697話のネタバレを紹介してきました。

キングダム697話ではその後の大量虐殺の報せが入り、お祝いムードが一転。

趙国軍は悲しみに満ち溢れ、秦国が物凄い恨みを買ってしまったのが分かります。

秦国軍ではまさかそんな大虐殺を行うと思ってなかったので、驚きと動揺が走り、嬴政も頭を抱えて座り込んでしまいます。

李斯は嬴政に詰め寄り、何故あの男を大将軍に任命したのかと言います。

最も恐れていた事をやってしまったのです、桓騎は。

河了貂は怒る飛信隊将軍の李信を必死に止め、将軍同士の揉め事は軍にとって死活問題に繋がりかねないとなだめました。

そして事の重大さ考え、秦国の王、嬴政は自ら桓騎の元へ数万の軍を連れて現れました。

今後のキングダムの展開も気になります。

以上「【キングダムネタバレ最新話697話】嬴政が桓騎の元へ!」と題してお届けしました。

\ワンピースアニメも無料でイッキ見!/