キングダム

【キングダム686話ネタバレ】凄惨な拷問に耐える雷土の覚悟!

【キングダムネタバレ686話最新話確定速報】岳白公強さとは?
Pocket
LINEで送る

2021年7月15日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム686話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム685話では、遂に岳白公と李信が会敵しました。

岳白公曰く、秦国軍他の国に侵略をしてる最中、我々は訓練を欠かさず行って来たとの事。

侵略者の将軍の首をとるのを非常に楽しみにしてたと言っています。

暴力には暴力で返すという岳白公、その勢いに負ける事なく応戦しようとする李信。

一方趙国軍に捕縛された雷土は趙国軍の天幕にて他の仲間と一緒に縛られ座らせられています。

今後どのような展開になるのでしょうか?

雷土の運命とは?

今回は「【キングダム686話ネタバレ】凄惨な拷問に耐える雷土の覚悟!」と題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

キングダム686話ネタバレ考察

今後のキングダムはどうなっていくのでしょうか。

続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

キングダム685話までのネタバレを含みますのでご注意ください!

 

キングダム686話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム685話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です.

 

キングダム686話ネタバレ

キングダム686話話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

キングダム686話ネタバレ|扈輒将軍に認められる雷土

雷土の前に拷問官を連れた趙国の将軍が現れます。

一目見て雷土は目の前にいる将軍は趙国の総大将の扈輒だと見破ります。

それだけ扈輒将軍の見に纏った雰囲気、オーラとも言うべきでしょうか、強者同士にわかる威厳さも兼ね備えているのでしょう。

扈輒は突然雷土に優秀だと言います。

それに驚く龍布。

しかしだからと言って雷土のした事を見逃す訳にも行かず、これから罰を与えると言います。

今まで共に戦って来た龍白公、そしてその息子を殺されたのですからもっと怒り狂っても良いのですが、あくまで冷静に雷土に罰を与えると言います。

先ずこの罰を指で償ってもらうと言います。

どちらの指がいいかと、尋ねる扈輒に雷土は躊躇なく、左と答えます。

雷土がそう答えると、共に連れられた二人の指も落とされます。

 

キングダム686話ネタバレ|雷土の忍耐力

扈輒将軍は続いて、雷土が今まで虐殺してきた事兵士の分で腕を落とすと言います。

再びどちらが良いか尋ねる扈輒、すぐに指を失ってる左と答える雷土。

同じく連れの二人も腕を落とされます。

更に扈輒将軍が与える罰は続き、腕だけでなく、右足の指の爪も剥がされて、そこに釘まで撃ち込まれます。

これには流石の連れの二人は耐えきれず、ショック死してもおかしくない状態です。

もしかしたらもう既に命を落としてるかも知れません。

しかし、それでも雷土は動じず見苦しい姿は見せる事はありません。

捕まった時点で雷土は覚悟していたのでしょう。

雷土の忍耐、我慢強さがわかります。

 

キングダム686話ネタバレ|桓騎への思い

更に続く罰の中でも雷土は余裕すら見せてます。

片腕が無くなり、右足に違和感があろうと女は抱けると桓騎軍の幹部らしい発言をします。

扈輒と雷土は色々話ますが、雷土はうろたえる様子はなく、表情一つ変えません。

扈輒は遂に雷土に桓騎は何を狙ってるのか?と尋ねます。

しかしそれに答えず沈黙を貫きます。

扈輒は、桓騎が逆の立場ならすぐ話すだろうと言いますが、雷土は桓騎でも何も語らないと言います。

雷土はゴミ捨て場で俺たちを拾ってくれた桓騎は最高の男だ、と初めて感情をあらわにして叫びます。

雷土は桓騎ともっと話しておけば良かったと唯一の心残りを思いました。

別の戦場の摩論と黒桜は雷土に何かが起きたと直感で感じ取ります。

扈輒は雷土はきっともう何も話さないだろうと思いつつ拷問を続けるように指示します。

そして趙国の右翼の指揮を龍布に任せる事にしました。

 

キングダム686話ネタバレまとめ

キングダム前話685話では、岳白公が飛信隊に向けて突撃、扈輒軍に捕まった雷土は拷問されそうです。

最新話速報としてキングダム686話のネタバレを紹介してきました。

キングダム686話では、趙国総大将による雷土のへの罰という名の拷問が始まりました。

扈輒将軍率いる、趙国軍は拷問を罰と言う事で、その残忍さ非道さを正しい物だと自分達に暗示をかけているようにすら見えます。

少なくとも、桓騎軍が今まで行ってきた拷問に比べれば、まだ人としての心があるようにすら見えます。

指を落とされ、腕を斬られて、足の爪も剥がされ、釘も刺され…。

本当に良く耐えています。

桓騎への思いがなければ、もっと早くに情報を漏らしてたでしょう。

桓騎軍の古参の幹部だからこそ、桓騎の良き理解者、まさに桓騎に唯一残された良心が雷土だったと言えるでしょう。

桓騎はこの事実をどう受け止めるでしょうか?

今後のキングダムの展開も気になりますね。

以上「【キングダム686話ネタバレ】凄惨な拷問に耐える雷土の覚悟!」と題してお届けしました。

\ワンピースアニメも無料でイッキ見!/

Pocket
LINEで送る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。