彼女お借りします

【彼女お借りします214話ネタバレ】麻美が千鶴をレンタル!

【彼女お借りしますネタバレ最新話214話】千鶴が麻美を止めに行く

2021年11月24日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「彼女お借りします(通称かのかり)」本誌214話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

彼女お借りします前話213話では、千鶴が告白しようとする和也を遮りました。

和也はそれでも強引に話をしようとします。

千鶴は一瞬話を聞きそうになりますが、そこに麻美から急かすようなメッセージが届き、千鶴は「ごめん」と言って去りました。

彼女お借りします214話では、千鶴が麻美を止めようとします。

ただ千鶴が話をしようとしても麻美は強引に話を進めていきした。

そして最後、麻美は千鶴の意見は聞いていないときっぱり言って、あるものを取り出します。

その意味とは!?

「【彼女お借りします214話ネタバレ】麻美が千鶴をレンタル!」と題してお届けします。

>>彼女お借りしますの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

彼女お借りします214話ネタバレ考察

今後の彼女お借りしますはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

彼女お借りします最新話213話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

彼女お借りします214話ネタバレ考察|千鶴が麻美を止めに行く

麻美から立て続けに来ていたメッセージの内容。

「一緒に行こ指輪持って」から部屋の前の画像、そして「ごめんもう着いた」です。

畳みかけることで考える時間と退路を断っています。

千鶴の焦りの表情を見る限り、効果はバツグン。

このあと千鶴は麻美のところに行くのでしょう。

しかし流されるまま麻美の言うことを聞く千鶴ではありません。

自分から話をするとはっきり言ってくれるのではないかと期待します。

 

彼女お借りします214話ネタバレ考察|自由への終電

彼女お借りします213話ラストの予告に「自由への終電(チケット)」とありました。

この言葉は麻美が好みそうな言い回しに思えます。

千鶴と合流した麻美は自分の思い通りに千鶴を動かすため、和に会う前に最後の打ち合わせを行うのではないでしょうか。

その際、「ここで言うこと聞いておかないとヤバイぞ」という脅し文句的な感じで「ここが自由への終電だよ」と使うと予想。

 

彼女お借りします214話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が彼女お借りします213話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

彼女お借りします214話ネタバレ

彼女お借りします214話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

彼女お借りします214話ネタバレ|和也虚無

千鶴がごめんと言って去ってしばらく経ちました。

和也はまだ教会前にいます。

見つけた椅子に腰かけます。

虚空を見つめ、もう一度千鶴の「ごめん」を思い出しました。

 

彼女お借りします214話ネタバレ|千鶴疾走

外から中に入った千鶴は立ち止まり、スマホを打ちます。

今向かうと麻美に連絡。

するとすぐに「ロビーで待ってる」と返信が来ました。

もう一度走り出します。

その脳裏には和也が来る直前のことがよぎっていました。

 

彼女お借りします214話ネタバレ|麻美が送ったメッセージ

このやりとりの少し前、和也が教会に来る直前。

麻美は千鶴に対し、和から来たラインのメッセージを転送していました。

千鶴が苦しんでいるのなら助けたいという内容のメッセージです。

麻美はそれから和に「被害者」だと言っているのを聞かれた、和に聞かれた以上、嘘を重ねるのは忍びない、一緒に指輪を持って会いに行こうと言います。

千鶴はもう少し時間が欲しいと返します。

そこで和也が来てしまったのでした。

 

彼女お借りします214話ネタバレ|真っ赤

千鶴は走りながら麻美の思惑について考えます。

もう打つ手がない、麻美は本気、何で麻美はこんなことをするのだろう、やはり最初からバラすつもりだったのかと思います。

それからやはり説得するしかないと決意。

その瞬間、和也のことを思い出します。

「聞いてくれ水原!」「まだ話は終わってない」と言った和也のことを。

回想の中の和也も、千鶴の顔も真っ赤です。

 

彼女お借りします214話ネタバレ|麻美の話術

千鶴がロビーに着くと、麻美はいつもの笑顔で

お土産屋のベンチで麻美は千鶴にスマホを見せます。

和には「既読無視」状態、何て答えたらいいか分からない、こんなときのマニュアルないのと笑います。

千鶴は説得しようとします。

しかし麻実は千鶴に口を挟む隙を与えず、一人で話し続けます。

やんわりと千鶴は和也に洗脳されていると言いたいようです。

 

彼女お借りします214話ネタバレ|…やば

それから麻美はお金の話を出します。

和也からのお金はどうしているのだと聞きます。

千鶴は正直にお金を先にもらって後から該当時間分にデート予約を入れてもらうと話します。

すると麻美は「…やば」と言い、何でもアリになってしまう、「でなんかやっぱりってかんじ」とつづけます。

それから立ち上がり、指輪取りに行って和に場所を聞こうと言います。

千鶴は「もう少しだけ…!!」と引き留めようとします。

 

彼女お借りします214話ネタバレ|麻美の過去編スタート

麻美は白い封筒を差し出しました。

それから「貴方の意見は聞いてない」ときっぱり言います。

人を巻き込んでいる自覚はあるのか、こんなことをいつまでつづける気なのだ、悪いのは和也、千鶴は被害者でいいじゃないかとつづけます。

さらにプロ失格だと言うのなら言い訳をあげる、客にやれって言われたと言えばいい、これは「自由への終電(チケット)」、今から千鶴をレンタルさせてと言いました。

千鶴は驚きの顔で麻美を見つめます。

そして麻美は中学3年生のころのことを思い出します…。

ここで彼女お借りします214話は終了です。

 

彼女お借りします214話ネタバレまとめ

彼女お借りします前話213話では、千鶴が和也の告白を遮りました。

和也は強引に話をつづけようとしますが、麻美から「もう着いた」という連絡を受けた千鶴は「ごめん」と言って走り去ります。

ショックを受けた和也は今後千鶴を避けると予想。

さらに千鶴は麻美と合流し、麻美から最後の選択を迫られると考えました。

最新話速報として彼女お借りします214話のネタバレを紹介してきました。

彼女お借りします214話では、麻美が千鶴の話を聞かず、強引に話を進めようとしました。

さらには千鶴をレンタルすると言います。

そして麻美の過去編がスタートするようです。

今後の彼女お借りしますの展開も楽しみですね。

以上「【彼女お借りします214話ネタバレ】麻美が千鶴をレンタル!」と題してお届けしました。

\彼女お借りしますアニメも無料でイッキ見!/