彼女お借りします

【彼女お借りします213話ネタバレ】千鶴の返事はごめん

【彼女お借りしますネタバレ最新話213話】千鶴が聞く覚悟を決める

2021年11月17日(水)発売号の週刊少年マガジン掲載の「彼女お借りします(通称かのかり)」本誌213話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

彼女お借りします前話212話では、和也が千鶴の下へ訪れる数分前の出来事が描かれました。

和が麻美に対し、千鶴が困っているなら力になりたいとメッセージを送ります。

すると麻美は千鶴にもう限界かもしれないと送って、千鶴を混乱させたところで和也が登場したのです。

また、瑠夏は栗林を拒絶しようとしますが、結局は話を聞くことに…。

東京リベンジャーズ213話では、千鶴が和也の話を遮ります。

それから行くところがあると言って去っていこうとします。

しかし和也は千鶴を引き留めて…?

「【彼女お借りします213話ネタバレ】千鶴の返事はごめん」と題してお届けします。

>>彼女お借りしますの最新話ネタバレをチェック!!<<

 

彼女お借りします213話ネタバレ考察|千鶴は聞く覚悟を決めた?

彼女お借りします211話では突然の和也登場にただ驚いたように見えた千鶴。

しかし212話で対面直前に麻美から「もう限界かも」という連絡を受けていたことが発覚。

混乱に拍車がかかった状態で和也と向き合っているということになります。

最後は唇を「ぐっ」とかむ描写もありました。

これは告白を聞くという覚悟を決めたということでしょうか。

それとも話を遮ってそれどころではないと言おうとしたのでしょうか。

できれば前者がいいですよね。

SNSなどを見ると、展開が進まないことにもどかしさを感じる読者が多いようです。

そろそろ和也に告白させてあげてほしいですよね。

 

彼女お借りします213話ネタバレ考察|告白の行方とは?

和也がこれまでの甘えた考えをふっきり、告白しようとしています。

疾走とともに千鶴との思い出が巡っていくシーンにぐっときました。

千鶴が大泣きした回も素晴らしかったですが、このシーンもそれと並ぶくらい良かったです。

いい意味で開き直ったところは男らしさすら感じました。

この回想と想いを千鶴にもそのまま見せてあげたいです。

きっとうれしく思ってくれるはずです。

ただ和也本人的はそう思えないかもしれません。

告白がうまくいく可能性も低いと思っているのですから。

千鶴にとって和也は今や大きな存在だと思うのですけどね。

そうでなければ肩を借りて泣いたり、クラファンで頼ったり、傍にいたい人というワードで和也を連想したりはしないでしょう。

なので告白がうまくいくことも十分あると考えます。

 

彼女お借りします213話ネタバレ考察|千鶴が麻美のことを打ち明ける

千鶴は麻美からの脅しのことを打ち明けようとして躊躇しました。

和也がまだ麻美のことを好きかもしれないからです。

麻美が和也を陥れようとしていたなんて知ったらきっと傷つくと思ったのです。

しかし、もし和也が千鶴に告白すればその心配はなくなります。

告白の返事は保留にして、まずは麻美の問題を打ち明け、二人で問題に立ち向かうという展開もあるのではないでしょうか。

 

彼女お借りします213話ネタバレ考察|麻美は何を言われる?

和が麻美を呼び出しました。

呼び出す直前、和は麻美が千鶴に言っていたことを思い出していました。

普通の流れでいけばその件について麻美に聞くのでしょう。

ただ和也に対しては何も聞かず、和也への感謝しか言いませんでした。

ということは麻美に対しても追及という形をとるのではなく、今の自分の気持ちしか伝えない、というスタンスかもしれません。

ありそうなのは「麻美には色々と感謝している、ただ自分は和也と千鶴を信じているから二人が何か隠しているとしても、二人が言って来るまで待つ」というような感じ。

あるいは和也に何も聞かなかったのは先に話を聞くと先入観が出てしまうからで、客観視できる人様から話を先に聞こうと思ったのかもしれません。

できれば前者で、麻美に暗にでもいいから余計なことはしないでと言って欲しいですよね。

 

彼女お借りします213話ネタバレ考察|麻美の暴走と千鶴の混乱はどうなる?

麻美が千鶴を追い詰め、千鶴は困り果てています。

このままいくと和也は告白失敗、千鶴は指輪を返して嘘は暴かれるという展開になりそうです。

ただ旅行が始まる際、モノローグとして「この旅行が分水嶺」とありました。

分水嶺とは「物事の方向性が決まる分かれ目」だそうなので、決定的な終わりとか、破滅するのだったらもっと別の言い回しを使いそうです。

そのため何らかの決着はついたとしても希望は繋がる展開になると考えます。

つまり麻美の暴走によって嘘が暴かれたり、和也と千鶴のレンカノ関係は終わったりするかもしれませんが、別の関係へと変わる可能性は残ると予想。

さらに千鶴は今混乱の最中にありますが、流されるまま全てを終わらせる女性とも思えません。

自分の気持ちを見つめ直し、麻美に反撃するのではないでしょうか。

 

彼女お借りします213話ネタバレ考察|感想や予想ツイート

以下が彼女お借りします212話を読んでの感想や今後の予想、考察ツイートの一部です。

 

彼女お借りします213話ネタバレ

彼女お借りします213話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

彼女お借りします213話ネタバレ|千鶴が待ったをかける

千鶴と向き合い、「聞いてくれ水原!」と言った和也。

さらに先に謝ると言って、許されるとは思ってない、少し時間が欲しいと言います。

今にも告白してしまいそうです。

ただ千鶴が両手を広げ、慌てて待ったとかけます。

「あなた“何か”言おうとしてない!!?」と叫びます。

 

彼女お借りします213話ネタバレ|千鶴は知っている

和也の勢いはそこで失速。

「何を…!?」と言うと、千鶴からは「何か」と返されます。

和也は赤面。

生唾を飲み込み千鶴に自分の気持ちを気づかれていると確信。

それって告白をしているも一緒、それなのに「何か」を聞いてくるのは迷惑だからなのか、無理だからなのかと考えます。

さらに千鶴がスマホをちらちら見ているのを確認。

忙しいのかもしれない、これで告白できる気がしないと思います。

 

彼女お借りします213話ネタバレ|それでも!!!

千鶴はボソっと「私もう行くところだったから…」とつぶやきます。

それから和也を横切って去ろうとします。

和也は呆然と立ちすくみます。

しかし次の瞬間、「でも…!!!それでも…!!!」と思い、千鶴の手を掴んで引き留めました。

話は終わっていないと叫び、「俺…ッ!!俺…ッ!!」と言います。

顔は真っ赤、大汗をかいています。

千鶴も動揺して赤面。

そこで千鶴のスマホが鳴りました。

 

彼女お借りします213話ネタバレ|ごめん

スマホにはメッセージが届いていました。

画像、それから「ごめんもう着いた」というメッセージ。

千鶴はそれを見た瞬間「…ごめん」と言います。

和也は「え?」と言います。

そこで千鶴は和也の手を振り切って駆け出しました。

 

彼女お借りします213話ネタバレ|残された和也

和也は手を伸ばしたポーズのまま固まります。

遠く、小さくなっていく千鶴の背中を見送ります。

千鶴が扉を開けて出ていきます。

それでも和也は動けずにいました。

ここで彼女お借りします213話は終了です。

 

彼女お借りします213話ネタバレまとめ

彼女お借りします前話212話では、和也が訪れる数分前の出来事が描かれます。

麻美からもう限界だという連絡が来たことで千鶴は混乱していました。

また、瑠夏は栗林を引き離そうとして失敗、結局は話を聞くことになりました。

最新話速報として彼女お借りします213話のネタバレを紹介してきました。

彼女お借りします213話では、千鶴が和也の告白を遮ります。

和也はそれでも言おうとしますが、麻美から「もう着いた」という連絡を受けた千鶴は「ごめん」と言って去っていきました。

今後の彼女お借りしますの展開も楽しみですね。

以上「【彼女お借りします213話ネタバレ】千鶴の返事はごめん」と題してお届けしました。

\彼女お借りしますアニメも無料でイッキ見!/