僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカネタバレ321話最新話確定速報】デクの本質はお節介というヒーロー

【ヒロアカ321話最新話ネタバレ確定速報】爆豪とお茶子がデクの意思を変える決定打に?
Pocket
LINEで送る

2021年8月2日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌321話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ320話では、A組の仲間たちとデクが対立します。

A組の仲間たちの個性による攻撃や拘束がデクに襲い掛かりますが、デクはワンフォーオールの力を使って逃げようとあがきます。

しかしA組の仲間たちはデクのことを心から心配しているのだと分からせようと、過去にあったデクとの思い出に語り掛けるのでした。

やはりデクもそれを覚えているからか、段々と心が揺れているようです。

A組の仲間たちからの心配を一心に感じ取っているからこそ、オールフォーワンからみんなを守りたいという気持ちが上回っているようでした。

必死に逃げようとするデクを、それでも轟や梅雨たちはデクを友達と呼びかけ、友達だからこそその責任を分けてほしい、助けさせてほしいと手を伸ばすのでした。

まだデクは拒むと思われますが、ここから飯田やお茶子、そして爆豪がデクに語り掛けると思われます。

彼らは何と言って、デクを連れ戻そうとするのでしょうか。

そしてデクはその意思をまげて、友達のもとに帰るのでしょうか?

ヒロアカ321話の内容がわかり次第こちらのページで紹介していきます。

今回は「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ最新話321話速報】デクの本質はお節介というヒーロー」と題しお届けします。

 

今後オールフォーワンを追うデクがどうなっていくのかも気になるところですが、これまでのオールフォーワンとの戦いも復習したくなりますよね?

またアニメで見ていて漫画は読んでない場合は、どんな感じになるのか漫画で読みたくなるのではないでしょうか?

そこでヒロアカの最新刊の漫画を無料で読めるサイトを見つけました!

そのサイトとはU-NEXTというサイトです。

現在31日間無料お試しキャンペーン実施中で漫画が無料で1冊読めてしまうポイントをもらうことができます。

このポイントを使ってヒロアカの最新巻を読めてしまうというわけです。

またこの期間内でしたらヒロアカのアニメを始め無料で見られる映画やドラマなどもありますので、ついでに1か月楽しめるのではないでしょうか?

もし使いにくかった場合は、期間内に解約すれば1円もかかりませんので、ご安心ください。

現在登録者がどんどん増えていて、いつこのキャンペーンが改悪されるのかわかりませんので、今の内にお試ししてみませんか?

この機会にヒロアカを復習してみてください。

\ヒロアカアニメも無料でイッキ見!/

本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

目次

ヒロアカ321話最新話ネタバレ考察

今後のヒロアカはどうなっていくのでしょうか。

考えられる展開を紹介していきます。

ヒロアカ最新話320話のネタバレがありますのでご注意ください。

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ考察|お茶子と爆豪の言葉がきっかけになる!?

A組の仲間達の言葉で、デクの決意は若干ながら揺らいでいます。

しかし決定打にはならないようで、デクはA組の仲間たちを傷つけないように振り払って逃げようと足掻きます。

轟や梅雨、飯田はデクとかなり付き合いもあるのでさらに心が揺らぎそうな言葉をかけそうですが、決定打にはならないでしょう。

やはり決定打になる言葉を語るのは、幼馴染で一番デクを知る爆豪でしょう。

そして爆豪と同じくらいにデクの心を傾けることができるのは、お茶子ではないでしょうか。

デクがピンチの時、お茶子はいつもデクの気持ちに共感し、デクのサポートをしてきたと言っても過言ではありません。

そして少なからず、デクに恋心を持っていると思われます。

ヒロアカのヒロインであるお茶子の言葉は、デクに届くのではないでしょうか。

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ考察|内通者はデクが雄英に戻るように働きかけている?

ヒロアカ連載当初から敵連合との内通者の問題がまだ残っています。

内通者はA組の生徒の中にいるのではないかと言われていますが、まだ正体は明らかになっていません。

そしてデク捜索のA組の生徒の中に内通者が紛れ込んだことに他の生徒たちは気がついていません。

内通者はA組の中にデクが戻ってくることを望んでいるのでしょう。

デクの居場所が常に明らかになり、かつデクが隙を見せた瞬間にオールフォーワンのもとに連れて行けるからです。

デクの危機感知が反応していないのは、今はまだデクを傷つけるつもりはないからでしょう。

デクが雄英に戻った時、内通者はどのように動くのでしょうか。

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ考察|爆豪との戦いで二代目の個性見せる!?

まだ二代目継承者の個性は明らかになっていません。

読者は知らない状態なだけでデクや爆豪は把握しているのかもしれません。

しかし作中で少しも出てこない二代目の個性ですが、雄英に連れ戻そうとしてくる爆豪との戦いで明らかになるかもしれません。

A組対デクの戦いですが、最終的には爆豪とデクの一騎打ちになりそうな予感があります。

爆豪は天才肌なので、デクの中に引き継がれた各継承者たちの個性を把握していればその対策も考えているはずです。

そしてデクの行動も理解している爆豪であれば、デクの次の一手は読んで動くでしょう。

そしてそれはデクも理解しているので、二代目の個性も発現できるのであれば、それを知らない爆豪にぶつけてくるでしょう。

二代目の個性を使って、デクは爆豪を退けるのでしょうか?

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ考察|デクの気持ちは変えられない!?

心も体もボロボロになって、それでもデクは戦い続けます。

そんなデクを雄英に連れ戻しに来た爆豪たちA組は、そんなデクをやっとの思いで見つけました。

デクに雄英に戻ろうと言いますが、デクは拒否します。

爆豪はデクの異常性に気が付いているので、無理矢理連れて帰らなければならないと気がついています。

A組全員で取り押さえれば、デクを雄英に強制的に連れ戻せるでしょう。

しかしデクは頑固な部分があるので、気持ちまで変えるには一難ありそうですね。

果たしてデクを心から雄英に戻すことができるのでしょうか?

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ考察|デクの存在が遂に世間にバレる?

世間はヒーローへの非難で溢れていますが、それよりも一番恐れられているのがオールフォーワンです。

そのオールフォーワンと関係があるとされているワンフォーオールの存在が、徐々に世間にもバレ始めていますね。

オールフォーワンをその身に宿すデクは、その存在を隠しながらプロヒーローと行動を共有していました。

しかしデクの自己犠牲精神で、その共有は途絶えてしまいます。

そのせいで噂程度ですが、黒いヒーローがいるという話が世間で出ています。

ヒロアカ318話では多くの市民を操って盾に使う敵が出てきました。

無事に市民は解放されましたが、このことでデクが黒いヒーローであること、そしてワンフォーオールであるとバレるのではないのでしょうか。

そうなれば世間はさらなる混沌に陥り、オールフォーワンの思う壺になりそうですね。

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ考察|雄英高校の秘密防衛システムとは

超常解放戦線との戦いで多くの避難民を出してしまった為、雄英高校は現在避難民達を受け入れている状態です。

授業や進級は取りやめ、生徒たちは警備をしながら自粛していると明らかになりました。

そんな中、一年A組の生徒たちはデクを探しに行くと決めました。

雄英の警備に穴が出るかもしれないとエンデヴァーは言いましたが、根津校長は快く送り出します。

その際に文化祭の時に使うかもしれないとあらかじめ用意していた防衛システムがあることを口にしました。

この防衛システムが、オールフォーワンとの最後の戦いで明らかになるのではないのでしょうか。

多くの一般市民が避難しているので、雄英高校が戦いの場に晒されることがないような展開になってほしいですね。

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ考察|爆豪はデクのオールフォーワン探しに同行する!?

デクは超常解放戦線との戦い以降、自分の身に宿すワンフォーオールがオールフォーワンに狙われていると気がついて雄英高校を出ていきました。

その際にクラスメイト達に書き置きを残し、勿論すべてを知っている幼馴染である爆豪にも相談なしに行方をくらましたのです。

しかしヒロアカ318話で、心も体も気が付かないうちにボロボロになっているデクの前に、爆豪が駆け付けました。

きっと爆豪は勝手に相談せずに行動してしまったデクに対し、怒りを覚えているでしょう。

ですがデクのことを少なからず心配しているはずですし、ワンフォーオールのことを知っている爆豪は何かしら協力を申し出てくれるはずです。

デクが狙われていることを顧みて、爆豪はデクとともに行動を共にしてくれるのではないのでしょうか?

しかしかなり考えがこじれているデクは、その協力を拒否するでしょう。

デクと爆豪の意見がぶつかり合って、次回以降の話では喧嘩する可能性がありますね。

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ考察|ステインがオールマイトの傍に忍び寄る!?

ヒロアカ317話でデクはオールマイトの協力を手放しましたね。

心配するオールマイトに対し、追い詰められかけているデクは「心配しないで」と言い残して、差し入れのお弁当を手に取ることなく去って行きました。

雨の中、自分がデクを支えれなかったと打ちひしがれるオールマイト、そんな彼を陰から見ている人影があります。

その姿はかつてオールマイトの在り方に憧れ、オールマイト以外のヒーローを否定していた『ヒーロー殺し』ことステインでした。

じっと様子をうかがっているステインは、果たしてもう以前のような力のないオールマイトにどのような感情を抱いているのでしょうか。

全ての敵を倒し全ての人々を助ける、それができなくなったオールマイトに落胆し、ステインはオールマイトを殺そうと思っているのでしょうか。

もしくはまだオールマイトを崇拝し、何か助けになろうとオールマイトの意志を受け継いだデクを手伝う気なのでしょうか。

彼の心情が脱獄直後のワンカットからも読み取れないので、どう動くかがわかりませんね。

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ考察|いまだに明らかになっていない内通者が動く!?

ヒロアカのUSJ襲撃から囁かれていた、雄英高校内に敵連合と繋がっている内通者がいるという伏線が、最終章に入った現在でもまだ残っています。

いまだに明らかになっていない内通者の正体ですが、ヒロアカ読者の中にはA組の中に内通者がいると考えられています。

超常解放戦線後に雄英高校から出ていったデクは、A組の仲間たちにとっては行方不明状態でした。

しかしヒロアカ318話で爆豪がデクを見つけたことにより、おそらくA組の仲間たち全員にデクの無事とその居場所が明らかになるでしょう。

そうなれば、A組の中にいるかもしれない内通者にもデクの居場所が知れ渡ってしまいます。

オールフォーワンは現状動けず、ダツゴクにデクを連れてくるように指示をしていました。

が、内通者がデクの居場所を知ってしまえば、内通者にデクを連れてくるよう指示するかもしれません。

果たして内通者はA組の中にいるのでしょうか、だとすると内通者は誰なのでしょうか?

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ考察|オールフォーワンはまだギガントマキアを諦めていない?

オールフォーワンの奥の手の一つであったギガントマキアでした。

しかし超常開放戦線でギガントマキアはヒーローに捕らえられてしまいます。

現在はオールフォーワンがギガントマキアを収監するはずだった監獄『タルタロス』も破壊してしまい、囚人を脱獄させてしました。

さらに様々な町が被害を受けたことにより、ギガントマキアの処遇がどうなっているかは明らかになっていません。

タルタロスは壊滅状態であり、日本一の監獄であるとも言えたので、ギガントマキアを完全に収容できる場所はほぼないでしょう。

勿論警護はしているでしょうが、オールフォーワンは完全復活した際にはギガントマキアを解放させようとするのではないでしょうか。

ギガントマキアほどの戦力は存在しないでしょう。

手に入れれる範囲であり、自分に忠実であるギガントマキアをオールフォーワンは手元に置いておきたいと思われます。

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ考察|爆豪がワンフォーオール二代目継承者の個性発動の鍵!?

現在デクはワンフォーオール継承者達の個性をほとんど使いこなせています。

が、二代目の個性が発動している描写はまだ出てきてはいません。

もしかするともう獲得はできているのかもしれませんが、恐らくまだ発動できないのだと思われます。

そんな二代目は見た目が爆豪にとてもよく似ています。

ヒロアカ318話では二代目がデクを支える存在が足りないとでもいうような描写を見せた途端に、デクの危機に爆豪が駆けつけました。

二代目継承者の個性を発動させる鍵は、爆豪にあるのではないのでしょうか。

彼はオールフォーワンが支配していた暗黒時代に、三代目達と共に活動していたので、仲間のいる強さを知っています。

その強さをデクを知った時、二代目はまだ個性を発現させようとしているのではないのでしょうか。

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ考察|心操はA組に入った?

雄英高校の普通科の生徒であり、デクと同学年である心操人使は元々はヒーロー科志望でした。

しかし『洗脳』という個性ゆえに入試試験で活躍することができませんでした。

しかし雄英体育祭でその才能を見せつけ、イレイザーヘッドにも認められ、ヒーロー科の編入試験を受ける機会も勝ち取れました。

そして編入試験に合格したので、二年生からはヒーロー科に編入することに決まりました。

しかしヒーロー科はA組とB組の二つあり、二年生になるまではどちらに入るかは分かりません。

そして心操の編入は4月であり、デクは4月現在雄英高校を飛び出してしまいました。

デクが再びA組のメンバーと再会する時に、心操が混ざっているかもしれませんね。

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ考察|まだ出ていないデクの父親とは

作中でデクの家族は母親しか確認されていません。

しかし存在しないわけではなく、デクが無個性だと分かった時に病院にかかった時に父親の久の話は少し出てきました。

現時点で分かっているのは「火を吹く個性である」ことと、デクの母親の口振りから「海外赴任している」ということです。

そして原作者の堀越先生の話では、デクの父親の久については「作中に出せる時が来たら出す」と話しています。

ヒロアカ最終章に入った今こそ、デクの父親についての話が出るのではないのでしょうか。

そして海外ヒーローが出てきそうな気配があるので、ますます海外赴任のデクの父親が出てきやすい状況ですね。

もしかするとデクは知らないのかもしれませんが、デクの父親である久は海外でヒーロー活動をしているのかもしれませんね。

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ考察|ヒロアカを読んだ感想や予想ツイート

ヒロアカ320話にまつわる感想、予想、考察ツイートの一部をご紹介します。

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ確定速報

ヒロアカ321話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ確定速報|見守るエンデヴァーとホークス

街の騒ぎに駆け付けたエンデヴァーのところに、別行動をしていた切島たちが合流します。

爆豪やお茶子たちがディクテイターを捕獲したこと、そしてデクを見つけたと状況を報告しました。

エンデヴァーはディクテイター以外にも敵がいると想定し、切島たちにホークスとともに一般人の避難するように指示します。

そこに無線の向こうのホークスはベストジーニストも参加し、デクを早期収拾したほうがいいのではと提案します。

その時、轟の氷に捕らえられたデクをエンデヴァーたちが確認しました。

同じように見上げていた切島は自分の出る幕はないと思っていても、それでもデクに物申したいと言って走り出します。

切島の気持ちに共感し、A組の仲間たちのもとに走っていった切島たちをエンデヴァーは止めませんでした。

そしてホークスにも、無線でデクとA組の仲間たちのことは邪魔をしないように告げたのでした。

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ確定速報|お茶子がデクに手を伸ばす!

場面は変わり、再び氷でデクの動きを止めた轟になります。

デクが一人で突っ走っているこの状況こそがオールフォーワンの目論見である可能性があり、ボロボロになって走り回っても見つからないのなら次善策に切り替えるように言います。

大事なら傍で守って戦え、自分たちにも戦わせろとデクに叫びます。

しかしデクの脳裏には「次は君だ」と名指ししたオールフォーワンの言葉が響き、デクは「オールフォーワンとワンフォーオールの戦いに皆ついてこれない」と言い捨てました。

その時飯田がお茶子に向かって合図を出します。

デクが氷から脱出した瞬間に梅雨が舌を伸ばし、それをデクは易々と躱しますが梅雨の狙いは別にありました。

デクの背中に峰田のもぎもぎが大量に引っ付き、そのもぎもぎに峰田が引っ付きます。

峰田は自分が惚れたデクはUSJで初めて敵連合と戦ったときの震えていたデクだと叫びますが、苦しそうな顔でデクは峰田を黒鞭で引きはがしました。

その勢いでその場から離脱しようとするデクでしたが、背後からお茶子が飛び掛かります。

しかしデクがその場を離れてしまいますが、お茶子は諦めることはなく、A組の仲間たちを呼ぶのでした。

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ確定速報|余計なお世話なのは…

お茶子が叫んだ視線の先には、轟が作った氷のジャンプ台がありました。

そのジャンプ台の上に芦戸が出した酸の保護膜が設置され、そこに身を潜めた轟と爆豪はA組の仲間たちに送り出されます。

そのスピードを殺さぬように轟の膨冷熱波が放たれ、空へと駆け上がった爆豪にお茶子が触れます。

お茶子はデクに守られたいわけでも否定したいわけでもなく、ただ傍にいたいだけだと想っていたのでした。

みんなの思いを乗せて飛んだ爆豪は爆速ターボでさらに加速させて空へと駆け上がります。

「まだ言わなきゃならないことがある!」と心で叫ぶ爆豪は、しかし加速しすぎたスピードに耐えてデクに届き得る飯田に後を任せました。

保護膜に潜んでいた飯田がエンジンで飛び出し、コスチュームが壊れながらもその出を伸ばします。

いつも自分たちの先を行っていたデクに挑戦するように、同じ意志で隣を歩く者として手を伸ばした結果、デクの手を掴んだのでした。

「余計なお節介ってのはヒーローの本質だろう?」と言いながら涙する飯田に、ついにデクは動きを止めたのでした。

 

ヒロアカ321話最新話ネタバレ確定速報まとめ

最新話速報としてヒロアカ321話のネタバレを紹介してきました。

ヒロアカ321話では、遂にデクの動きが止まりました。

お茶子か爆豪がデクを止めるかと思われていましたが、最後にデクを止めたのはA組の委員長である飯田でした。

何度もデクに救われ、理想も目標も高く先を行っていたデクに、飯田は憧れを抱いていました。

いつか同じ仲間としてその場所に立ちたい、追いつきたいと願っていた飯田が、同じ場所に立とうとデクの手を取ったのです。

そしてヒーローの本質を諭されたデクは、ついにみんなの優しさに逃げることを辞めたのでした。

A組の仲間たちのもとに戻ってきたデクは、今後どのように動くのでしょうか。

また爆豪はデクに言わなきゃいけないことがあると言いましたが、多分小言とは思われますが何か重要な内容があるかもしれません。

まだ明らかになっていない謎がある中、爆豪の口から何が告げられるのでしょうか?

今後のヒロアカの展開も気になりますね。

以上「【ヒロアカネタバレ321話最新話確定速報】ついに決着!お節介というヒーローの本質」と題してお届けしました。

\ヒロアカアニメも無料でイッキ見!/

Pocket
LINEで送る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。